東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ

江戸川区西葛西で外壁塗装工事、既存色に近い色合いで2色分けの塗装を行いました


 江戸川区西葛西で建てられてから17年を経過したお客様のお宅の外壁塗装工事を施工させて頂きました。工事のきっかけとしては、お客様よりやはり年数を経過している事と、既存の外壁でこの先もっとお住まいを長持ちさせたいとの意向からご相談を受けた事が始まりになります。当初お傷みもそれほど酷い状況では無かった事もあり、もう少し先でもいいかなとお考えだったそうですが、お傷みが出てから行う塗装工事とお傷みの少ない内に行う塗装工事の違いをご説明し、より長持ちさせる為にこのタイミングでの外壁塗装工事となりました。既存の色を気に入られてらっしゃることも有り、その色合いをベースとした形で中間の幕板を挟んでの上下2色分けの外壁塗装工事を進めさせて頂きました。

ビフォーアフター

before
上がモルタル下がサイディングの外壁
arow
arow
after
上下2色分けの外壁塗装工事

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 シーリング打ち替え 
使用材料
外壁塗装:水性セラミシリコン エスケー化研製
築年数
17年
施工期間
3週間
保証年数
5年

現地調査の実施

サイディング外壁の部分劣化
 先ずは現地調査の実施です。一見すると年数を経過している割にはお傷みが少ない印象でした。しかしグルっと周囲を確認すると所々にお傷みの症状が見受けられました。取り分け、正面から見て裏側に当たる北側の面の一部にサイディング外壁の劣化症状があり、部分的にでは有りますがかなり剥離してしまっている状況が発生しておりました。
モルタル外壁面の雨筋
シーリングのクラック症状
 その他にも窓枠下の雨筋跡や汚れもいくつか見受けられます。特にこのような汚れやシーリングの割れについてはお客様の方もお気付きで、そろそろ塗装工事を検討した方が良いと感じられる一つの要素になったとの事でした。
北面のサイディングのコケ
窓枠下のコケの繁殖が顕著です
 こう言った症状は気にされながらも、もう少し先でもと言う思いも有ったそうですが、各所の若干の汚れやひび割れ、更には写真の様な随所にある顕著なコケの発生などからも、先送りしてお傷みが進んでしまってからお手入れを為さるよりも、これ以上お傷みを進行させないで塗装工事をされた方が、より長持ちするお手入れに繋がる旨をご説明させて頂きました。お客様の方もこの先まだまだ長持ちさせて維持管理していきたいとの意向も有りましたので、今回外壁塗装工事を進めさせて頂く方向となりました。

年数、症状的にクリヤー塗装が難しいので色付けの2色分け塗装になります

お傷みの進行しているサイディング外壁
 塗装工事の施工に当たり、お客様より現状の色が気に入っているのでその色で塗装したいとお話を承りました。上部モルタル外壁は若干黄色味がかったベージュ系の塗装で問題ありませんでしたが、下部サイディングにはグラデーションがあり、出来得ればそのままクリヤー塗装でとのお話も頂きました。クリヤー塗装はメーカー推奨的には10年以内と呼ばれております。勿論お傷み次第と言った事にもなりますが、写真の様なコケや剥離が顕著な場所はそのまま消えずに出てしまいますので、今回はクリヤー塗装では無く同様な色味を選んで、幕板を挟んだ形での上下2色分けの色付け塗装で対応させて頂く事となりました。

工事のスタートです

足場車両が到着、工事着手です
 工事の始まりです。先ずは足場架設工事からです。外壁塗装工事の場合、全周足場を組んでの施工となります。高所は梯子だけでは作業に限界が有る事や作業員の安全確保、それにメッシュシートをしっかり張る事により飛散防止等のご近隣様への配慮と言う観点からも必要な作業工程となります。

高圧洗浄作業

高圧洗浄作業準備
 足場架設工事を終えて翌日から塗装職人による本格的な作業が始まっていきます。その第一段階は高圧水による洗浄作業です。機械を使用しての高圧水での洗浄ですから、外壁等に取り付いた汚れやコケを落とせる範囲で徹底的に落としていく作業です。
モルタル外壁部の高圧洗浄
サイディングの高圧洗浄
 モルタル外壁部、サイディング外壁問わず高圧水を当て付着した汚れを洗い落として参ります。更に塗装する箇所については雨樋や破風板、雨戸等各所洗浄していき塗料をしっかりと密着させる為の準備を行って行きます。

外壁のお傷みが出ている箇所は下地調整も行います

外壁のケレン作業
 お傷みが顕著且つ汚れが落ち切らない箇所はケレン作業で下地調整を実施て行きました。私たち街の外壁塗装やさんではこう言った手間を惜しまずしっかりとした塗装工事となる様に妥協無く取り組んでおります。

シーリング打ち換え工事の様子

シーリングの割れが発生
 続いてシーリング補修工事へと移ります。外壁塗装工事と言うと実際の塗料を塗っていく工事をイメージされる方が多いと思いますが、実はその作業を行う前段階のこれらの準備作業も時間がかかる工程と言えます。写真のひび割れが発生している目地のシーリングについては打ち換え、窓廻り等の開口箇所については増し打ち工事となります。
目地シーリングは打ち換え
既存シーリングを撤去
 目地シーリングについては既存シーリングにカッターを入れこの様に撤去していきます。撤去すると青色をした下地材のハットジョイナーが見えてきます。
シーリング材の注入
ヘラで均していきます
 この撤去したところに新しいシーリングを注入し、その上から外壁と共に塗装を掛ける事により、新しいシーリングの耐久性と塗料による防水性で二重にガードが固まっていくのです。

