東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~17:30

メールでのお問い合わせ

北区東十条で3階建てのお家の外装をフルメンテナンス、外壁と屋根を塗装してバルコニーを防水工事


北区東十条のお客様から「3階建ての2階部分の小さな屋根から雨漏りが発生している」とご相談を承りました。点検を行ったところ、雨漏りの原因はバルコニーの床面の防水層の劣化で、下地から作り直す大規模な工事が必要な状態です。屋根と外壁も塗り替え時期に来ていましたので、併せて塗装も行いました。屋根は遮熱塗料、外壁は耐用年数が長い無機塗料で塗り替えを行っています。

ビフォーアフター

before
外装リフォーム前の3階建て
arow
arow
after
外装リフォーム後の3階建て

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 屋根塗装 防水工事 
使用材料
バルコニー:DSカラー,屋根塗装:サーモアイ4F,外壁塗装:スーパーセランフレックス
築年数
16年
施工期間
22日間
保証年数
外壁塗装15年
屋根塗装10年
バルコニー防水10年
建坪
47坪

点検の様子

床面が汚れたバルコニー
バルコニー床面の傷

「2階部分の屋根から雨漏りしているようだ」とお施主様はおっしゃっていましたが、どうもバルコニーの方が怪しいようです。表面がざらついており、そこに汚れが溜まって綺麗にならないとお施主様はおっしゃっていました。床面は既にひび割れている状態で、画像では分かりづらいのですが、大きく裂けている部分もありました。表面にガラス繊維が浮かび上がっているところから判断するとFRP防水のようです。

排水性能に不安がある排水口の位置
排水口のわきの雨樋

排水口は床面にではなく、立ち上がり部の側面に取り付けられていました。これ、うまく排水できずに床面に水が溜まることが多く、いつまでも雨水が溜まり続けていたのではないでしょうか。排水口からの排水路はベランダの壁面を貫き、外側の集水桝へとつながっていました。側面にある排水口から雨水はほぼ水平に流れていかなくてはいけないため、かなり無茶なレイアウトです。

バルコニー下の軒天
バルコニー下の軒天の漏水の跡

バルコニーの床下の軒天には雨染みもできていました。漏水が釘を錆びさせており、それが見える状態です。雨漏りによる雨染みも確認できますし、バルコニーの床は歩行すると凹みが感じられる状態です。

数種類の窯業系サイディングが使われているお住まい
外壁のひび割れ

続いて、外壁の状態です。外壁には複数の窯業系サイディングが使われていました。窯業系サイディングの目地の部分のシーリングがブリード現象を起こしており、染み出てきた可塑剤に汚れが付着し、黒くなっています。ブリード現象とは紫外線などでシーリング材が分解され。含まれていた可塑剤(柔らかさを保つ成分)が表面に染み出してくる現象です。

外壁には表面に小さなクラックがいくつかできていました。この程度なら問題はないのですが、ある部分だけに集中してできているのが気になります。

2階は黒いサイディング
風通しが悪そうな立地

2階部分には黒い石材調の窯業系サイデイングが使われています。こちらは日が当たりにくいためか、さほど傷んでいないようです。ただし、お家の周囲の犬走(コンクリートが打設された部分)には藻が発生しています。お隣との距離も近いことから風通しが悪いようです。

シーリングのブリード
ガスメーターの塗膜の剥がれ

日当たりの悪い部分のシーリングにも傷みが見られます。やはりブリード現象が起こっており、染み出た可塑剤に汚れがついています。ガスメーターの配管や固定金具には錆が出ています。こちらも綺麗ににしてあげたいところです。

