東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

豊島区高田で塗り替えメンテナンスの前の建物点検、横張り調のサイディングは水分の滞留に要注意


「最近、家の外壁の塗装がよく剥がれるようになってきたので、点検して欲しい」と豊島区高田のお客様からご相談を承りました。外壁の塗装がよく剥がれるようになってきたというのは、どのような状態なのでしょうか。かなり心配な病状です。

スレート屋根

まずは屋根から点検していきます。スレート屋根の典型的な傷み方をしています。藻や苔が繁殖し、枯れたあとにそれを栄養源とするカビが生える… これを何回も繰り返してきたのでしょう。藻が生えたときは緑、苔が生えたときは緑やオレンジ、カビが生えたときはグレーや黒になります。

不思議な棟板金の錆

棟板金が錆びている
鳩小屋

棟板金にを固定している釘が緩んでいるのはいいとして、棟板金の一部が錆でいます。棟板金のほとんどはガルバリウム鋼板から作られており、滅多なことでは錆びません。それほど古いお住まいには見えないのですが… 塗装に合わせて交換した方がいいですね。

横張り調のサイディングは水切れが悪いことを忘れずに

外壁の傷み
サイディングの傷み

塗装が剥がれやすくなってきたという外壁です。板を横貼りしたようなデザインの窯業系サイディングです。板を横貼りしたようなデザインの窯業系サイディングはどうしても水平方向に窪みができるため、そこに水分が滞留しやすくなります。水分はほとんどの建材の天敵です。画像を見れば分かるとおり、水分が滞留しやすい部分やその周辺での塗膜の剥がれが多くなっています。早急に塗り替えた方がよい状態です。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 練馬区桜台にて築30年になるモルタル外壁をカンペ1液MシリコンHGにて塗装いたしました

本日は練馬区桜台にて外壁塗装工事を行った模様をお伝えいたします。今回のお客様のお住まいは今年で築30年目、数年前から外壁の汚れが目立つようになり、塗装メンテナンスのご相談を承りました。拝見させていただきましたところ、お客様のモルタル外壁には… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 足立区梅島で築15年のスレート屋根の塗装依頼、点検調査にお伺い致しました

足立区梅島で建てられてから15年のお住まいのお客様より「未だお手入れをしたことが無いので、そろそろ屋根塗装工事を考えています」とのご依頼が有り早速点検調査を行いました。と言うのもこの年代のスレート屋根の場合、アスベストの入っていない材料とな… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 江戸川区新堀で屋根塗装、タスペーサーを使用して雨漏り防止

江戸川区新堀で屋根塗装及び外壁塗装工事を実施しております。本日の工程は屋根塗装工事となります。今回のお住まいは外壁塗装工事及びシーリング工事がメインとなりますが、施工面積が少ないですがスレート屋根部分もあります。屋根塗装工事ならではの気遣い… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に