東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

目黒区目黒本町で劣化したサイディング目地のコーキングはオートンイクシードで打ち換え工事します


 目黒区目黒本町でコーキング工事をおこないました。築23年のサイディング張りの外壁は、今まで一度もメンテナンスをおこなった事が無い為、目地のコーキングが劣化してボロボロになっていました。

 サイディングの目地は、建物が動いた時の緩衝材の役割と雨水が外壁の裏側に回る事を防いでくれます。サイディングは長さが3mほどの板状の外壁材で、隣のサイディングとの間はわざと開けて貼っていきます。この隙間がある事で建物が動いた時に外壁材に力が掛かる事を防ぎ割れない様になります。隙間を開けたままですと雨水が入ってしまいますので、コーキングを打って雨水の浸入を防いでいます。

 新築の場合、サイディングを張り終えた後に一番最後にコーキングを打って仕上げますので、常に露出した状態になっていて雨や紫外線によってどんどん劣化してしまいます。サイディング自体よりも劣化が早いので、塗装工事をおこなう時に目地のコーキングを一緒に打ち換える事が殆どです。新築時と違いコーキングの上に塗膜がかぶさりますので、塗装と一緒に打ち替える場合は耐久性が上がります。

 今回は、サイディングの塗装工事はおこなわないため、目地のコーキングにはオート化学工業のオートンイクシードを使用します。非常に耐久性が高い材料で弾力性が長持ちし、紫外線にも大変強いので露出した状態でも長持ちさせることが出来るのが特徴です。色も何種類もありますので既存の色や外壁材に合わせる事も出来ますし、全く違う色にしてアクセントとしてラインを出す事も可能です。

 今回は塗装はおこなわずにサイディングの目地だけの打ち換え工事をおこないましたが、オートンイクシードを使用して打ち換えておりますので非常に長持ちし、今後外壁の塗装工事をおこなう際には打ち換える必要もありません。雨水の浸入を防ぐ事が出来ましたのでこれで安心していただける様になりました。

 私たち街の外壁塗装やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。

ビフォーアフター

before
劣化した目地のコーキング
arow
arow
after
目地のシール打ち替えが完成

工事基本情報

施工内容
シーリング打ち替え 
使用材料
オートンイクシード
築年数
23年
施工期間
4日間(足場含む)
保証年数
3年間

劣化の状況を確認します

目地のコーキングが劣化してひび割れています

 目黒区目黒本町で外壁の調査をおこなっております。サイディング張りの外壁には必ず目地を設けます。目地とは、サイディング同士が動いた時に力を逃がす為に明けた隙間の事で、通常は雨水が入り込まない様にコーキングを打ちます。この目地が無いと建物が動いた時にサイディング同士がぶつかってしまい、割れたり剥がれたり破損する原因になってしまいます。モルタルの外壁にクラックが多いのは正にこの理由が殆どですので、サイディング張りの外壁は目地が有るおかげで地震などによる被害が出にくい外壁材といえます。

 この目地のコーキングは最初は弾力性がありますが、紫外線や風雨に曝された状態ですと年数が経過するごとに硬化してしまいヒビ割れや裂けたりします。そうなると雨水が浸入してしまい雨漏りの原因にもなる事がありますので、劣化したコーキングはそのまま放置は出来ません。

 サイディング目地のコーキングは、外壁塗装工事などと一緒におこなう事が多いのですが、今回は目地のコーキングの打ち換え工事のみをおこなう事になりました。塗装と一緒におこなう場合はコーキングを打った上に塗装しますので、塗膜に保護されてコーキングの劣化が新築時と比べても長持ちします。しかし、今回の様にコーキングを打った後も新築と同じ状態になる場合は、耐久性の高いコーキングを使用する必要があります。

耐久性の高いオートンイクシード

色選び

 今回のコーキング打ち換え工事に使用するは、オート化学工業社製の『オートンイクシード』です。一般的に使用されている変性シリコンの場合、回りの環境にもよりますが、5年程度でヒビ割れが出てしまう事もあります。しかし、オートンイクシードは市販されているコーキング材の中でも抜群の性能を持っていて、耐久性・耐候性が非常に高い為柔らかさが長期間保持されるのが特徴です。

 サイディングの目地は動きが有るワーキングジョイントといい、求められるのは動きに追従する性能が有るかどうかです。弾力性が無くなり固くなったコーキング材では、建物が動いた時にヒビ割れたり裂けたりしてしまいます。そのために弾力性・柔軟性が求められますので、その性能を非常に高く持ち合わせているオートンイクシードを使用致します。

