東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ

町田市常磐町にて屋根外壁塗装工事に合わせ、ニューボンデンDXでのウッドデッキ塗装も実施


築80年の住宅に合わせ別宅の塗装工事をご検討しているとご相談を頂いたのは町田市常磐町にお住まいのお客様でした。屋根・外壁の経年劣化に加え、ウッドデッキや木部のメンテナンスも検討しているという事ですので、さっそく調査にお伺いしました。

ビフォーアフター

before
町田市常磐町の屋根外壁塗装工事
arow
arow
after
常磐町の屋根外壁塗装工事完了

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 屋根塗装 
使用材料
屋根:サーモアイ4F(クールネオサファイアブルー) 外壁:ファインシリコンフレッシュ(G85-70H)
保証年数
外壁:12年 屋根:9年

点検の様子

町田市常磐町の外壁塗装点検
全体の色あせ

調査にお伺いしたのは2階建てで立派なウッドデッキが設置されているお住まいです。木々に囲まれ柔らかな雰囲気が漂います。

しばらくメンテナンスはされていないという事ですので屋根と外壁、付帯部に不具合がないかしっかり点検した後、適切なメンテナンスをご提案させていただきます。

 

全景を確認したところ、目立った汚れや色あせは見られませんが、雨樋の直射日光が当たる面だけ日焼けし色が落ちてしまっていました。

サイディングの割れ
シーリングの肉痩せ

近くでしっかり見てみると窯業系サイディングに割れが確認できました。おそらくサイディングを固定する際の釘によるヒビが拡大し、大きな割れに発展してしまったのでしょう。

この程度であればサイディングの張替等は必要なく、補修と塗装で綺麗に仕上げ直すことが可能です。

サイディングといえば目地もチェックポイントです。サイディングボード間の目地はシーリング材を打設し隙間を塞いでいるのですが、経年劣化によって徐々に硬化し、肉痩せや亀裂を起こしてしまいます。こちらも切れや隙間がみられ、打ち替え時期を迎えているといえますね。

サイディングの浮きを確認

サイディングの浮き

先ほどの割れよりも深刻なサイディングの浮きです。釘で留められている14㎜のサイディングは釘が浮くことで浮いてしまうことがあります。浮いた部分は雨水の浸入口になり最悪の場合、室内へ雨漏りを起こしてしまうことがあります。

ほとんどの住宅ではサイディングの下地にある透湿防水シートで防ぐことができますが、早めの補修が必要です。

スレート屋根の経年劣化
スレートの割れ

続いては屋根です。セメント系の化粧スレートは表面塗膜が劣化することで雨水を吸水し、コケや藻が繁殖してしまいます。見栄えも悪くなりますし屋根材の破損を招く恐れがありますので、定期的な塗装メンテナンスは欠かせません。

強風によるものか、劣化によるものかスレート屋根材に割れが確認できました。屋根材が割れる=雨漏りといイメージされる方が多いようですが、屋根も下葺き材(防水紙)がありますのでそうそう簡単に雨漏りを起こすことはありません。

こちらも築年数に応じた塗装メンテナンスを行うことで問題なく使用できそうです。

スレートの耐用年数はおよそ25年です。この時期に差し掛かったところで屋根カバー工法や葺き替え工事を検討する必要があります。

破風板の塗膜剥がれ
木部窓枠の塗膜剥がれ

住宅の見栄えを左右する意外な場所が破風板や雨樋の付帯部です。というのも付帯部は住宅全体を取り囲むように設置されていますので、思いのほか住宅の美観性に影響します。

木部の破風板・窓枠の茶色い塗膜は剥がれ素地(白い部分)を露出しており、劣化を促している状態でした。こちらも剥がれかけている塗膜を一度剥がし綺麗に塗り替えていきましょう。

屋根外壁メンテナンス開始

足場仮設
貫板の腐食

屋根外壁のメンテナンスを行うにあたってまずは足場仮設を行っていきます。屋根に足場を乗せる場合、単管のままでは割れてしまう可能性もありますので、しっかり足場にルーフベースを取り付けてから揺れないようしっかり固定します。

 

屋根の棟板金も最近交換等を行っていないという事でしたので、強風の影響を受けやすい棟板金の交換も同時に行っていきましょう。

写真に写っている木材は棟板金の下地にあたる貫板(ぬきいた)です。通常板金に覆われているため傷みにくいのですが、棟板金が浮いていたりすると雨水が吹き込み腐食してしまいます。

