東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ

東京都中央区佃でスレート屋根の塗装前点検で原因不明の割れを発見


歩行可能な屋上でも備えていない限り、ご自分で点検なさる際に死角になりやすいのが屋根の上です。地上からは見にくいし、全く見えないというお家も存在します。先日、中央区佃で行ったスレート屋根の塗装前点検では屋根の上で大変なことが行っていました。

スレート屋根

これが問題のスレート屋根です。苔や藻の発生もなく、やや色褪せているくらいで、この画像では不具合は全くなさそうに見えます。このくらいの状態の時に塗り替えを行えば、耐用年数もかなり伸びそうな印象も受けます。しかし…

一箇所だけ大きく割れて釘が見えている

水平方向に割れている

一箇所だけ割れており、割れた部分は行方不明になっていました。他の部分は全く問題ないのに、ここだけ何故か横方向に割れており、下のスレートを固定している釘が露出しているのです。日焼け具合から見てみると、スレートが重なっていた部分と重なっていない部分の色の差があまりありませんから新築後、かなり早い段階で割れて、露出していたことが分かります。

原因は施工不良による踏み割れか

露出している釘
1枚割れている

よく観察してみますと釘が少し浮いていることが分かります。スレートは4~5mm程度の厚さのものですから、こういった段差があるところに重ねられたものを踏んでしまうと簡単に割れてしまうのです。釘を最後まで打ち込まず、その上を踏んでしまい、大きくひびが入り、その後に完全に割れてなくなってしまったのではないでしょうか。スレート屋根材の割れはほとんどの場合、施工時の踏み割れが原因という人もいますから、その可能性は高いと思われます。屋根塗装はこの部分を差し替えてからとなります。お客様に写真とともに伝えたところ、大変、驚かれていました。現在、雨漏りはしていないそうなので、悪影響がでないうちに工事することをお勧めしました。

街の外壁塗装やさん東東京

電話 0120-948-355
株式会社シェアテック

〒132-0023
東京都江戸川区西一之江
2-10-17

街の外壁塗装やさん東東京支店

お問い合わせはこちら

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 世田谷区喜多見でトタンの瓦棒葺き屋根を塗装工事でメンテナンスします

  世田谷区喜多見で金属屋根の塗装工事をおこないます。  トタンの瓦棒葺き屋根は、過去に何度か塗装工事をおこなったそうですが、塗膜が傷み始めて浮いている部分やサビも広がり始めていました。トタンのサビを放置してしまうと穴が空いてしまい雨漏りし… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 多摩市桜ケ丘でマンションの折板屋根を遮熱塗料のサーモアイSiで塗装します

 多摩市桜ケ丘で屋根塗装工事をおこなっています。  以前に塗装工事をおこなってから大分年数が経過したという事で、屋根塗装工事をおこなう事になりました。マンションの屋根は金属を山谷の形状に折り曲げて作られている折板屋根が葺かれています。  金… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 小金井市前原町でコケが付着したスレート屋根を屋根塗装工事で綺麗にします

 小金井市前原町で屋根の塗装工事をおこないます。  スレート葺き屋根は定期的に塗装工事でのメンテナンスが必要な屋根材で、塗装工事をおこなわないとスレート自体の劣化に繋がってしまいます。新しい屋根材の内は表面の塗膜が活きていますので雨水を弾き… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に