オートンイクシード

 オートンイクシードの様に柔軟性が高く耐久性の高いコーキング材を使用する事で、露出した状態でも耐久性を確保でき今後外壁塗装工事をおこな際にもコーキングを打ち換える必要もありません。

 色も何種類も用意されていますので、今までの物やサイディングの色に合わせたり、全く違う色にすることも可能です。今回は既存の色に合わせてコーキング材を選ぶことになりました。

目地のコーキング打ち換え工事をおこないます

劣化しています
古いコーキングを撤去します

 サイディングの目地は打ち換え工事をおこないます。古いコーキングを撤去してから新しいコーキングを打つのですが、サイディング目地などの動きがある部分はワーキングジョイントといい、両脇のサイディングだけにコーキングを接着させる2面接着が基本です。奥までコの字に接着させてしまうと動きに追従が出来ずにワーキングジョイントの役割が果たせなくなります。

 そのため2面接着が基本なのですが、オートンイクシードの様に柔軟性の高い材料を使用すれば、3面接着になったとしても効果が期待できます。サイディングの目地には元々ハットジョイナーという奥の部分にコーキングが接着出来ないジョイントが使用されていますので、今回の打ち換え工事もハットジョイナーが有るために2面接着での施工となります。

プライマーが重要な役割を持っています

非常に重要なプライマー
オートンイクシードを充填

 古いコーキングを撤去した後はオートンイクシードを打つのですが、ここで重要なのがプライマーです。プライマーとは簡単にいうと接着剤の役割を持っていて、プライマーが塗られていないといくら耐久性の高いオートンイクシードを使用しても、サイディングとの付着性が落ちてしまい直ぐに剥がれてしまう危険性があります。オートンイクシードに限らずコーキング工事でのプライマーは必須の作業となります。

 プライマーを塗布した後は乾く前にコーキングを打ってはいけません。気温にもよりますが20~30分程度時間を空けて乾燥させてからコーキングを打っていきます。

空気が残らない様に押さえます

空気を抜くように押さえていきます

 コーキングを目地に充填した後は上からヘラなどで押さえつけます。表面を平らに仕上げる事と、中に入った空気を外に押し出す事が重要になります。奥まで充填されておらず空気が残った状態ですと、後から膨れなどの症状が出る事がありますので丁寧に仕上げていきます。

目地の打ち換え工事が完成しました

乾燥した後
非常に弾力性が高いコーキング

 同様の作業を全ての目地におこなって打ち換え工事が完成します。コーキングには乾燥時間が有り、表面が乾燥するまでには夏場で5時間、冬場では24時間程度かかります。表面が乾燥していても中はまだ乾燥していませんので、十分に乾燥時間を設けて状態を確認して工事完了となります。

目地打ち換え工事が完成

 サイディングの劣化はそれ程進行していませんでしたので、今回は目地のコーキングをオートンイクシードで打ち替えをおこなう工事のみをおこないました。今後塗装工事をおこなう製にはコーキングの上から塗膜を被せてきますので、更に耐久性が確保できます。

 目黒区目黒本町でおこなってコーキング工事は、耐久性が高い材料でおこないましたので、工事後目地部分からの雨水の浸入も止める事が出来安心していただける様になりました。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 葛飾区立石でパーフェクトトップを使って二色塗り分けの外壁塗装を行っています。

 葛飾区立石で外壁塗装工事を行っています。外壁塗装工事になりますが、既存外壁は中間幕板で仕切られていますが二色で見た目も違うサイディングボードの外壁です。既存に近い色がお好みとのことでカラーシミュレーションを複数作成した結果、写真のようなイ… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 江東区猿江でサイディング外壁の塗装工事のご相談、現地調査にお伺い致しました

 江東区猿江で建てられて15年を経過したお住まいのお客様より外壁塗装工事のご相談をお受け致しました。外壁材にはサイディングを使用されております。サイディングの場合シーリングによる継ぎ目が有り、どうしても年数を経過してくると割れ等の症状が出て… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 稲城市若葉台にてタイルの目地の調査を行いました

 稲城市若葉台にてタイルの目地が劣化してきているので調査してほしいとのご依頼いただきましたので早速調査してまいりました。 目地というのは、サイディングやタイル張りの外壁においてパネルとパネルの隙間のことを指し、目地の処理には樹脂製のコーキン… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に