開口部は増し打ち工事

開口部は増し打ち施工
シーリングの増し打ち工事
 窓廻りなどの開口部はシーリングの増し打ち工事となります。既存のシーリングの上にプライマーを入れそこにシーリングを打っていきます。これが増し打ち工事となります。
幕板のシーリング補修
破風板のシーリング補修
 幕板や破風板と言った箇所にも継ぎ目シーリング部分があります。これらの部分もしっかりとシーリング補修を行い、これで一通りのシーリング補修工事の完成となります。

シーリング補修工事の完成

目地は打ち換え、窓廻りは増し打ち
 目地は打ち換え施工、開口部廻りや入角部分は増し打ち施工です。これに先程も申しました通り塗料を掛けて行く事で耐久性の向上が見込めます。我々はは少しでも長く耐久力のある塗装工事をテーマに取り組んでいます。これで準備工程の完了です。いよいよ塗装作業へと移行していきます。

外壁塗装の下塗り

モルタル面の下塗り
サイディング面の下塗り
 下塗りの開始です。モルタル面、サイディング面問わず下塗りは共通です。塗装の基本は3工程で、先ずは下塗り材から入れて行く形となります。但し、下地によって材料が異なります。こちらもそれぞれの下地に合わせて下塗り材を塗布して行きました。

外壁中塗り工程

モルタル面の中塗り
サイディング面の中塗り
 下塗りを終えると主剤であるセラミシリコンの登場となり、実際の塗布する色がついていきます。モルタル面は黄色味がかったベージュ、サイディング面は肌色に近い茶系統となります。果たしてイメージ通りになるかドキドキとワクワクが募る瞬間です。

外壁の上塗りへと作業は移ります

モルタル面の上塗り
サイディング面の上塗り
 中塗りを経て作業は上塗りに移ります。要は主剤を2度重ね塗りを行います。これは塗装乗りをしっかりさせる事が目的で、この作業工程により色、艶感が増していくと共に、塗装本来の主目的である防水性の強化にも繋がり耐久性を維持した塗装仕上げに繋がって参ります。

使用した材料はエスケー化研のセラミシリコン

水性セラミシリコン
 今回使用した塗料はこのエスケー化研製の水性セラミシリコンとなります。メーカー表示による耐久年数としては10年から12年の塗料となります。この期待耐用年数を維持させる為にはきちんとした手順に沿った工程が必要不可欠です。ここまでご紹介させて頂いた下地処理からの一連の工事手順に沿った施工、これらが何にも増して重要となる訳です。

外壁2色分けの塗装工事の完成

外壁塗装工事の完成です
 部分塗装も終えて晴れて塗装工事の完了です。お客様のご要望から上下2色分けの外壁塗装となりました。仕上がりの方も上々です。特に晴れた日は塗りたての外壁が艶感も増して非常に綺麗な印象に映ります。

既存に近い形で塗装していきました

上下2色分けの外壁塗装工事
 ご依頼の極力既存に近い色合いで実施したいとの事でしたが、お客様の方もこの色で良し!とのお言葉を頂きご満足頂く事が出来ました。

屋根はカバー工法で青色です

青色の屋根カバーに外壁塗装工事
 今回外壁塗装工事をご紹介させて頂きましたが、屋根は塗装工事では無くガルバリウム鋼板製の屋根材でカバー工法を行いました。こちらの施工の流れはまた別の機会にご紹介させて頂きたいと思います。屋根材がブルーでしたので、2色分けの外壁塗装とマッチしてスタイリッシュな出来栄えとなりました。私たち街の外壁塗装やさんではこのようにお客様のご要望に沿って、外壁塗装工事のみならず多種多様な外装工事を施工させて頂いております。勿論コロナウィルス対策も引き続き継続しながら施工に当たっております。皆様も是非ご参考にされて下さい。

街の外壁塗装やさん東東京

電話 0120-948-355
株式会社シェアテック

〒132-0023
東京都江戸川区西一之江
2-10-17

街の外壁塗装やさん東東京支店

お問い合わせはこちら

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 墨田区太平で外壁塗装工事のご相談、下地処理で調整を行い塗装工事をご提案致しました

 墨田区太平で築60年のお住まいの外壁塗装工事に伴う事前点検調査にお伺い致しました。年数を経過していることも有り、劣化症状が各所で見受けられましたが、中でもモルタル外壁表面の塗膜部分の剥離症状が顕著にみられる状況です。こう言った場合塗装施工… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 町田市西成瀬で外壁塗装工事と一緒に雨戸からシャッターへの変更工事をおこないます

 町田市西成瀬で塗装工事をおこなう建物です。モルタル吹付塗装の外壁は、表面にチョーキングが出ていて撥水性が落ちている為に外壁塗装工事をおこなう事になりました。  よく見ると小さなクラックが彼方此方に入っていましたので、クラックが広がって雨漏… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 杉並区成田東にて外壁塗装前の調査、経年劣化によりクラックが発生したモルタル外壁にはエラストコートによる塗装工事をおすすめ

 杉並区成田東にお住まいの客様より、外壁でお悩みとの事でご相談を承りました。「今年で18年目になるのですが、最近ヒビワレがひどくきになるようになりまして補修と塗装をお願いしたい」との事でした。  外壁はモルタル外壁になります。全体的にはまだ… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に