東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ

葛飾区細田でALC外壁の塗装工事のご相談、現地調査を行いました


 葛飾区細田でパワーボード、通称ALCと呼ばれる外壁の建物で、オーナー様より外壁塗装工事のご相談を承りました。現地調査にお伺いすると、全体的に色褪せや汚れ、何よりもところどころに亘りシーリングの割れが見受けられる状況でした。

ALCの外壁調査

外壁の汚れや色褪せ
 建物自体は約30年を経過している建物で、何回かの塗装を始めとする修繕工事を行っている状況です。しかし全体的に年数を経過している分の色褪せや汚れが見受けられると共に、塗装自体の防水性の低下が感じられる状態です。お話を進めていくと、風雨の強い際は雨漏りが発生してしまうとのお話も有りました。

シーリングに割れが発生

縦横ともシーリングに割れ
横目地の割れは水の進入経路になり得ます
 劣化の顕著な箇所としてはこの縦横の継ぎ目部分になります。このALCの外壁の場合、この継ぎ目シーリングの劣化に伴って雨漏りが発生するケースをよくお見受け致します。特に横目地の大きめの割れは水が入り込んでしまうと、そのまま下に流れて直下や鉄筋を経て各所への雨漏りに繋がる可能性が有ります。

雨漏り原因の可能性

窓上のシーリングの割れ
取り付けビスの穴が塞がっていません
 このように窓枠から上のシーリングにも割れが有り、この割れの上部から入ると内側の窓周りに落ちた水が、状況次第ではお部屋内に水が出て来てしまう事も有り得ます。更に過去に外壁に取り付けていた物を撤去した際の穴なども塞いでおかないと水の進入口になり得ます。今回調査を行い、シーリングや開口になっている箇所の補修をしっかり行った上で外壁の塗装される事が重要である事をお伝え致しました。私たち街の外壁塗装やさんでは現在も引き続きコロナ対策を継続しお客様の下へ工事、調査にお伺いしております。ご相談レベルでも構いませんので、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。

街の外壁塗装やさん東東京

電話 0120-948-355
株式会社シェアテック

〒132-0023
東京都江戸川区西一之江
2-10-17

お問い合わせはこちら

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 江戸川区西葛西で外壁塗装工事、主剤をしっかり密着させる為下塗りを2度入れました

 江戸川区西葛西で外壁塗装工事を行っております。築年数約20年のお住まいで、リシン吹きの外壁の塗装工事となります。高圧洗浄作業を行いましたが、どうしても年数分の汚れが落としきれないところも有りました。通常3工程の塗装作業ですが、密着性を高め… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 江戸川区西葛西で外壁塗装工事を施工中、本日はシーリング工事を行いました

 江戸川区西葛西で外壁塗装工事を施工中です。こちらはサイディングを使用したお住まいとなりますが、足場架設から高圧洗浄作業を経て、塗装工程の前にシーリング工事を行っております。シーリング工事と言うと縦目地等の所謂撤去、打ち換え作業が一般的とな… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 練馬区関町南にて築24年になる屋根・外壁調査、クラックが発生している外壁にはエラストコートによる塗装工事をおすすめ

 それでは実際に屋根に上って調査してみます。屋根は化粧スレートを使用しています。化粧スレートはセメントをベースとして繊維を混ぜて作られた屋根材です。元々がセメントベースですので熱には強いのですが防水性が備わっていません。雨水などから守るため… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に