東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

江東区|木製サイディング塗替え、同じ色で濃淡の違いは?


江東区のお客様の木製サイディングの変色は、防火材のリン酸塩と最初に塗った塗料の酸化鉄による化学反応という事が判明し、酸化鉄の含まれない塗料でテストを行っておりました。テスト期間中、変色が無い事を確認したので、いよいよ最終的な色選びとなります。

お客様は最初に塗装を行った色をとても気にいっていらっしゃったので、慎重に色選びを行い、ニットコウで同じ色番号でも濃淡をつけて実際の木製サイディングに塗装テストを実施いたしました。

気にいっていただける色であればよいのですが・・。

分かりやすいように、段を分けて塗装テストを実施することになりました。その為には既存塗膜を剥がしてあげる必要があります。浸透系塗料専用の剥離剤を使用して、既存塗料を全て剥がしてしまいます。

ほぼ白木の状態になったところで、乾燥させるために1日時間を置きました。

ニットコウ同じ番号での色の差「濃」「普通」

リン酸塩と反応する酸化鉄の含まれていない、和新化学工業の「ガードラックラテックス」を使用してテスト塗装を行います。色はニットコウで95-30Dという赤紫系の色でも一番濃い色になります。

その同じ番号でも「濃」「標準」と作ってもらいました。

サンプルの色からしても同じ番号とは思えない差があるのがわかりますね。

実際に塗った色の差「濃」「普通」

実際に塗装してみても差は歴然としておりました。何故、「濃」を作成したかと言えば、最初に塗装したのが、ガードラックアクアで同じ色番号での「濃」にしていたためです。

凄く勉強になったのは、同じメーカーで同じ色番号であっても、塗料が異なるとまったく同じ色にはならないという事でした。

このことは、おそらく他メーカーの塗料でも起きえることだと思われます。

塗装の色選びは、みなさんとてもお悩みになる部分です。思い込みや先入観は捨ててみましょう。

最終的にお客様は「普通」の濃さをお選びになり、これで同じようになるだろうと、言っていただけました。

ただし、浸透系塗料は塗り重ねの回数でも色の濃さは当然変わってきますのでご注意ください。

同じ工事を行った施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 荒川区東尾久でアパートの折半屋根の塗装についてご相談を頂き、点検調査に伺いました。

荒川区東尾久の建築年数約20年のアパートで、屋根のお手入れについてご相談がありました。屋根はトタン製の折板屋根で、10年弱前に一度塗装工事を行っているとの事でしたが、やはり年数の経過の分、所々に錆び等の劣化が発生している状況でした。 10年… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 足立区大谷田で築20年のお家のお客様より塗装工事のご依頼、点検調査を行いました

足立区大谷田で屋根外壁塗装工事のご依頼を受けました。建てられてから20年を経過しているお住まいで、今回施主様より、屋根の棟板金が浮いている事や外壁のシーリングの割れが目立ってきた事が気になるとお話しをされ、そろそろ塗装工事を検討したいとの意… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 足立区谷中のサイディングのお住まいで外壁塗装工事のご相談。点検調査を行いました。

足立区谷中にお住まいのお客様より「建ててから15年くらい経過したので外壁塗装工事を検討したい。ついては建物を見てもらっていろいろアドバイスが聞きたい」とのご依頼があり、無料点検の建物調査を行いました。 御覧の通り、サイディングの外壁のお住ま… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に