東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ

葛飾区で雨漏りによる外壁の塗膜の膨れと剥がれ


「最近、雨漏りがはじまり、その所為なのか外壁もぶよぶよしてきた」というご相談を葛飾区のお客様からお受けしました。外壁がぶよぶよしてきたということは外壁からの雨漏りなのでしょうか。街の外壁塗装やさんは雨漏りを止めることも得意としていますので、まずは調査してみます。

ドーマー

屋根にドーマー(鳩小屋とも呼ばれる)が設けられており、そこの一部の塗膜がボロボロになっています。その原因はすぐに分かりました。誰がやったのかは分かりませんが、間違ったアンテナ線引き込み工事がされています。

塗膜の剥がれ
塗膜の剥がれの下のアンテナケーブル

アンテナ線を伝って雨水が室内に入り放題

塗膜がボロボロになっているその下を見ると、アンテナ線が室内に引き込まれています。それはいいのですが、このアンテナ線の引き込み角度だと、ケーブルが下ったままですので、伝った水が室内に入り込み放題です。普通はアンテナ線を弛ませて適切な場所に固定し、U字にして引き込みます。U字にすることによって室内への入る直前にのぼり勾配となりますから、雨水はそれ以上、アンテナ線を伝うことができずに落下していきます。

塗膜の膨れ
塗膜の膨れと剥がれ

モルタル外壁にも水染みている模様

雨漏りの影響は外壁にも出ていました。お客様のお家はモルタル外壁で、その塗膜が不自然に膨らんでいます。モルタルに染みた水分が水蒸気になり、塗膜を膨らませているのでしょう。既に膨れが破れており、下地が見えている場所もあります。まずは雨漏りを解消しなくては外壁も直せませんので、取り敢えずはアンテナ線の引き込む位置を変えることからはじめないといけません。雨漏りは室内だけでなく、外側の外壁にも悪影響を与えるのです。

街の外壁塗装やさん東東京

電話 0120-948-355
株式会社シェアテック

〒132-0023
東京都江戸川区西一之江
2-10-17

街の外壁塗装やさん東東京支店

お問い合わせはこちら

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 江戸川区西一之江で屋根、外壁塗装のご相談を頂き点検調査を行いました

 江戸川区西一之江で建てられてから20年を過ぎたお住まいのお客様より「そろそろ塗装工事を検討したいので一度建物の点検調査をお願いしたい」とのご相談承り、早速現地へお邪魔させて頂きました。やはり年数を経過している部分も有りましたので、所々にお… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 杉並区松ノ木にて外壁塗装の調査、塗膜が劣化した窯業サイディングは藻が繁殖、目地のシーリングも劣化によりひび割れが発生!

 今回は杉並区松ノ木にご在住のお客様より「築15年になるので、そろそろ外壁のメンテナンスを考えている」というご相談を承りました。築15年目になるというお客様のお住まいは、今まで特に大きなメンテナンスは行ってこなかったとの事ですが、具体的に雨… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 練馬区高松にて外壁塗装工事前の調査、築19年目のモルタル外壁には多数のクラックが発生していました

 本日は練馬区高松のお客様より承りました、外壁メンテナンスの調査の模様をお届けいたします。今回のお客様は今年で築19年目になるお住まいです。これまで屋根・外壁とも塗装メンテナンスを行ったことは一度もないと伺いました。築20年を迎えるにあたり… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に