カラーシミュレーション

外壁56 ベランダ62 屋根クールホワイト

外壁56 ベランダ62 屋根クールホワイト

外壁28 ベランダ53 屋根クールローズブラウン

外壁28 ベランダ53 屋根クールローズブラウン

外壁54 ベランダ57 屋根クールライトグリーン

外壁54 ベランダ57 屋根クールライトグリーン

外壁19-90F ベランダ19-80F 屋根クールビスケットブラウン

外壁19-90F ベランダ19-80F 屋根クールビスケットブラウン

外壁27-90F ベランダ27-90P 屋根クールクリーム

外壁27-90F ベランダ27-90P 屋根クールクリーム

外壁N-80 ベランダN-50 屋根クールミラノグリーン

外壁N-80 ベランダN-50 屋根クールミラノグリーン

外壁19-90D ベランダ19-50D 屋根クールマルーン

外壁19-90D ベランダ19-50D 屋根クールマルーン

外壁27-90F ベランダ19-70L 屋根クールクリーム

外壁27-90F ベランダ19-70L 屋根クールクリーム

外壁塗装を行うので、塗り替え後がどのようになるかをカラーシミュレーションで先取り体験いたします。用意したカラーシミュレーションは全部で8種類。お施主様は外壁を色番号19-90D、ベランダを19-50D、屋根クールマルーンのパターンをお選びになられました。現在はグレイッシュなブラウンなので、塗り替え後はライトブラウンにイメージチェンジされることになります。現在のブラウンを基調としたイメージチェンジです。

足場の仮設

足場の仮設

3階建ての建物の外壁塗装と屋根塗装、バルコニー防水となりますので、高所作業となる工程がいくつもあります。足場を仮設し、安全性と作業性を高めます。また、お施主様とそのご家族が出入りする際、通路となる足場の柱にはスポンジを被せ、養生しておきます。足場のパイプは突起物が多いので、うっかりぶつかっても怪我をしないように気を配ります。

雨漏りしているバルコニーの改修、FRP防水からウレタン塗膜防水へ

サンダーで切り込みを入れる

歩くたびに床面が沈み込むバルコニーを改修します。下地が大きく傷んでいることは間違いないので、そこから直していきましょう。まずはこれまでのFRP防水にサンダーで切れ目を入れ、撤去していきます。あまり、傷んでいなければよいのですが…

FRP防水層の切り取り
防水層を剥がして下地の撤去

FRP防水の一部を撤去しました。ここを起点に防水層を剥がしていきます。一部を剥がしてみましたが、下地の木部が傷んでおり、ボロボロです。傷んでいる下地を撤去していきます。

腐食部分と傷んだ部分の撤去
傷んだ部分の撤去完了

FRPの防水層を剥がしている部分を広げて、傷んでいる木材を取り除いているのですが、傷んでいる範囲の終わりが見えません。傷んでいる部分はかなり大きく、完全に取り去るためにかなり部分を剥がしまた。畳一畳分くらいでしょうか。ここまで拡げて、やっと傷んでいない部分までたどり着きました。

構造用合板の加工
強度を増すための増し張り

傷んでいた部分の新たな下地を作るため、構造用合板をそのサイズに合わせて加工します。構造用合板は言わば、丈夫な厚いベニヤです。床の下地としても使われるもので、人間がこの上を歩行しても問題ありません。構造用合板を取り付ける前にその下には木材を渡し、補強を入れておきます。

傷んだ部分の貼り替え
構造部分の貼り替え

下地を撤去した部分に構造用合板を嵌め込みます。ぴったりと収まりました。この上にさらに構造用合板を敷いていき、新たな下地とします。構造用合板が二重になったため、床の位置が少し上がりますが、床面はかなり丈夫になりますし、これで排水勾配を正しく取り直すことも可能になります。

シーラーの塗布
ウレタン防水1層目

新たな下地となる構造用合板の上にプライマーを塗布していきます。プライマーにはこれから流し込むウレタン塗膜を密着させるはたらきがあります。プライマーがある程度、乾燥したところでウレタン防水材を流し込み、防水層の1層目を形成します。

ウレタン防水2層目
トップコート塗布

ウレタン塗膜防水層の1層目が乾燥しましたら、2層目を流し込み、表面をなだらかにしていきます。これで防水層は形成されましたが、ウレタン塗膜防水は紫外線に弱いので、保護するためトップコートを塗布します。今後のお手入れとして、トップコートを定期的に塗布しておけば、耐用年数も長くなります。

バルコニー防水完了
バルコニー床面の清掃

トップコートが乾いたら、バルコニーの防水工事は完了です。新たに下地を作り直すという大規模な防水工事となりましたが、室内の下地を腐食させるような漏水の仕方ではないのが幸いでした。バルコニー床面の下の軒天の変色していた部分も張り替えました。これで雨漏りに困ることはありません。

