東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-60-7774

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

江戸川区で外壁塗装、築30年経過していたら今後を考慮して補修しましょう


江戸川区にて築30年経過しているお家の外壁塗装の調査のご依頼をいただいたのでお伺いしてきました。お伺いしてお客様とお話しさせていただいたら今は貸家として使用している状況でした。将来的には家主様が住むことも考えているようです。

江戸川区外壁補修

外壁にはクラック(ひび割れ)が入ってる所が数ヶ所見受けられました。クラックにも数種類パターンがあり、原因と補修方法も異なります。ご依頼主様のお家のクラックは乾燥クラックと構造クラックがどちらもありました。外壁は乾燥させてから造膜を行っていきますが、十分に乾燥しないまま塗装を行うと下地が収縮する為、表面の塗膜にひびが入ってしまうというものが乾燥クラックといいます。建物に強い衝撃(地震)がかかったときに発生するものが構造クラックです。

江戸川区外壁補修
江戸川区外壁補修

チョーキング(白亜化)現象も起こっておりました。チョーキングは外壁表面の塗膜が劣化して粉化してしまうことで発生します。チョーキング現象はある程度年数が経過していれば色付きの塗装では必ず起こってきます。チョーキング発生は防水性能の低下を示しています。なので防水性能を高めるという意味で外壁塗装の目安になってきます。

江戸川区外壁補修
江戸川区外壁補修

外壁にコケが発生したり、黒い染みができていました。コケは適度な水分と太陽光で育ちます。その為陽当りの悪い北面に多く発生します。またモルタルや窯業系サイディングのような水分や汚れが残りやすい外壁は発生しやすいです。

お客様のご意向としては今貸家として使用しているが、将来的にはご自身が住むことも考えてらっしゃいます。耐候性が10~15年程のラジカル制御塗料で塗装をするのか、20年以上のフッ素や無機塗料で塗装を行うのか。40年~50年経ったときに改築するのか、そのまま住み続けていくのかのプランをある程度考慮して工事を行わなければ、無駄になることもあるでしょう。将来設計を加味した上でご提案を行わせていただきます。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 足立区中央本町で外壁塗装中、軒天換気口の錆止めにサビキラープロで対応

足立区中央本町で外壁塗装工事を行っております。壁の塗装に入る前に、お客様の家の軒周りをグルっと回っている軒天換気口の処理を行っていきます。軒天換気口はどうやらスチール製のようで表面の塗膜にサビが発生してきておりました。今までもこのようなサビ… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 足立区中央本町でサイディング塗装前のコーキング工事、もちろんイクシードを使用します

足立区中央本町でサイディング外壁への塗装工事が始まりました。洗浄を終了させ一日置いてからのサイディング目地コーキングの工事です。目地部分は基本打ち換えを行います。古くなった目地コーキングをカッターナイフの特殊な形をした工具を使用して既存目地… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 江戸川区上篠崎でグレー系にまとめた屋根外壁の塗り替え工事を実施中

江戸川区上篠崎のお客様の屋根外壁塗り替え工事を実施中です。既存は明るめのレンガブロック調のサイディングボードが一階に貼ってあり、中間幕板を挟んでスタッコ調のサイディングボードが二階に貼ってあるお家です。一階と二階のサイデイングの間には幕板が… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に