東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ

江戸川区本一色でスイーツ系の外壁塗装、薄甘ピンクから重厚チョコへ大きくイメージチェンジ


江戸川区本一色にお住まいのお客様です。建てられてから18年という窯業系サイディング外壁の建物で「そろそろ塗装工事をしないとならないかな」と漠然と考えていたら、近所で工事をしているという業者さんが挨拶に来られたそうです。その際に「屋根の板金が浮いてしまっていますよ」との指摘を受け、丁度外壁のシーリング割れや汚れの付着等もあり、お手入れを検討し始めた矢先だったタイミングだったのでお見積りを取られたそうです。また「1社だけで決めるのはどうか」という考えもあったので弊社の方にもご相談をいただきました。訪問で来た業者では内容的に見ても杜撰さを感じてしまう面もあったそうで、金額だけではなく施工内容なども熟慮検討された結果、街の外壁塗装やさんで施工させていただく運びとなりました。今回は外壁塗装シーリングの打ち換え及び増し打ち、屋根についてはガルバリウム鋼板製の金属屋根による屋根カバー工法を行うことになりました。その中でも特に外壁塗装についてはお家に対しての思い入れも大きいのでカラーシミュレーションで色を選ぶことになりました。

ビフォーアフター

before
築18年目の塗装工事前
arow
arow
after
屋根カバー、塗装改修工事の完成です

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 防水工事 シーリング打ち替え 
使用材料
日本ペイント パーフェクトトップ、オート化学 オートンイクシード
築年数
18年
施工期間
3週間
保証年数
10年

工事前の建物点検調査

目地シーリングの割れ
窓周りにもシーリングの劣化症状
外壁塗装工事のご相談をいただいた場合、まず最初に行うことは建物の点検になります。外壁については年数分のコケの発生や汚れ、そして特にお客様が気にされているようにシーリングの割れが多く発生しておりました。そのシーリングについてはサイディング同士の繋ぎ目となる部分は下地の金属(ハットジョイナー)が見えてしまっている状況でした。更にお客様があまり目にすることがない出窓の上の外壁との繋ぎ目もシーリングの割れが発生していました。

屋根はニチハのパミールの為塗装は出来ません

パミール屋根の剥離や変色
棟板金の浮き
屋根については訪問業者からの指摘があったという棟板金の浮きも確かに発生していました。さらに屋根材がニチハのパミールで、表面剥離や崩れも発生しており、そろそろお手入れを行った方が良いタイミングであることは一目瞭然です。ただし、ここで注意しなければならないのは、ニチハのパミールの場合、屋根塗装は厳禁というか不可能で、屋根葺き替えか屋根カバー工法、どちらかの選択になります。パミールには表面剥離は有りましたが、ブカブカするような箇所は無かったので野地板などの傷みはないと判断できました。これであれば、屋根カバー工法が施工可能ですので、お客様にもそのようにご説明致しました。

お手入れの時期としてはこの機会にとお勧めしました

外壁の汚れや割れ等の症状
元々の組み合わせがベージュ系のペールピンクと白という可愛らしいお住まいで、薄い色合いの系統ですからこのように汚れが目立ってきております。お客様もそのあたりを気にされており今回、外壁塗装と屋根は前述の通りガルバリウム鋼板の屋根材での屋根カバー工事を行うこととなりました。中でも外壁塗装については思い入れが強く、今まで薄い感じの色合いで来たので、この際ガラッとイメージを変えて濃い系なども含めて考えていきたいとのお話を承りました。やはり外壁塗装はお客様にとって十数年に一度の大イベントなので、色選びは非常に重要なことなのです。

外壁塗装の色へのこだわり、カラーシミュレーションで色を決めて行きます

現状をベースにカラーシミュレーション

外壁:パーフェクトトップH22-90D

既存の薄い色から濃い色へシミュレーション

外壁:パーフェクトトップH95-30B

弊社では外壁塗装時の色をお決めいただく場合、このカラーシミュレーションを作成してお客様にお選びいただいております。今回、まず作成したのは既存色を基にした明るい感じのバージョンとは逆の濃い色のバージョンでした。

ガラッとイメージを変えて絞ります

藤色の外壁塗装シミュレーション案

外壁:パーフェクトトップH05-60D

赤みを含ませた茶系の外壁シミュレーション

外壁:パーフェクトトップH07-20H

お客様は大きくイメージチェンジしたいと希望していたので、これまでよりも濃い色合いの茶色系統の中から選びたいとのお話しになりました。一口に茶系統でもこのように何色も有るので悩みはさらに深まっていきます。

最終的にはこの色、パーフェクトトップH09-30Dで!