塗り替え前の屋根と外壁の高圧洗浄

屋根の高圧洗浄
屋根の高圧洗浄

屋根塗装と外壁塗装を行うので高圧洗浄を行います。洗浄といっても、水道水で汚れを洗い流すだけなのですが、エンジンなどの発動機でその水を加圧しているので、その水流はすさまじいものです。1

平方センチに150kg以上の水圧をかけられますので、汚れの他、古い塗膜も削ぎ落とされていきます。

棟板金の釘の打ち込み
継ぎ目のシーリングを刷新

屋根塗装を行う前に棟板金の補修を行います。釘が浮いている部分があったので、打ち込んで直しました。また棟板金の継ぎ目の部分のシーリングも刷新しました。棟板金を固定している釘にはすべてシーリングで処理をしました。これで釘が緩みにくくなりますし、そこから雨水が入ることも防げます。ちょっとした手間をかけることによって、これまでよりも強風に強い棟板金にすることも可能なのです。

サーモアイシーラーで下塗り
タスペーサーの挿入

今回は遮熱塗料のサーモアイで塗装しますので、専用のシーラーをスレート屋根に塗布していきます。サーモアイ専用のシーラーは資料を密着させるだけでなく、この下塗り材自体にも遮熱機能を備えています。上塗り層や中塗り層を通過してきた赤外線を下塗り層で反射し、屋根の蓄熱を防ぐのです。

クールチェリーブラウン
雪止めと棟板金への塗装

今回はサーモアイシリーズの中でも最も耐用年数が長いフッ素塗料のサーモアイ4Fを使用します。画像の色見本ではサーモアイヤネガードとなっていますが、サーモアイ4Fです。サーモアイヤネガードと色が共通ですので、こちらの色見本を使用しております。

サーモアイ4F
中塗り

サーモアイ4Fは塗料を乾燥・硬化させるために硬化剤を混ぜて使う2液型塗料です。画像のサーモアイ4Fの隣にあるものはデジタル量りです。しっかりと重さを量って規定通りに混ぜ合わせなければ、いくら高性能な塗料でも、その性能を発揮できないのです。色はクールチェリーブラウンを選びました。

竣工、遮熱塗料によるスレート屋根塗装

屋根塗装完工

遮熱塗料による屋根塗装が完了しました。サーモアイシリーズなど遮熱塗料を使用した場合の室内の温度低下は約3度程度というデータが出ています。室温33℃が30℃になってもそれほど涼しくないと思いますが、30℃が27℃になればかなり涼しいですよね。エアコンを完全に停止できるわけではありませんが、その稼働時間と稼働量を確実に減らせるのが遮熱塗料です。一説には蓄熱が多いコンクリートやアスファルトをすべて遮熱塗料で覆ってしまえば、都市部のヒートアイランド現象の大部分は解消されると言われています。

超耐候塗料スーパーセランフレックスによる外壁塗装

外壁塗装下塗り
下塗り、ワイドシーラー

お隣りとの距離が近く、足場を仮設するのにもいろいろと苦労がある都内をはじめとした都市部、そんなことから都市部では「できるだけ建物のメンテナンスを少なくしたい」という方も多く、耐用年数の長い塗料を選ぶ方が増えてきています。今回のお施主様もそのような考え方の持ち主で、耐用年数の長い無機塗料をお選びになられました。無機塗料の中でもスーパーセランシリーズは耐用年数が特に長く、四半世紀にも及びます。まずはスーパーセランシリーズを製造販売しているダイフレックス社の下塗り剤、ワイドシーラーで下塗りです。

見本の塗り板

お施主様に色合いをご説明するためにダイフレックス社から実際に使用する塗料を塗った塗り板を事前に取り寄せました。外壁塗装をする際はこの塗り板を外壁を当てたり、日向や日陰で見たりすると、塗り替え後のイメージがより具体的になるのではないでしょうか。カラーシミュレーションと併用することをお勧めします。今回使用するスーパーセランフレックスはこれまでのスーパーセランシリーズよりも塗膜が柔らかいことが特徴です。目地のシーリング材の上に塗った塗料のひび割れを防ぐように開発された製品です。

