東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-60-7774

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > 施工事例 > 江戸川区|サーモアイとパーフェクトトップの日塗工色で屋根外壁塗装工事実施!

江戸川区|サーモアイとパーフェクトトップの日塗工色で屋根外壁塗装工事実施!


工事でお世話になりました方からのご紹介です。

今現在、住宅で気になっている箇所としては苔や汚れの付着です。築年数も経過し、同時期に建った住宅も、メンテナンスを行い始めたことをきっかけに塗装工事のお見積りを承りました。

カラーシミュレーションをいくつか繰り返し、希望の色に仕上がるように打ち合わせを行っていきましょう。

ビフォーアフター

before
江戸川区,屋根外壁塗装点検
arow
arow
after
屋根外壁塗装工事完了

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 屋根塗装 
使用材料
屋根:サーモアイSi(クールダークグレー) 外壁:パーフェクトトップ(H95-30D濃、H15-70H)
施工期間
2週間
保証年数
屋根外壁:10年 付帯部:3年

点検の様子

外壁点検
軒天

早速点検を行います。1階がサイディング仕上げ、2階がモルタル仕上げの2階建てです。

築年数の経過に伴い、苔や汚れが少しずつ外壁を汚してしまいます。しかしそもそもは、表面の塗膜が劣化することで付着物が付きやすい状況になっているのです。

洗っても洗ってもまたすぐに汚れるという場合は表面保護をするものが無いせいですので、塗装メンテナンスをする必要性が出てきます。

浮きサイディング
入隅

サイディング外壁はパネルを張り付けている為、部分的に異常が出てきます。このように浮いているように凹凸がある場合は、固定している釘が弱く浮いてしまっている、もしくはサイディングが紫外線によって反ってしまっている状態です。

浮きはビス打ちで改善できますが、反りは一時は固定することが出来ても酷くなれば張替が必要になります。

補修前には必ず何が原因で浮いているのかを確認する必要があります。

全体を見渡すと屋根と外壁どちらにも苔の付着、色褪せが大変目立ちます。色褪せだけでは塗装をする重要性が分かりにくいかとは思いますが、実際に驚かれるのは塗装後です。

こんなに自宅が汚く見えていたのか!と驚かれる方は決して少なくはありません。

 

棟違い
目地,チョーキング

モルタル外壁は特に凹凸の表面をしているので汚れが付着しやすく、汚く見えがちです。元々の色はもっと明るかったとは思いますが、すっかり黒く変わってしまいました。

モルタルの場合はクラック、サイディングは目地の点検は必ず行いましょう。

ヘアクラックの場合は塗装で補修可能です。サイディングの目地は硬化し亀裂が入ると何の効果もありませんので、打ち替え補修が必要です。

雨戸
雨戸,錆び

住宅にちらほらみられる鉄部ですが、経年によって錆の発生・色褪せ・表面の劣化が見られます。防錆剤を塗り仕上げることで交換をする必要は全くありませんのでご安心ください。

サッシ枠のアルミは塗装をしてもすぐに剥がれてしまう素材の為、塗装が出来る箇所は鋼板や鉄部です。

スレート
反り

スレート屋根です。オレンジ色に見えているのは苔とカビです。

屋根材の塗膜が劣化することで水分を含み、苔とカビが発生します。1ヶ所発生することで水分を滞らせやすくさせ、更に大量繁殖をさせます。

苔だけですと劣化の原因にはなりませんが、水分を含んだ場所に紫外線が当たることで屋根材が浮きや反りを発生しやすくなります。

反り
棟板金

実際に下の屋根材とかぶさっている屋根材の間には大きな隙間があり、若干反りを起こしています。この程度であればまだ問題はありませんが、反りや浮きは屋根材を割れやすくする原因ですので、点検時にもむやみに踏まないように注意していきます。

 

棟板金の釘も浮いていました。建物の揺れによって棟板金は当然動きます。固定している釘も徐々に浮き固定が甘くなります。

この状態を放置すると、強風時に棟板金の飛散を引き起こす恐れがありますので、速やかに補修を行いましょう。

棟板金浮き
棟,継ぎ目,シーリング

棟板金の釘が浮いている所は手で持ち上げてもこれだけの隙間を作ります。これでは吹き込むような雨は簡単に入り込み、下地の貫板を腐食させてしまいます。

釘を打ち付けても下地に利かない場合は貫板から交換をする必要があります。

その際に継ぎ目のシーリングは当然隙間のないように施工しましょう。

カラーシミュレーション

現状近似色
ネイビー,ツートン

塗装工事はどのように塗り替えを行うかに、多くの方が重視しているかと思います。塗料は、寿命は、色は、艶は、費用は、と塗料だけでも大きく差があります。

費用は見積もりで確認はできますが、色はどうしようと検討した際に、弊社ではカラーシミュレーションを作成させて頂きます。

 

