東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ

江東区南砂でALC外壁の塗装工事を施工、パーフェクトトップND-460で鮮やかに仕上げました


 江東区南砂で建てられて20年目の外壁材にALCを使用したお住まいの外壁塗装工事を施工させて頂きました。

 ご相談のきっかけは台風等による雨漏りの発生から弊社へのお問い合わせが始まりです。毎回の雨漏りではない模様でしたが、強風時などの強い雨の時に発生する時があると言ったお話でした。屋上はシート防水を数年前に施工されたとの事で、排水についても問題は有りませんでした。しかし外壁のシーリングや窓周りシーリング等に割れ等の症状が有り、可能性としては外壁からの雨漏りが濃厚であると判断させて頂きました。

 お客様もシーリング補修工事をメインにお考えでしたが、足場がどうしても必要な施工となる事から、この際シーリングだけでなく外壁塗装も同時に施工していくと言う判断に至り、全体的な塗装改修工事として施工する事となりました。使用塗料は日本ペイントのパーフェクトトップ。色選びで悩まれましたが、標準色でもやさしめの少し赤みのあるベージュでND-460を使用しての塗装工事となります。

ビフォーアフター

before
ALC外壁の塗装前
arow
arow
after
ALC外壁の塗装完了

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 その他 
使用材料
シーリング:オート化学 オートンイクシード 外壁塗装:日本ペイント パーフェクトトップ
築年数
20年
施工期間
3週間
保証年数
8年

現地調査の様子

外壁の割れと汚れが発生
 現地調査の様子です。使用している外壁は軽量気泡コンクリートと呼ばれるALC外壁になります。こちらの面に雨漏り症状が集約されているとの事でしたが、外観的にはやはり年数による汚れの付着が目に付きます。お客様もその辺りは気にされており、そろそろ頃合いとしては外壁塗装工事等のお手入れの必要な時期に来ていると言ったお考えはお持ちでした。

雨漏りの発生

強風時、窓枠に雨漏りが発生
 そして何よりも懸案となっている事は時折発生する雨漏りの解消です。1階、2階も含めて窓枠周りからを中心に症状を来たすとのお話でした。考えれれる事としては、屋上防水や排水設備の詰まり、更にこちらのお宅の様なALC外壁は外壁の割れによる雨漏りの発生をしばしば見受けられる事があります。

外壁の状況

割れが発生したALC外壁
 屋上防水は何年か前に施工したとの事でシート防水で施工されておりました。ドレンの詰まりや排水に関しても特に問題は見受けられませんでした。やはり外壁の各所にシーリングの割れや、外壁材そのものに割れが発生している箇所も有りました。外壁塗装工事を施工して10年は経過しているとの事でも有りましたので、雨漏りの解消の為にはシーリング工事と外壁塗装工事で対策を採る事がベストであるとお伝えさせて頂きました。

窓枠シーリングにも割れ

外壁、窓枠シーリングに割れ
出窓枠継ぎ目に割れ
 更に気になる箇所として、窓廻りのシーリング割れ、出窓の縁廻りに有るシーリングもかなり劣化症状が見られます。今回外壁塗装工事と共にこのシーリングの補修工事も行う方向でお話が進みましたので、こう言った雨漏りの可能性に繋がる全ての箇所を可能な限りシーリング補修を掛けて、その上に塗装塗膜をしっかり与え雨漏り対策と耐久力の向上とを目指し施工する事となりました。

足場架設作業から工事着手

足場架設作業から開始
 工事の始まりです。工事で必要な物は先ずは足場となります。道路幅の狭い前面道路で車両を止めさせて頂き、事前に弊社の方で挨拶状とタオルを持参してご挨拶にお伺いし、何よりもご近隣様のご協力も有り無事工事スタートが切れました。

高圧洗浄作業です

屋上の高圧洗浄
屋根の洗浄作業
 作業は続いていきます。翌日早速高圧洗浄で塗装職人が作業に臨みました。その際に雨漏り箇所も有ったので、お部屋内で施主様ともコンタクトを取りながら、原因を究明すべく洗浄作業を行います。屋上、庇屋根、外壁、建物全体の様々な箇所に高圧水による洗浄作業を行い、汚れ落としつつ作業の方を進めて参りました。

外壁を徹底的に洗います

外壁を高圧洗浄
汚れをしっかり落とします
 外壁については徹底的に汚れを落としていきます。しかしあまり強すぎる圧力を掛けてしまうと外壁材そのものを損壊させてしまう事に繋がり兼ねないので、そこは職人の経験値とバランス感覚とで調整しながら洗浄作業を行って行きました。