換気棟の確認
貫板の交換

傷んだ貫板はしっかり新たな貫板に取り換え棟板金を付け直していきます。

棟の頂点に穴が開いていることが確認できますが、換気棟が設置されていた証拠です。換気棟は小屋裏にこもった空気を排気する役割があり、住宅構造の劣化を防ぐためにもあって損はないものです。

雨漏りのリスクが高くなるという観点から普及率はまだまだ低いのですが、適切な工事を行えば雨漏りを起こす心配はありませんのでご安心ください。

棟板金交換工事完了

棟板金交換工事完了

棟板金交換工事が完了しました。

強風の影響等で飛散した場合、火災保険を利用して補修することも可能ですが、住宅によっては足場仮設が必要になるケースもございます。定期的なメンテナンスでの補修を検討中の方は、塗装や別の補修と合わせて交換工事を行うことがオススメです。

遮熱塗料で屋根塗装メンテナンス

塗装洗浄前
塗装洗浄後

 続いて塗装工事に取り掛かります。茶色く見えているのが洗浄前のスレートです。

この状態では塗装しようにも塗料の密着性が悪くすぐにはがれてしまいます。そのため塗装する面はまず高圧洗浄で汚れを洗い落としていきます。

白っぽく見えているのが洗浄後のスレートです。塗膜が機能していれば塗装時の色に見えるのですが、塗膜が劣化していると屋根の素地が露出してしまうため、白っぽく見えてしまうのです。

使用塗料
屋根の下塗り完了

今回塗装工事で使用する塗料は

屋根;サーモアイ4F(クールネオサファイアブルー)

外壁:ファインシリコンフレッシュ(G85-70H)

付帯部:ファインSi(G05-30B)

ウッドデッキ:ニューボンデンDX(チーク)

です。塗料の特徴は施工に合わせてご紹介いたします。

洗浄後の屋根はまず下塗り塗料で仕上げ塗料との密着性を高めます。サーモアイは下塗りと仕上げ塗料がセットになっているのですが、下塗りシーラーにも遮熱塗料があるため、Wの遮熱機能で太陽光を反射させ住宅の暑さ軽減を図ります。

サーモアイ4Fでの中塗り
タスペーサー設置

クールネオサファイアブルーで中塗り・上塗りを行います。遮熱塗料は通常の塗料よりも遮熱効果が高いのですが、使用する色によっても遮熱効果は異なります。

最も遮熱機能が高いのは白、対して低いのは黒になりますので遮熱性能を重視されている方はなるべく明るい色を選びましょう。

ちなみに今回使用したクールネオサファイアブルーの日射反射率は43.0%です。

 

スレート屋根の塗装に欠かせないのが縁切りと呼ばれる作業です。薄いスレートは塗装を行うことで屋根材間の隙間が塗料で埋まってしまいます。

すると屋根材の下に入り込んだ雨水が排出できず、屋根内部で毛細管現象を起こし雨漏りを発生させてしまいます。このような事態を避けるために屋根材の隙間を設けなければなりません。

カッターや皮スキで屋根材間を切っても良いのですが、私たち街の外壁塗装やさんではより確実に隙間を作ることができるタスペーサーを設置していきます。

サーモアイ4F(クールサファイアブルー)での塗装工事完了

クールネオサファイアブルーでの屋根塗装完了

仕上げ塗料を2回塗ることで塗膜を十分な厚みで形成させることができますし、色ムラのない綺麗な屋根に仕上げることができます。

また今回はシリコン塗料よりも耐久性に優れたフッ素塗料を使用しています。耐用年数はおよそ15年ほどですのでメンテナンスサイクルを延ばすことができました。

外壁塗装工事の様子

サイディングの浮き補修
ビス打ち補修

 外壁塗装に進む前に不具合箇所をしっかり直していきましょう。

まずサイディングの浮きは下地がしっかりしている状態であればビス打ち固定で改善させることができます。そのままビスを打ち込むとヒビが広がり、サイディングの割れに繋がりますので錐で穴をあけてからビスでしっかり固定していきます。補修後のビスは塗装で隠れますので心配ありません。

コーキング撤去
プライマー塗布

続いてはコーキング補修です。

シーリングとコーキングは何が違うの?と質問をいただくことがあるのですが、使用する材料も施工方法も同じです。まずは劣化した既存のコーキングを綺麗に取り除いていきます。その後マスキングテープで養生をし、シーリング材を打設する前に密着性を高めるプライマーを塗っていきます。

プライマーを塗ったその日でないと密着効果がないため、工程と施工範囲を確認しながら作業を進めていきます。

シーリング打ち替え補修完了

新たにコーキングを打設しなおしマスキングテープを剥がせば補修工事は完了です。シーリング材の表面が硬化する前に触ってしまうと伸びて汚れてしまいますので、数時間~1日は作業が行えません。

