東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ

中野区野方でレンガ調の窯業系サイディングを生かした外壁塗装


 中野区野方で築16年が経過し、住宅の塗装メンテナンスを検討していた矢先に、台風でスレートが数枚割れてしまったというお客様です。被災してしまった下屋根は、スーパーガルテクトでカバー工法を行い、大屋根はサーモアイSiで塗装します。窯業系サイディング外壁の目地の劣化も進んでいましたので、外壁塗装と一緒にシーリング打ち替えも行いました。

ビフォーアフター

before
台風で下屋根のスレートが被災してしまった築16年になる邸宅
arow
arow
after
屋根・外壁塗装と屋根カバー工法を行った住宅

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 シーリング打ち替え その他 
使用材料
サーモアイSi
(クールディープグレー)
パーフェクトトップ
(H15-30D・ND-371)
スーパーガルテクト
Sシェイドブラック
築年数
16年
保証年数
10年
建坪
132.4㎡

点検の様子

下屋根のスレートが割れてしまっている様子
スレート ひび割れ

 下屋根のスレートは数枚、割れてしまっていました。大屋根も被災しているかと思われましたが、所々にひび割れが発生しているくらいでした。この程度でしたら、シーリングでの補修が可能です。被災状況が酷い下屋根は、カバー工法を行い、大屋根はひび割れ補修後、屋根塗装を行う流れになります。

目地のシーリングが破断
窯業系サイディング外壁 塗膜剥離

 こちらは外壁の様子です。目地のシーリングが破断しているのがわかります。これはシーリングの劣化症状ですので、打ち替え工事を行う必要があります。また、外壁の塗膜が剥離している様子も見られます。

屋根カバー工法(下屋根)

屋根カバー工法
屋根カバー工法

 下屋根は、カバー工法を行いました。棟板金を撤去後、防水紙を敷設し、上から新しい屋根材を葺いていきます。今回使用しましたのは、アイジー工業が製造・販売している「スーパーガルテクト(Sシェイドブラック)」です。様々な保証が付いていますので、工事から15年はほぼメンテナンス費用がかかりません。

屋根塗装(大屋根)

タスペーサーで縁切り
サーモアイSi クールディープグレー

 高圧洗浄で屋根に付着した汚れを除去し、タスペーサーを設置してスレートの小口に隙間を確保していきます。この隙間は屋根内部に浸入した雨水の逃げ道となります。タスペーサーで縁切り後、下塗り・中塗り・上塗りの順に塗装していきます。中塗りと上塗りには、遮熱塗料であるサーモアイSi(クールディープグレー)を使用しました。

白いのはひび割れ補修箇所です
サーモアイSi クールディープグレーで上塗り

 白くなっている箇所は、シーリング材を充填して、ひび割れ補修を行ったところです。中塗りの段階では、目立ちますが、上塗りを行ってしまえば目立たなくなりますので問題ありません。

目地の補修

プライマー塗布
シーリング材を充填

 シーリング打ち替え工事を行っていきます。既存のシーリング材を撤去し、綺麗にしましたらプライマーと呼ばれる下塗り材を塗布します。その後、新しいものを充填します。

シーリング材をヘラで均す
シーリング打ち替え完了

 充填したシーリング材をヘラで平らに均します。完全に乾かしてしまうと、養生テープを剥がすときに綺麗に剥がれませんので、ある程度乾きましたら、テープを剥がします。これでシーリングの打ち替えは完了です。

外壁塗装

パーフェクトトップ ND-371
パーフェクトトップ ND-371で窯業系サイディング外壁の塗装

 外壁はレンガ調とそうでない箇所で色を分けて塗装しました。こちらは、横縞模様の外壁を塗装している様子になります。パーフェクトサーフで下塗りを行い、ラジカル制御塗料のパーフェクトトップで中塗り・上塗りに分けて塗装しました。やさしい印象のグレーは、ND-371(色番号)になります。どんな色とも組み合わせやすく、ツートンカラーにも取り入れやすいのではないでしょうか。

パーフェクトトップ H15-30Dでレンガ調の外壁を塗装
パーフェクトトップ H15-30Dで塗装したレンガ調の外壁

 レンガ調の外壁は、ブラウン系で塗装します。こちらも同様、パーフェクトトップを使用しました。落ち着いて品のあるブラウンは、H15-30D(色番号)になります。

屋根・外壁塗装が竣工した住宅

 工事後の外観です。レンガ調の外壁の場合、ブラウン系を選択する人は非常に多いでしょう。しかし、色の濃淡によって与える印象は、それぞれ異なります。色のバリエーションが豊富な上に私たち、街の外壁塗装やさんでは、塗料の調合も行っておりますので、お気に入りの色が見つかるかと思います。また、タイル調やレンガ調の意匠の窯業系サイデイングで目地を塗りつぶしたくない方は、こちらのようにデザインを活かした塗装も可能です。
 現在では、コロナウィルスが流行しております。自主規制も出ておりますので、点検や工事がご不安な方も多いと思います。弊社では、コロナウィルスに対する対策も徹底しておりますので、ご安心ください。

街の外壁塗装やさん東東京

電話 0120-948-355
株式会社シェアテック

〒132-0023
東京都江戸川区西一之江
2-10-17

お問い合わせはこちら

街の外壁塗装やさん
多摩川支店

電話 0120-948-355
株式会社シェアテック

〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1

お問い合わせはこちら

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 中野区南台にて外壁塗装前調査、多数のクラックが入ったモルタル外壁にはエラストコートによる塗装をおすすめ!

 本日は中野区南台のお客様より承りました、外壁メンテナンスの調査の模様をお届けいたします。今回のお客様は今年で築18年目になるお住まいで、屋根・外壁とも本格的なメンテナンスを行ったことは一度もないと伺いました。最近になって外壁のひび割れがが… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 江戸川区新堀で外壁塗装工事のご相談、軒天の水染みの原因を調査

 江戸川区新堀で、築13年のお住まいのお客様より外壁塗装工事についてご相談を承りました。先ずは事前の建物調査を行うべくお宅の方にお伺い致しました。外壁は窯業系サイディングを使用しているお住まいでしたが、劣化は思いの外そうひどくありませんでし… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 小金井市緑町にて屋根と外壁の塗装工事前点検、25年経過して塗膜が劣化し苔が広範囲に繁殖

 今回は小金井市緑町のお客様より承りました、屋根と外壁の塗装前調査の様子をお届けいたします。今回ご紹介いたしますお客様は、今年で築25年目になるお住まいですが、今まで一部の外壁シーリングの補修工事のみ行ったことがあるそうですが、屋根、外壁と… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に