カラーシミュレーション09-30Dで決定しました
ご家族の方で喧々諤々とお話をされ、最終的に選択されたのはこの焦げ茶色のバージョンとなりました。今までの薄ピンクから本当にガラッとイメージが変わる形となります。気分一新のためにこのような選択をされる方も多いので、後はそのイメージに近づけるよう、私たちは施工を一生懸命取り組むだけです。

足場着工から工事スタートです

足場職人さんの到着です
足場組み完了しました
さぁ施工の始まりは足場仮設です。都内の住宅街と言う事で非常に狭い道路でしたが、ご近隣様への事前ご挨拶の実施と、そして何よりも皆様からのご協力で無事足場も仮設出来ました。メッシュシートも貼ってご迷惑の無いように組んでいきます。

外壁の洗浄作業で汚れを落とします

高圧水で外壁を洗浄
外壁を崩さない様に注意しながら洗浄します
足場を組むと次の工程は高圧洗浄作業となります。加圧された水道水で洗浄して参ります。高圧洗浄と言えど、年数を経過した外壁の汚れやコケはなかなか手強い相手です。外壁を崩さない程度にしっかり圧力をかけて洗浄していきます。

付帯部やベランダも洗浄します

シャッターや窓も洗浄
ベランダの洗浄作業
外壁だけでなく、シャッターや窓、更にはベランダ等の高圧洗浄は足場があるからこそ出来る作業ですので、徹底的に洗っていきます。

手洗浄で落とせる汚れは徹底的に落としました

手洗浄での汚れ落とし仕上げ
しかし、高圧洗浄だけではどうしても落としきれないところも出てきます。最後は職人さんがゴシゴシと手洗いで落とせる汚れは落としていきます。非常に寒い中、献身的に頑張ってくれた職人さんには本当に感謝です。

外壁塗装におけるもう一つの重要工程、シーリング打替えに移ります

オートンイクシードによるシーリング工事
プライマーの塗布工程
洗浄作業を終えていよいよ塗装工事…とはなりません。その前にシーリング打替え工事が入ります。今回は窯業系サイディングのお住まいですから、この工事もメインの一つと言えます。目地の継ぎ目は打ち換え工事、窓等の開口部周りは増し打ちの施工となります。今回使用する材料はオート化学のオートンイクシード。このシーリング材は耐久性が非常に強力であると言われ、当社で施工する際は標準仕様としてこれを使用しています。特にサイディングの場合、シーリングの割れや剥がれはいずれ出て来てしまうので少しでも長持ちするよう、この材料を使用致します。打ち換えについてはこれまでのシーリング材を撤去し、シーリングの主剤を打つ前にプライマーを塗布して密着性を持たせていきます。

シーリングの注入と均し工程

目地シーリングの打ち換え
ヘラで均していきます
プライマーをしっかり入れた上で材料を注入していきます。更にヘラで均して、これを約150メートル全ての繋ぎ目に施していきシーリングを打ち換えて行くのです。

窓廻りはシーリングの増し打ち工事です

シーリング材の増し打ち工事
均して形を形成
窓周りは増し打ちとなります。工程は同じです。プライマーを入れてから材料の注入と形の形成とを行いこれもすべての開口部に対して行って参りました。

シーリングも綺麗に仕上がりました

最終的にはシーリングの脇の養生テープを綺麗に剥がしていくとこのようにスッキリとしたシーリング工事の完成となります。簡単そうに見えて非常にデリケートな仕事です。見栄え良く均等にシーリングを入れていくには熟練の技が特に必要な工事と言えるのです。