作業はシーリング工事へ

オートンイクシードで施工
 洗浄作業で外壁の汚れをしっかり落として、今回の雨漏り対策の肝となるシーリング補修工事となります。ALC外壁の場合、シーリング補修工事は増し打ち施工が基本となります。既存のシーリング部分にその上から新しいシーリング材を増して打っていく施工、これがシーリング増し打ち工事となります。今回シーリング材は高耐久のオートンイクシードを使用して参りました。通所材料に比べると格段にその耐久性がアップすると言われる材料です。このオートンイクシードで施工する事で少しでも雨漏り対策を図っていくべく施工して参りました。

縦横目地のシーリング増し打ちの流れ1

プライマーを塗布
オートンイクシードを注入
 シーリングの施工手順については、先ずはプライマー塗布して既存のシーリングと新しいシーリング材を密着させる為の工程を経て進めて参ります。プライマーが乾燥した段階で、オートンイクシードを注入してシーリングに厚みを付けて参ります。

縦横目地のシーリング増し打ちの流れ2

ヘラで均します
シーリング増し打ちの完成
 ヘラで形を均一にしシーリング材を満遍なく均していく事で割れ等の隙間を徹底的に塞いでいって完成となります。

シーリング増し打ちの完了

縦横目地のシーリング増し打ち施工
 縦目地、横目地、更に窓廻りなどの開口部、これらの場所にシーリングを打って内側への水の進入を防ぎ、この上に塗装塗膜を与えて耐久力を持たせていきます。シーリング材も高耐久材料ですので、しばらくの間はこのお手入れが雨漏り等からお住まいを守ってくれるはずです。

いよいよ塗装工事のスタートです

パーフェクトトップの塗料缶
 シーリング工事もひと段落すれば、いよいよ塗装工事のスタートとなります。使用塗料はパーフェクトトップ。日本ペイント製のラジカル制御形塗料と呼ばれる塗料で一般的なシリコングレードの塗料よりも上に位置する塗料でコスト的にシリコン塗料とさほど変わらないので、現在塗装工事を施工されるお客様に多く使用される塗料となります。

下塗り工程

下塗りの開始
サイディングの下塗り
 主剤であるパーフェクトトップの塗装前に先ずは下塗りを行います。下塗り材は外壁の下地建材やその状況に合わせてチョイスしていきます。目的としては主剤の塗料をしっかり密着させる事で、この下塗り作業が長持ちさせられるか否かの一つ目の判断基準ともなり得ます。今回のお住まいはALC外壁がメインですが増築した部分にサイディング面も有り、その建材ごとに下塗り材を使い分けて施工して参りました。尚且つ写真でも判る様に使用しているローラーの種類も異なり道具においても使い分けています。

下塗りの完了

下塗り材は白色です
 下塗りの終了です。外壁が白く染まります。言うなればお住まいのお化粧の準備が整った訳です。この工程をしっかりと行う事で主剤であるパーフェクトトップの持ちを向上させる事は先程ご紹介した通りとなります。

中塗り工程で色がつきます

サイディングの中塗り
中塗りで色がつきます
 続いて中塗りへと作業は進んで参ります。これがいよいよ主役のパーフェクトトップの登場となります。今回お客様が選択された色はこの少し赤みがかったベージュのやさしい色合いです。どちらのお客様でも大概そうですが色を選ばれるまでは非常に悩まれます。と言うのもこれから10年から15年程度お付き合いされる色となりますので、悩まれるのは当然です。こちらのお客様はこれまでとイメージを変えたいとの事から、グレー系のベージュから赤みのあるベージュのこの色を選ばれました。色番をND-460。、どう仕上がっていくか非常に楽しみです。

中塗りから上塗りへ

中塗りの完了
 一通り中塗りを終えるとだいたいの雰囲気は判って参ります。しかしこれでは終わりません。この中塗り後に更にもう一度上塗りの塗装を掛けると色乗りと艶感が増して更にガラッと印象も変わって参ります。

ALC、サイディングとも上塗りで仕上げます

上塗りで艶感が増していきます
サイディング面の上塗り
 上塗りを掛けて更に外壁の色味を際立たせていきます。それと共に本来の塗装の目的である防水性の向上にも努めて行きます。同じ色を塗るとどこまで塗ったか判らなくなって、塗装にムラが出るのではと言ったご心配を聴くことも有りますが、御覧の通り乾いた中塗り後に上塗りを掛けると若干ですが色の違いが出るのでそう言った心配はいらないのです。勿論乾くと色合いは均一になります。塗料の不思議と言える現象の一つと言えるでしょう。

外壁の上塗り完了です

外壁、シーリングに塗装塗膜をしっかり与えます
 上塗りが完成しました。先に施工した目地シーリングや窓周りシーリングの上にも塗装をしっかり施しました。これで耐久力のある外壁塗装仕上げの完成です。これで外壁塗装工程も終了となり、最後の仕上げ工程付帯部塗装へと作業は進んで参ります。

