東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-60-7774

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

江戸川区で外壁点検、割れて凹んだ窯業サイディングは直せるのか


お家の外壁にものをぶつけてしまい、傷をつけてしまうというのは結構な頻度で起こりえます。江戸川区のお客様はその規模が大きくなったもので、サイディングボードが割れて、その部分が凹んでいました。かなり目立つ破損です。

お家の外壁 健全

こちらが健全な外壁です。見た感じ、築も浅く、綺麗なお住まいです。傷があるのはこの下で、見る角度によっては結構、目立ちます。

割れたサイディング
割れたサイディングのアップ

思ったよりも深く見える傷

縦長の窯業系サイディングが下方で割れています。見る角度によっては完全に折れており、割れが横断してしまっています。簡易的な補修では直せないので、部分的に張替えしなければならない状態です。張り替えれば元通りになるでしょう。部分的な張替えとなると、心配なのが現在と同じ模様のサイディングがあるかということですが、お客様の外壁の意匠はモルタル外壁の吹き付けタイル仕上げです。モルタル外壁では定番の仕上げ方法で、それを模した窯業系サイディングですからほぼ同じものが見つかるはずです。無かった場合はフラットなサイディングを用意して、このような模様付けをすることも可能です。

シーリングの切れ

お客様の心配は内部へのダメージ

お客様の心配は外部はもちろんのこと、内部へのダメージでした。現在の窯業系サイディングは通気工法が取られており、その裏側は固定用の支柱を除けば空洞という部分が多いのです。空洞は支えるものがない分だけ弱く、ダメージでこの外壁のように割れてしまうこともあるのですが、その他の部分に影響を及ぼすことが少ないのです。隙間から覗いて見たところ、内部に傷はありませんでしたので、このサイディング部分だけの張替えで大丈夫でしょう。街の外壁塗装やさんはこのようなトラブルにも対処いたします。

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 江戸川区|外壁のカバー工事をご提案

江戸川区で築30年以上は経つというお客様より先日、外壁のご相談を承りました。塗装は20年近く行っていなかったそうです。しかし、外壁の劣化状況が思っていたよりもひどく見た目も悪くなってきたということで、今回塗装かカバー工法を考えているとのこと… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 外壁の重ね張りをお考えのお家を点検|江戸川区

築20年以上経っているというお家の外壁リフォームのご相談をいただきました。考えている外壁リフォームは外壁の重ね張り(カバー工法)。外壁のイメージチェンジが主な理由だそうで、築も経っているので新築のようにしたいとのことでした。実際外壁の重ね張… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に