表面は1日程度で硬化し始めますが、内部までは1週間程度はかかるといわれています。そのため塗装工事が終わってからもしばらくは触らないようにしてください。

軒天塗装
外壁下塗り

目地が硬化するまで付帯部塗装も並行して進めていきます。

塗装の基本は上からです。屋根・軒天・外壁・他付帯部というように塗料が周りにつきやすい場所から順々に進めます。軒天には通気性が高い塗料を使用しますが、多くの住宅で白が使われています。

これは暗い色で軒天を塗装すると重厚感が増す一方暗い印象になってしまうためです。特にこだわりがない方は明るい色で塗装するようにしましょう。

 

コーキング硬化後は屋根塗装同様、下塗り・中塗り・上塗りを行っていきます。

まずはシーラーで既存色を隠すほか密着性を高めます。

ファインシリコンフレッシュでの中塗り
外壁塗装上塗り完了

外壁塗装したファインシリコンフレッシュは超低汚染型のシリコン塗料です。

強固なシロキサン結合により光沢の低下や変色が起こりにくい塗料です。また弱溶剤系塗料ですので臭いはマイルドで施工中の影響も最小限にとどめます。

乾燥が早いため、気温が低い冬にも気兼ねなく使用することができる優れものです。色も自由性が高いため、気になる色がございましたらカラーシミュレーション等でご確認ください。

木部塗装前のケレン
木部下塗り

塗膜は剥がれかけていた木部はケレン作業で綺麗に剥がし落としていきます。

もちろん付帯部も下塗りシーラーで密着性を高めてから中塗り・上塗りと進めていきます。塗り直しをすることで木部の腐食を防ぐことができますが、すでに腐食している場合、それは木部の交換等が必要ですので、腐食してしまう前の塗り替えが重要です。

木部塗装完了
破風板中塗り

窓枠、破風板、雨どい等も同様に塗り直し付帯部塗装工事は完了です。

木部塗装には造膜型塗料と浸透型塗料がありますが、足場が必要な箇所やすぐに塗り直しができない箇所への塗装には造膜型塗料を使用することで塗り直しを頻繁に行う必要がありません。

ウッドデッキ塗装

ウッドデッキ下地処理
ウッドデッキ塗装

最後はウッドデッキです。ウッドデッキはささくれ等を除去するためにまずはケレン・ペーパー掛けを行います。こちらの塗装には浸透型塗料のニューボンデンDXを使用します。浸透型塗料は木目等を残したまま木部の保護が可能ですのでウッドデッキ等の触る箇所への塗装には最適です。

その分造膜型塗料よりも劣化が早いため。5年程度で塗り直しを行うように心がけましょう。

屋根外壁・ウッドデッキ塗装工事竣工

外壁塗装工事完了

屋根と外壁を塗り直すことで新築時の輝きを取り戻しました。

大きなイメージチェンジでしたが彩度はそれほど高くない色の為、木々との調和がうまく取れた仕上がりになりました。

配色を決めるのは皆さん非常に悩まれます。私たち街の外壁塗装やさんは、塗装後の後悔がないようカラーシミュレーションや見本板を取り寄せ、お客様のイメージ通りの仕上がりになるようお手伝いさせていただいております。

塗装費用や仕上がりに関して気になる方はぜひお住まい無料調査をご利用ください。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 国立市富士見台で高圧洗浄で汚れを落としてから塗装工事を始めます

 国立市富士見台で屋根と外壁の塗装工事をおこないます。足場を架けてから一番最初におこなう工程は高圧洗浄です。  塗装工事は仕上がれば色がついて綺麗に見えますが、下地の作業をおこなわないと長持ちしない塗装工事になってしまいます。その様になる一… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 墨田区太平で外壁塗装工事のご相談、下地処理で調整を行い塗装工事をご提案致しました

 墨田区太平で築60年のお住まいの外壁塗装工事に伴う事前点検調査にお伺い致しました。年数を経過していることも有り、劣化症状が各所で見受けられましたが、中でもモルタル外壁表面の塗膜部分の剥離症状が顕著にみられる状況です。こう言った場合塗装施工… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 調布市深大寺北町で塗装工事を検討中の建物は梯子が架からない為ドローンを飛ばして調査します

 調布市深大寺北町で塗装工事を検討中のお客様の調査に伺いました。屋根と外壁の塗装工事を御検討中なのですが、建物の作りと立地条件で梯子を架ける事が出来ない為、ドローンを飛ばして屋根の状況を確認しました。  ドローンを飛ばすには飛行許可申請が必… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に