東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-60-7774

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

江戸川区でアパートの破風板や鉄骨階段の塗装色はこんな色を使います


江戸川区のアパート塗装工事を行っています。今月の前半は雨ばかりで仕事にならない日が続きましたが、ここのところの好天で工事の遅れを取り戻しています。屋根・外壁と塗装は進み、細かいところの塗装作業に移ってまいりました。

細かい所、付帯部分塗装とも言ったりしますが、雨樋だったり、破風板・鼻隠し部分、庇霧除け、階段鉄骨部分を塗装し始めました。

屋根や外壁の色とのバランスもありますが、このような部分には大体決まった色を使用することが多いです。今回の付帯部塗装では、N90番の色を使って塗装を行います。

白系の色なのですが、真っ白では無く、少し黒が入っているため、ごく薄いグレー色が正確な色合いと言ったところでしょうか。色の番号は数字が小さい数字になるほど色は濃くなります。ほぼ黒に近いグレーとなるとN10番といった具合です。

この様に、塗装の場合、完全な白や黒は使わないことが多いです。

軒天井や雨樋、破風板・鼻隠しなどに良く使用される色のファインパーフェクトトップN90番の色です。この色だけ見ていると白にしか見えないのですが・・・・。

雨樋は、軽く表面を目粗ししてから塗装を行います。最低二回以上塗らないと、下地の色が透けてしまうので完了前確認の際は要チェックです。

外壁の中間幕板もN90番色を使用しております。階段の鉄骨部分には、こげ茶色のアクセント色で23-255と言う色番号のこげ茶色を使用していきます。これで仕上がった時は引き締まった感じになると思います。

完成時のイメージをつかむのにはカラーシミュレーションが有効です。既成概念にこだわらずに自由な発想でいろいろな部分の色を替えてゆくことができるからです。実際に工事を行いながらでは、気に入らなかった色を塗り替えるのでは、時間と塗料代の無駄になってしまいます。シミュレーションを有効に活用して満足のゆく色の組み合わせづくりにご協力させていただいております。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 足立区で築半世紀の工場からのリフォーム依頼、どう直す?

足立区に工場を構えてはや半世紀、ちょうど50年の節目ということでリフォームが計画され、その依頼が街の外壁塗装やさんに舞い込みました。屋根も外壁も大波スレートという昭和レトロ満載の工場です。ある世代の方達には懐かしささえ感じる建物です。私の家… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 葛飾区で外壁塗装前の調査、汚れが目立たない外壁のデメリット

葛飾区にお住まいのお客様から「外壁塗装を検討しているのでお見積もりしてほしい」とご相談があり、本日はそのお見積もりのために調査を行いました。お客様のお家の外壁はタイル調の窯業系サイディングで清潔感のあるグレーです。お話をお伺いしたところ、築… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 葛飾区で雨漏りによる外壁の塗膜の膨れと剥がれ

「最近、雨漏りがはじまり、その所為なのか外壁もぶよぶよしてきた」というご相談を葛飾区のお客様からお受けしました。外壁がぶよぶよしてきたということは外壁からの雨漏りなのでしょうか。街の外壁塗装やさんは雨漏りを止めることも得意としていますので、… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に