そのスーパーセランフレックスで中塗りと上塗りを進めていきます。外壁が違う色になっていくのは塗り手側の私達にとっても楽しいものです。スーパーセランフレックスは彗星なので、臭いも少ないのが特徴です。できるだけメンテナンスまでの期間を長くしたいという都市部や人口密集地では今後、主流になっていくのではないでしょうか。

外壁塗装、完了

スーパーセランフレックスによる外壁塗装が完了しました。光の加減によってはペールライトブラウン、またはピンクベージュにも見える温かみのある素敵な色に仕上がりました。塗っている途中でもお施主様から「素敵な色ね」というお言葉をいただきました。

付帯部の塗装

ファインパーフェクトトップ
破風板の塗装

破風や鼻隠し、雨戸や戸袋といった付帯部をファインパーフェクトトップで塗っていきます。塗る場所や素材を選ばず、さまざまなところに使える上に耐用年数も期待できるというのがファインパーフェクトトップです。1液型の弱溶剤塗料で、ラジカル制御機能を備えており、コストパフォーマンスも高いのが特徴です。窯業系の素材が使われていた破風を塗装しました。

雨戸の塗装
軒天の塗装

雨戸もファインパーフェクトトップで塗装しました。塗料に含まれる色付け成分である顔料の酸化チタンは紫外線に当たるとラジカルを発生させます。このラジカル、質が悪いことに強アルカリ性で塗膜をどんどん破壊していく性質を持っています。そのラジカルの発生を抑えるのがラジカル制御塗料なのです。軒天はケンエースで塗装しました。塗装は塗り終わったら、乾くまで他の部分を塗るということも多いので多少、工程が前後しています。軒天は外壁塗装する前に塗り替えました。

竣工、バルコニー防水・屋根塗装・外壁塗装での外装のフルメンテナンス

外装フルメンテナンス、完工

今回はメンテナンスが必要とされるバルコニー・スレート屋根・窯業系サイディングボード、外装のほとんどの部分をメンテナンスしました。屋根と外壁に関しては塗り替え時でしたが、バルコニーに関してはもっと早くメンテナンスしていれば下地からやり直す防水工事にはならなかったでしょう。こちらの外観の画像を見てみれば分かるように、2階のバルコニーは面積も広いので、特に気を付けたい部分でした。雨漏りなどの異変はすぐに対応するようにしましょう。放置すれば、するほど、それだけ費用がかかることになります。

街の外壁塗装やさん東東京

電話 0120-948-355
株式会社シェアテック

〒132-0023
東京都江戸川区西一之江
2-10-17

お問い合わせはこちら

同じ工事を行った施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 稲城市矢野口にて築18年のモルタル外壁塗装工事のご紹介!エラストコートで見違えるほどきれいな仕上がりに

本日は稲城市矢野口のお客様の外壁塗装工事の模様をお伝えいたします。 お客様は今年で築189年、今回が初めての塗装メンテナンス工事ということで、外壁の汚れや苔が目立つようになり、今回の塗装工事となりました。 塗装前の下準備といたしまして、足場… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 日野市落川にて屋根・外壁塗装工事前の点検、スレートには遮熱性の高いサーモアイSiを、外壁には微細クラックに強いエラストコートをおすすめ

本日は日野市落川のお客様より承りました、屋根と外壁の塗装調査の模様をお伝えいたします。 今年で築15年目を迎えるという今回のお客様ですが、台風被害に遭われたご近所の方が最近屋根メンテナンスを行ったとの事で、今回特に屋根の破損や雨漏りなどなか… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 北区王子で築15年のお住まいの屋根、外壁の建物調査、塗装工事の実施時期です

北区王子で建てられて15年のお住まいのお客様より、屋根と外壁の塗装工事をそろそろ検討したいとのご相談を受け、先ずは状況次第と言う事で現地調査にお伺い致しました。 スレート屋根です。このくらいの年数になると、どちらのお住まいでもそうですが表面… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~17:30
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に