東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ

小金井市緑町にてラジカル制御塗料であるパーフェクトトップ(ND-342)で外壁塗装


 「外壁を手で触れると白い粉が付く」そういった経験はありませんか?それはチョーキング現象と呼ばれる劣化症状の一つです。塗料の色成分(顔料)に含まれる合成樹脂が、雨や紫外線によって分解され、粉状になって現れたものです。小金井市緑町にお住まいのお客様もチョーキング現象を気にされていました。「すぐに工事を行わなければ...」と焦る必要はありませんが、塗り替えを検討する時期です。

ビフォーアフター

before
外壁塗装 工事前
arow
arow
after
外壁塗装 工事後

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 
使用材料
パーフェクトトップ
(ND-342)
ファインSi
(23-255)
施工期間
8日
保証年数
10年

点検の様子

チョーキング現象が発生し、外壁塗装を検討したモルタル外壁の邸宅
調査にお伺いした邸宅はモルタル仕上げの外壁でした

 「外壁塗装を検討している」とご相談後、点検にお伺いしました。モルタル外壁には、レンガや幕板が取り入れられており、とてもお洒落な印象です。正面から見た感じでは、あまり劣化している様子は見られませんが、隅々までしっかりと調査を行っていきます。私たち街の外壁塗装やさんでは、無料で点検を実施しておりますので、ご不安な方は一度ご利用ください。

モルタル外壁 汚れ
クラック(ひび割れ)が発生したモルタル仕上げの外壁

 隅や日陰になってしまう部分には、汚れが目立ちました。また、クラック(ひび割れ)も発生している模様です。クラックの大きさによっては補修方法も異なります。幸い、クラックは下地まで届いていませんでした。この程度でしたら、塗装で埋まりますので問題ありません。しかし、症状が進行すると、シーリング材を充填したり、機械を使ってひび割れを20センチ幅まで削りシーリング材で埋めなければいけなくなってしまいます。クラックが見られましたら、早めにご相談ください。

塗装準備

高圧洗浄
ビニールで窓を養生

 まずは、塗装に備えた準備をします。施工スタッフの安全を確保し、かつ近隣に塗料が飛び散るのを防ぐ為に、足場とメッシュシートを設置していきます。その後、高圧洗浄で外壁に付着した汚れや旧塗膜を綺麗に落とします。高圧洗浄後はしっかりと乾燥させなければなりませんので、後日改めて塗装塗装に入ります。
 また、塗装前の準備としてもう一つ行わなければいけない作業があります。「養生」と呼ばれる工程です。塗料で窓が汚れてしまわないように、ビニールを被せ、テープで止めます。車が駐車してある場合には、同じように養生します。

下塗り

下塗り

 塗装準備ができましたら、いよいよ塗装に入っていきます。まずは、パーフェクトフィラーを使用して下塗りを行います。水性系なので環境にやさしく、ひび割れ追従能力に優れています。パーフェクトシリーズには、パーフェクトサーフやパーフェクトプライマーといった下塗り材もございます。それぞれに適用下地があり、今回使用したパーフェクトフィラーはモルタルに対して最も有効です。

中塗り

パーフェクトトップ ND-342
パーフェクトトップ ND-342 中塗り

 下塗り乾燥後、パーフェクトトップで上から塗装していきます。ラジカル制御塗料であるパーフェクトトップは、外壁の劣化要因となるラジカル(物質)の発生を抑制し、色褪せやチョーキング現象を防ぎます。お客様はこの現象を気にされていましたので今回、こちらを使用することになりました。全体的に塗装し終えましたら、次は上塗りです。

上塗り

パーフェクトトップ ND-342 上塗り

 上塗りにも中塗りと同じ塗料を使用します。塗料にはそれぞれ適切な塗膜の厚さがあります。2度塗り(下塗り・中塗り)だけでは、十分な厚さが出ず、耐久性も短くなってしまいます。耐久性のある外壁に仕上げる為にも、絶対に省いてはいけない工程です。

塗装後の外壁

塗装後

 塗装後のモルタル外壁です。工事前と印象を変えたくないとの事でしたので、かなり似た色を使用しました。こちらのシックで落ち着いた色は、ND-342になります。外壁塗装ではよく使用される人気のある色です。ツートンカラーに取り入れるお客様も結構いらっしゃいます。ツートンカラーを検討している皆様、こちらの色を取り入れてみてはいかがでしょうか。

庇の塗装

庇 ケレン
庇塗装 サビ防止剤

 付帯部の塗装も行いました。こちらは、庇を塗装している様子です。まずは、ケレンと呼ばれる作業を行っていきます。鉄部をヤスリで擦り、汚れやサビを落とす作業です。 ケレンで綺麗になりましたら、1液ハイポンファインデクロを使用して下塗りを行います。1液ハイポンファインデクロは錆止め塗料になります。錆びやすい鉄部の塗装を行う際に使用されるものです。

 下塗り後は、ファインSiの23-255を使用して塗装します。庇だけではなく、雨樋や幕板の塗装も行いました。「付帯部の塗装にこげ茶色(23-255)を使用したい!」とご希望されるお客様は非常に多いです。ブラウン系は様々な色の外壁と相性抜群なので、付帯部の塗装に使用してみてはいかがでしょうか?
 現在、コロナウィルスの感染防止に伴い、弊社でも様々な対策を行っております。詳しくは新型コロナウィルス対策についてをご覧ください。

街の外壁塗装やさん
多摩川支店

電話 0120-948-355
株式会社シェアテック

〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1

街の外壁塗装やさん多摩川支店

お問い合わせはこちら

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 杉並区成田東にて外壁塗装前の調査、経年劣化によりクラックが発生したモルタル外壁にはエラストコートによる塗装工事をおすすめ

 杉並区成田東にお住まいの客様より、外壁でお悩みとの事でご相談を承りました。「今年で18年目になるのですが、最近ヒビワレがひどくきになるようになりまして補修と塗装をお願いしたい」との事でした。  外壁はモルタル外壁になります。全体的にはまだ… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 墨田区本所で外壁塗装工事、本日の作業は庇屋根の鉄部塗装になります

 墨田区本所で建てられてから50年を超えたお住まいの外壁塗装工事を施工しております。外壁の塗装工程も一区切りとなり、作業の方は最終版の工程に移っております。付帯部塗装と呼ばれる部分塗装ですが本日はその中の庇屋根塗装、所謂鉄部塗装を行いました… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 江戸川区北葛西で外壁塗装工事のご相談、下地処理からの施工が必要です

 江戸川区北葛西で建てられてから40年以上を経過しているお住まいの点検調査を行いました。外壁はモルタル壁となり、何年か前にメンテナンスはされている状況です。しかし年数を経過している事も有り、所々に劣化症状は見られました。今回は外壁塗装工事の… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に