養生作業で準備工程はまだ続きます

アルミ支柱の養生中
シーリング工事を終えて、ようやく塗装工事の開始です。。、と言いたいところですがもう一つ準備の作業が続きます。養生作業です。塗料の付着を防止すべく窓やドアなどをビニールで覆い包んでいきます。これらをしっかり行うことで見栄えの良い塗装工事となっていきます。こう言った準備を丁寧にしっかり行えるかどうかが工事の成功のカギを握っていると言えるのです

窓廻りやドア廻りの養生で塗料の付着防止

窓周りの養生
ドア廻りや玄関灯も養生します
窓や電灯、柱等の養生も終わり、これでようやく本当に塗装工事のスタートです。工事も段取り8割。このような準備を疎かにしない事が非常に重要となります。

いよいよ外壁塗装のスタートです

下塗り材パーフェクトサーフ
下塗り塗料の塗布

今回使用する塗料はパーフェクトトップ。その下塗り塗料も塗り下地の材質により指定が有り、窯業系サイディングの外壁の場合このパーフェクトサーフになります。いよいよ塗りの工程の開始となりました。

下塗りを終えると外壁が白く染まります

パーフェクトサーフで下塗り

下塗り材はこのように外壁が白く染まっていきます。主剤は当然選ばれたカラーの塗材となりますが、下塗り材の場合目的が主剤と外壁との密着性を持たせる為の物となりますので、色は白色で選んだ色とは異なるという訳です。

日本ペイントのパーフェクトトップ

日本ペイント製パーフェクトトップ
これが今回の主役の塗料、日本ペイント社製のパーフェクトトップになります。ラジカル制御形塗料と呼ばれ、実証試験においてシリコン以上の耐久力が備わっている塗料となります。10年以上、だいたい15年位は持って欲しいとご希望されるお客様が多いので、そう言った方には非常に好まれている塗料となります。

パーフェクトトップの登場、中塗りの実施

中塗りのスタート
中塗り開始です
パーフェクトサーフで白く染まった外壁に主剤を入れて行きます。今回選ばれた色はこの焦げ茶色です。お客様も自分の選択した色が外壁に塗っていくとどう表現されるかドキドキワクワクと言った瞬間となります。

中塗りから上塗りへ、塗装の3工程

中塗りから上塗りへ

中塗りが終わると上塗りへ移ります。これを色が付いたからと言って中塗りで終えてしまうと、思うような仕上がりにはなりません。具体的に言うとまだ塗装の膜厚が薄いので、色が乗らないのと艶が出ないままになってしまうのです。よって塗装は下塗り、中塗り、上塗りののこの3工程が基本となります。更にその工程をしっかり行って本来の目的でもある塗装の防水性、いわゆる耐久性が維持できることになるのです。

上塗で艶のある仕上がりを求めます

上塗で色を乗せて行きます
上塗を行う事で艶が格段に違います

上塗をしていくとこのように色が違うのが判ります。ですので中塗りから上塗りは同一の色を塗るので塗り漏れなどがあるのではないかと心配される方もいると思いますが、この違いが有るのでそう言った事は防げるのです。これが時間を経過していくと色がしっかりと乗って乗って、同一の色となっていきます。

部分塗装で仕上げて行きます

外壁の幕板部分の塗装

外壁の上塗りを終えると後は部分塗装で仕上げに向けて進んでいきます。これは外壁についている幕板部分の塗装です。この白と焦げ茶色でコントラストがしっかり出るとメリハリのある見た目に繋がっていきます。もちろん、人それぞれに好みはあるので一概には言えませんが、濃い色と薄い色でこのように使い分けるとそれぞれが引き立ってメリハリのあるカラーリングになっていくと言われております。

部分塗装もケレン作業をして塗料を密着させます

庇屋根のケレン作業
破風板のケレン作業

塗装する前にはこのようにケレン作業と言ってその下地調整を行います。このように削って目を粗くすることで、塗料が流れ出しにくくなるのです。職人さんは最後の最後まで気を抜かず徹底的に決められた手順に沿って作業を進捗させていきます。

