東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-60-7774

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

江戸川区|初めて屋根、外壁塗装を行うお客様へ


本日は江戸川区にて屋根、外壁塗装をご検討されているお家の調査にお伺い致しました。築20年弱で初めての塗装です。初めて塗装を行う際には注意しなければならないポイントがあります。

江戸川区屋根外壁塗装
江戸川区屋根外壁塗装

まずは屋根の状態を確認していきます。屋根材表面の塗膜が剥がれてコケが発生している状態でした。これは屋根材の防水性能が低下しているサインでございます。屋根材が雨を吸い込んでしまってコケを繁殖させてしまうということですね。また、屋根を初めて塗装する際にはタスペーサーの挿入を行わなければなりません。塗装をすると屋根材同士がくっついてしまい雨水が逃げ場を失ってしまう毛細管現象が起こります。そうすると雨漏りにまでつながることがあります。

江戸川区屋根外壁塗装
江戸川区屋根外壁塗装

外壁に関してはチョーキング現象(外壁の塗膜が粉化して手に付着する)は起こっておりませんでした。しかし、目地材の劣化が目立ちました。亀裂が入っている箇所や亀裂から大きくなって下のボンドブレーカーが見えている状況でした。経過年数に応じた劣化ではありますが、放っておくと雨漏りに繋がることもありますので早急な補修が必要です。

江戸川区屋根外壁塗装

サイディングボードが浮いている箇所が2箇所程ありました。サイディングボードが浮いているということは固定している釘の効きが悪くなっているということです。補修を行ってから塗装に入りますが、こういった所にも注意を払って工事していきます。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 台東区谷中で台風で外壁に穴が開いた建物を点検、部分的な張り替えをご提案

師走だというのに台風絡みのご相談が相変わらず、続いております。本日、お伺いしたのは台東区谷中で「台風で外壁に穴が開いてしまった」というご相談でした。飛来物が外壁にでもぶつかって穴が開いてしまったのでしょうか。穴の大きさはどの程度のものなので… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 板橋区にて築16年でこれまでノーメンテナンスの戸建てを点検

苦労してやっと手に入れたお家、誰しも大事にしたいという思いは同じでしょうが、費用などの面からついつい先延ばししてしまうのがメンテナンスです。今回は築16年、これまでノーメンテナンスの板橋区の戸建てを点検してまいりました。築16年というと、リ… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 葛飾区でALC外壁をガルバ鋼板サイディングでイメージチェンジ

三階建てのALCを外壁に使用した葛飾区のお客様の建物はルーフバルコニーと外壁目地からの雨漏りにお悩みでした。建ててから初めてのメンテナンスとなりますが、塗装だけでは色を替えたり、一部ラインを入れたりするぐらいなので「物足りない」と感じたお施… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に