東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-60-7774

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

北区東十条にて水溜まり被害が酷いベランダ下地の腐食部を撤去


汚れて水捌けが悪くなったベランダ

北区東十条でのベランダ野地板の腐食部分の撤去致しました。その様子をご紹介致します。皆様、上の画像のように、ベランダ部分に水溜まりが出来てるのをご覧になったことがあるでしょうか? 私が以前、住んでいた賃貸マンションもひどい水溜まりがよくできていました。この水溜まりの原因って色々あります。まず考えられるのがベランダの勾配がうまく取れていないこと。でも、それは建てた時に勾配を基準に沿ってつけているのでレアなケースです。一番多い原因は排水口などの詰まりです。排水口などの詰まりは頑固なものでなければ一度、掃除をすればすぐ水が流れるようになります。しかし、防水機能が低下している状態でベランダに水が溜まると、屋内へ浸入する可能性が高く、雨漏りの原因にもなるんです。

防水機能の低下が著しく見られたので下地をチェック

ベランダの防水層に切れ目を入れる
防水層の一部をカット

点検を行った際、こちらのお宅ではベランダ部分の防水機能の低下が著しく見られたので下地の状態も心配になりました。歩くと床の柔らかい感触が伝わってくるのです。お客様の許可を得て、既存の防水層に切れ目を入れて捲り、下地を見てみます。防水材の下にある床面にもクラックが入っておりました。

下地の腐食

既存下地撤去
既存下地撤去

いざ開けて見てみると、下地の一部分は写真の様に腐食していてボロボロでした。ここまで腐食をしていたら、その上に防水工事をすることはできません。強い負荷がかかれば容易に穴が開いてしまう程腐食が進んでいます。

水溜まりも下地まで影響してなければ排水口の掃除だけで解消することもできますが、下地まで雨水が浸透していると厄介です。そうならない為にも定期的な防水工事は必要となってきます。次回は撤去した腐食部分に新たに下地を取り付けて復旧する様子をご紹介致します。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 北区東十条にて排水不良から下地が腐食したベランダをウレタン塗膜防水で復旧

北区東十条にてベランダのウレタン塗膜防水を行っています。前回の工事では下地の復旧まで終了しましたので、今回はウレタン塗膜防水を行います。使用した防水材はダイフレックスのDSカラーゼロという製品です。ダイフレックスというと、驚異の耐用年数を誇… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 千代田区神田神保町で剥がれてきたバルコニーの床を調査

「バルコニーの床がパリパリと剥がれてきている」と千代田区神田神保町のお客様からご相談を承りました。お電話でお話を聞いた限りでは3階建てでそのバルコニーの床面だそうです。現在、雨漏りなどはしていないということなのでちょっとは安心しましたが、ど… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 板橋区徳丸にてバルコニーの防水点検でFRP防水のトップコートの剥がれを発見

板橋区徳丸で3階建てのお家にお住まいのお客様から「2階のバルコニーの床の表面が剥がれてきたのと排水路の流れが悪いので見てほしい」とご相談がありました。3階部分にもバルコニーはあるのだが、調子が悪いのは2階部分だけだそうです。 お客様のおっし… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に