部分塗装も終え塗装工事の完成へ

シャッターボックスの塗装
破風板塗装実施
ケレンしたところに塗装していきます。これを2工程入れていくのは外壁における中塗り、上塗りと同じ発想です。ここまで来ると終わりも見えてきました。完成まではもう一息です。

ベランダもトップコートで防水措置

ベランダトップコートのプライマー塗布
ベランダトップコート防水

最後の仕上げは部分塗装というよりも、これはベランダの防水工事となります。防水塗料の塗布となりますが、やはり下塗りとしてプライマーを入れて、トップコート塗料を2回塗布するので3工程は変わりません。ベランダを仕上げればいよいよ完成です。

塗装工事の完成です!艶のある仕上がりになりました!

艶のある仕上がりです
塗装の完成です!白と焦げ茶のコントラストが非常に綺麗です。艶もしっかり出て非常にいい仕上がりになりました。早く足場を取って見たいものです。

パミールの屋根には屋根カバー工法を行いました!

屋根のカバー工法
スーパーガルテクトの屋根カバー

今回は外壁塗装工事とともに屋根カバー工事を行いました。使用した材料はガルバリウム鋼板製から派生したSGLのスーパーガルテクトです。耐久性としては25年以上と言われているので屋根塗装よりも費用は高くなりますが屋根カバー工事の場合、廃材処分がほとんど出ないので屋根葺き替えよりも費用負担は少なくなります。昨今はパミールでなくても屋根はカバー工法、外壁は塗装を選択するといったお住まいの方も非常に多い状況です。

カラーシミュレーションを活用した外壁塗装工事の完成です!

夕映えに染まる塗装工事の完成写真

全て工事が竣工しました! 夕映えに染まるお住まいです。お客様がも仰るには、朝、昼、晩でお住まいが様々な表情を見せてくれるとのことです。陽の当たらない時はシックな焦げ茶色となりますが、夕映えの時間帯になると鮮やかなチョコレート色に変貌するとの事です。これまでご近所さんから特に新築の頃「ショートケーキの様なお住まいで可愛いいですね」と言われていたそうですが、工事を終えてからは「チョコレートケーキになりましたね」と言われたそうです。「ショートケーキからチョコレートケーキへ」と言った所でお客様も非常に喜ばれておりました。カラーシミュレーション通りの仕上がりの時間とまた違った見え方をする時間、今その時その時で仕上がりを楽しんでますと仰っていただけました。外壁塗装工事を行ってこのようなお言葉を頂けると仕事冥利に尽きます。今後もこの言葉を胸に頑張っていきたいと感じるお客様のご感想でした!

街の外壁塗装やさん東東京

電話 0120-948-355
株式会社シェアテック

〒132-0023
東京都江戸川区西一之江
2-10-17

街の外壁塗装やさん東東京支店

お問い合わせはこちら

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 練馬区谷原にてモルタル外壁の調査、築14年目でクラックが発生、エラストコートによる塗装工事をご提案

 本日は練馬区谷原にて行いました外壁塗装調査の模様をお届けいたします。今回ご紹介いたしますお客様は、今年で築14年目になるお住まいで、今回が初めての外壁塗装メンテナンスとなるそうです。特別不具合が発生したという事ではないそうで、10年目を過… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 江戸川区船堀で外壁塗装工事、パーフェクトトップで上塗り作業を行いました

 江戸川区船堀で築15年を超えたお住まいの外壁塗装工事を施工致しました。昨日までに下塗り、中塗りの作業を終えており、本日の工程はいよいよ外壁の仕上げ工程の上塗り作業となります。塗装の基本は3度塗りとなりますが、そのラストの工程の上塗り作業を… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 三鷹市牟礼にて外壁塗装前調査、サイディング外壁の塗膜劣化によりナノコンポジットWによる塗装をご提案

 三鷹市牟礼にお客様より、お住まいの外壁メンテナンスのご相談を承りました。今年で築18年目を迎えるという今回のお客様は、屋根のメンテナンスは行ったことがあるそうですが、外壁のメンテナンスは今回が初めてとの事で、最近になり汚れが目立つようにな… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に