雨樋等の付帯部の塗装

雨樋の塗装
雨樋塗装の上塗り
 付帯部とはこう言った外壁などに取り付ている別の建材を指します。基本的に鉄部、木部、セメント材で出来た建材は塗装を掛けて行きます。逆に塗装しない建材としてはアルミ製材や鋳物と言ったものでそれ以外は可能な限り塗装をしていきます。これは雨樋塗装の様子で、外壁同様に主剤の2回塗りは変わりません。

鉄部や軒天も塗装

軒天の塗装
出窓裏の塗装
 その他にも軒天と呼ばれる天井部分や出窓の上下や庇屋根等の鉄製で出来た部位も塗装していきます。

屋根塗装の下地調整

金属屋根のケレン
金属屋根の下塗り
 付帯部塗装の最後に金属製の屋根塗装です。工程をご紹介すると、先ずはケレン作業で錆びや汚れ等をしっかり落として、金属の場合下塗りとして錆止めの塗布を行って参ります。

屋根の中塗り、上塗り

屋根の隙間の刷毛取り
金属屋根塗装の上塗り
 そこに中塗り、上塗りと掛けて仕上げていく事は外壁同様に変わりません。こう言ったローラーでは届かないような箇所に刷毛でしっかりと奥まで塗料を入れて塗り残しの無いように仕上げて行きます。最後まで気を抜かず手順に沿って施工して参ります。

屋根塗装の完成

金属屋根の塗装
 屋根の塗装の完成です。太陽光線の力も有って燦然と輝いている様子が判ります。と言うのもやはり手順に沿って仕上げくれた職人さんの努力の賜物です。これで工事も一通り終わりました。後は完了チェックで全体を再度点検していきます。

塗装工事の完成。足場が取れれば工事完了です

足場が取れれば完了です
 完了点検を行い、手直し箇所の修繕も行いました。ほとんど問題も無く、足場を解体すれば無事工事も終了です。早く足場を取ってスッキリとした状態で全体の仕上がりを見てみたい心境です。

外壁塗装工事の完了

ND-460の外壁塗装仕上げ
 翌日足場解体を無事工事も終了しました。これが完成形です!お客様が選ばれた外壁の色も非常に素敵ですが、雨樋や付帯部に塗った色も非常にいい感じです。この色は職人さんの調色でお客様にも見てもらって作った色です。外壁ともマッチして非常にやさしい感じでお住まいが産まれ変わりました。

ND-460の色合いが鮮やかに仕上がりました

ALC外壁の塗装完了
 パーフェクトトップのND-460が非常に鮮やかです。太陽光線を浴びると更にキラキラと艶が増してお客様も非常に気に入っておられました。

これで外壁からの雨漏りの心配はない筈です

外壁からの雨漏りを解消
 そして何よりも工事のきっかけは雨漏り対策でした。その辺りの仕上がりも全く問題は有りません。工事期間中強い雨の日も有りましたが、お客様曰く雨漏りはしなかったとの事です。私たち街の外壁塗装やさんではお客様のお悩み解決の為、手順に沿った施工と耐久力の向上をテーマに取り組んでおります。勿論工事期間中は新型コロナウィルス対策も取りつつ施工に当たらせて頂きました。皆様もお住まいのお悩みや塗装工事のご相談等がございましたら、お気軽にお声掛け下さい。

街の外壁塗装やさん東東京

電話 0120-948-355
株式会社シェアテック

〒132-0023
東京都江戸川区西一之江
2-10-17

街の外壁塗装やさん東東京支店

お問い合わせはこちら

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 三鷹市牟礼にて外壁塗装前調査、サイディング外壁の塗膜劣化によりナノコンポジットWによる塗装をご提案

 三鷹市牟礼にお客様より、お住まいの外壁メンテナンスのご相談を承りました。今年で築18年目を迎えるという今回のお客様は、屋根のメンテナンスは行ったことがあるそうですが、外壁のメンテナンスは今回が初めてとの事で、最近になり汚れが目立つようにな… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 杉並区上荻のお客様、築17年経過して窯業サイディング外壁の広範囲に藻が繁殖

 杉並区上荻のお客様にて、「築17年になるのですが、外壁の汚れが気になるようになり、塗装メンテナンスを考えている」とのご相談を承りました。この2、3年で特に汚れが目立つようになってきたとの事で、塗装の時期と思いご相談をいただいたようです。今… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 江戸川区東葛西で外壁塗装のご相談を受け点検調査にお伺い致しました

 江戸川区東葛西で建てられてから15年を経過したお住まいのお客様より外壁塗装工事のご相談を承りました。特にお客様が気にされておりましたのは、シーリングの劣化による割れの発生と部分的にサイディングに変形が見られると言った部分でした。早速現地調… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に