ツートン
ネイビー,単色

ご注意いただきたいのは、カラーシミュレーションで決められるのはあくまでイメージです。

何色にしようか、1色で塗るかツートンにしようか、どのていどの色の差を付けようか、隣家との違いはどうだろうと言った具合です。

使用したい色が決まってくると、見本板を取り寄せ、艶と色の確認を再度行いますので、満足のいくまでお悩みください。

施工の様子

足場仮設
メッシュシート

施工に入ります。まず屋根外壁塗装の為に足場の仮設を行います。近隣が近い住宅の方は、水や塗料の飛散が大いに考えられますので、メッシュシートの設置を行います。

準備をしっかり行い、ご近所様へご迷惑とならないようにしっかりと作業を進めていきます。

高圧洗浄
高圧洗浄

高圧洗浄です。屋根や外壁に付着した汚れや苔を、強い水圧でそぎ落とすことで根絶ちを行います。オレンジ色だった屋根が白に近い状態にまで綺麗になりました。

この白く見えている部分は屋根の素地です。つまり新築時や前回塗装分の塗膜がすっかり劣化し無くなり、この状態だったのです。

屋根下塗り
タスペーサー

ここに新たに塗装による保護を行っていきます。まずは下塗りで下地の吸い込み止めを行います。仕上げ塗料の密着性を高まる為、必ず3回塗りかは確認しましょう。

続いてスレート屋根はタスペーサーの設置を行います。縁切りの場合は全て塗装が終わった後ですので順序が異なります。

タスぺーサーを取り付けることでスレート材同士の密着を防ぎ、毛細管現象の発生を防ぎます。スレート屋根にはこのような作業と費用が必ず発生しますのでご承知おきください。

釘打ち補修
屋根塗装

浮いていた釘を打ち直し、下地に利いていることを確認したら中塗りに入ります。使用しているのは日本ペイントのサーモアイSiクールダークグレーです。

サーモアイは下塗りと仕上げどちらにも遮熱効果が備わっています。その為、必ずセットでの塗装です。仕上げであえて透過させて赤外線を下塗りによって反射することで、室内温度最大2.5℃削減したという結果も出ています。

暑い夏を乗り切るための塗装、ぜひご検討如何でしょうか?

シーリング
屋根塗装

棟板金の継ぎ目をシーリング補修で塞ぎ、上塗りに入ります。

クールダークグレーはブラックとは違い、真っ黒ではありませんので、スタイリッシュな印象を与えながらも外壁に合わせやすい特徴があります。

またブラックよりも日射反射率が高いですので、色と反射率を確認しながら決めていきましょう。

軒天
シーリング撤去

外壁塗装は付帯部と絡まないように作業を進めます。まずは最もかかわりの少ない軒天塗装です。軒天はよっぽど強いこだわりがない場合はなるべく明るい色で仕上げた方が、住宅の印象が明るくなります。

サイディングは塗装前に目地の打ち替えを行います。硬膜の塗料を使用する場合は目地によって割れる場合もありますので、塗装後に打ち替え(後打ち)を行いますが、今回は先打ちで補修していきます。既存のシーリングはカッターで切り込みを入れて撤去していきます。

プライマー
オートンイクシード

シーリング打設前にプライマーを塗り、密着性を高めます。今回使用するシーリングはオートンイクシードです。通常のシーリングの寿命は5~8年ですが、塗装の耐用年数と差があり、シーリングが先に劣化し始めます。

その為、塗装の度に打ち替え補修を必要としないほどの耐久性・耐候性のシーリングを使用します。

次回の塗り替えの際に補修が必要無くなることで、ランニングコストを抑えることにも繋がります。

シーリング打設
鉄部,ペーパー

シーリングを充填し、隙間なく打設していきます。真っ白で不安に感じるかもしれませんが、この後に塗装をしますので全く問題はありません。

硬化し触れるまでに数日必要ですので、細かな下地処理と塗装を勧めます。鉄部は表面をペーパー掛けをし綺麗に整えます。後ほど防錆剤を塗り錆の発生を抑えて仕上げます。

木部,ペーパー掛け
木部塗装

木部も同様に表面の旧塗膜を剥がし、素地を整えます。そうすることで木部は劣化によってささくれも起こしますので、塗装面を綺麗にし塗膜を形成することで、腐食しないように保護することが可能です。

