東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-60-7774

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

江戸川区|屋根、外壁塗装をご検討


江戸川区にて屋根と外壁の塗装工事をご検討されているお家に調査にお伺いいたしました。隣を工事している業者に声をかけられたことがきっかけでした。築15年経過していることもあり、やらなければと思いつつ・・・という状態だったみたいです。

江戸川区屋根、外壁塗装

屋根の状況はというと北面と東面にコケの発生が多く見られました。軒先にもやはりコケが発生していました。コケの発生の原因は屋根材の防水性能が低下していることが原因となります。屋根材が雨水を吸収してしまうことでコケが発生します。

江戸川区屋根、外壁塗装
江戸川区屋根、外壁塗装

その他にも屋根材が割れている箇所がありました。塗装工事の際にはコーキングで補修してから塗装を行っていきます。出来上がりの際には補修跡が残らないように仕上げていきます。棟板金を固定している釘にも浮いているところがありました。これも工事の際には打ち込んでから開始しますが、釘の効きが悪い場合はビスで再固定します。

江戸川区屋根、外壁塗装
江戸川区屋根、外壁塗装

外壁にはチョーキング現象が起こっていました。これは表面の塗膜が劣化により、粉化して浮いてきてしまうことが原因になります。これも防水性能の低下しているサインとなってきますので見逃せません。

江戸川区屋根、外壁塗装
江戸川区屋根、外壁塗装

外壁のシーリングに亀裂が入っていました。築15年経過しているので年数に応じた劣化ではありますが、雨が入って雨漏りに繋がってしまうことがあります。また、給湯器を設置していた場所の移動をしたのか、ビスを打ち込んだ後が残ったところがありました。

工事をいつ頃行えばいいかわからない方が多いかと思います。そんな時はお家に聞いてみることで答えてくれることがあります。上記で載せているようにチョーキングほ塗装工事のひとつの目安になります。調査のご依頼は街の外壁塗装やさんまでお気軽にご連絡ください。フリーダイヤル:0120-948-355

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 足立区新田で1階部分がタイルの洋風住宅の外壁塗装前点検

足立区新田で戸建ての洋風住宅に住んでいるお客様から「外壁塗装を検討している」とのご相談を承りました。築10年が経過し、そろそろメンテナンスをということで初めての外壁塗装だそうです。最近の建材は長寿命化してきているものもありますが、やはり10… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 板橋区成増でタッチアップ塗装の跡がある瓦棒の金属屋根を点検

板橋区成増にて屋根塗装と外壁塗装を検討しているお客様の建物を点検いたしました。お客様のお話によると、「トタン屋根の錆や塗膜の剥がれに対して、タッチアップで補修を行ってきたが、そろそろ限界を感じており、専門家に点検してもらいたい」ということで… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 足立区中央本町で塩ビ鋼板を塗装、下塗りはパーフェクトシーラーを使用

足立区中央本町で外壁塗装工事を行っています。ひさしを塗装しようと思ったときに塩ビ鋼板であることがわかりました。塩ビ鋼板は鋼板の表面に塩ビシート状のものが張り付けてあるためそのまま塗装したのでは剥離の不安が残ります。そこで使用するのが、日本ペ… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に