シリコン系の塗料を使用していきますが、木部は素材の動きもあることから、外壁よりも早めに劣化を始めます。吸い込みも激しい為、色むらが出ないように塗っていきます。

パーフェクトサーフ
モルタル下塗り

外壁塗装です。まずはパーフェクトサーフで下塗りを行います。塗装は基本的に計3回塗りで仕上げていきますが、最初の下塗りは下地調整と吸い込み止めを主としています。

下塗にも様々な種類があり、吸い込み止めや密着性を高めるだけでなく、クラックを埋めるようなフィラーと呼ばれる塗料もあります。素地の状態に合わせ、使用する塗料を決めていきましょう。

パーフェクトトップ
中塗り

中塗りは日本ペイントのパーフェクトトップです。1階はH95-30D濃色、2階はH15-70Hのどちらも日本塗料工業会の色見本から選択しています。

パーフェクトトップは艶有から艶なしまで艶具合までも選択できますので、お客様のご希望に合わせて決める事ができます。今回は新築のようなマットな仕上がりになる艶なし塗料です。

塗料のカブリが良い為、濃い色から淡い色への塗り替えも可能です。

中塗り
上塗り

中塗り・上塗りです。下地を選ばないパーフェクトトップは、下地調整をしっかり行う事でどんな外壁でも綺麗に仕上げることが出来ます。

仕上げ塗料を2回重ね塗りをすることで、ローラーの跡や色むらもなく仕上げることが出来ます。

パーフェクトトップはシリコン系の分類ではなく、ラジカル制御型ハイブリッド塗料と呼ばれる塗料ですが、耐候性はシリコン系グレード以上です。

長期間に渡って綺麗な発色で住宅を保護する事でしょう。

軒天
雨戸塗装

軒天と外壁の取り合いです。塗り替えを行う事でメリハリがつきました。しっかりと養生を行う事で、綺麗な塗り替えが可能です。

雨戸は下地処理後、スプレーガンで塗料を乗せていきます。刷毛でも塗装は可能ですが、凸凹がある為、塗料ダレが多くなりがちです。ムラなく仕上げるためにスプレーは効果的です。

水切り
タッチアップ

細かい所まで抜け目なく作業を行います。水切りもペーパーで処理後、刷毛で塗装していきます。付帯部と同じ色に統一することで、まとまった印象になります。

全て塗装が完了してもまだ終わりではありません。最後に塗り残し、塗料の飛びが無いか確認をし、細かなタッチアップを行います。

足場を解体し清掃をしたら塗装工事は完了です。

あなたの近くの街の外壁塗装やさんはこちら

 街の外壁塗装やさんは東京都以外にも千葉県、神奈川県などでも屋根、外壁塗装工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の外壁塗装やさんをお選びください。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 江戸川区でモルタル系外壁塗装を高弾性エラストコートで塗装します

江戸川区のお客様は屋根からでは無い、雨漏りでお悩みでした。屋根からでないのがなぜわかったのかと言うと、もちろん小屋裏まで確認をしているからです。 お客様の家は木造モルタル外壁の三階建てで、過去にはサッシの交換を何カ所かされたことがあるそうで… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 葛飾区の木製破風板塗装は下塗りから5回塗りで仕上げました

葛飾区のお客様の屋根外壁塗装工事の付帯部分塗装を実施しています。破風板の色を屋根と同色にするか、白系にするか、かなり迷われたのですが、最終的には白系で塗ることになりました。通常、雨樋と破風板は同色で塗ることがほとんどです。なぜ、屋根色と同色… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 葛飾区|パーフェクトトップの標準色でも中間色へも調色可能なんです

葛飾区のお客様の屋根外壁塗装工事を行っています。使用している塗料は、屋根に遮熱塗料サーモアイSi、外壁にはハイブリッド型塗料のパーフェクトトップです。この組み合わせは、もはや「鉄板」とも言える組み合わせで、間違いのない塗料選択であり、仕上が… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に