東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-60-7774

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

墨田区にてALC外壁を耐用年数24年超のスーパーセランフレックスで塗装しました


墨田区のお客様は外壁がALCで出来ています。前回の塗装は15年以上前で、ついに壁からの雨漏りが始まってしまったそうです。漏っているのは窓の周りとの事。ALCの外壁によくある雨漏りのタイプです。ALC外壁同士の継ぎ目や窓廻りのシーリングの劣化が原因となることの多い症状です。かといってシーリング工事だけでは足場が勿体ないので外壁も塗装工事を行います。よくみると外壁のALCにもひび割れが発生している部分もあるので良いタイミングでしたね。

ALC外壁の角の部分に大き目のヒビ割れが起きています。足場を掛けないと詳しい状況が見れないのも悩ましいところですが、シッカリと対処していきます。

お客様のご要望で、極力長持ちさせたい、というご要望がありました。そこで今回のALC外壁塗装に選んだのはダイフレックス社の「ダイヤスーパーセランフレックス」という超高対候・超低汚染型変成無機塗料です。

もともとからある超対候・超低汚染型変成無機塗料であるスーパーセランシリーズからの派生商品ですが、2017年に「水性 柔軟・透湿タイプ」として発売された新しい塗料です。無機塗料の特徴である「硬い」が「劣化しにくく」「汚れにくい」という要素に「柔らかく」「割れにくい」という要素を取り入れた夢のような塗料で、ALC外壁など柔軟性の求められる素材に対してより適応できるように開発されました。そんな夢のような仕様になりながらも耐候性は全く変わらないので今回の塗装工事に強くオススメした次第です。

ALC外壁への塗り替えには、専用の下塗り塗料を使用していきます。無機透湿微弾性フィラー「ダイヤセラトーシツプラス」です。下塗りを行った後に、スーパーセランフレックスを二度塗り重ねて仕上げます。

初期コストはもちろん通常の塗料よりは高くなります。でも考えてみてください。通常のシリコン系塗料が10~15年の期待耐用、スーパーセランフレックスが25年程度の期待耐用ですが塗装費用(材料代+作業費)は倍にはなりません。

足場のコストがかかるような大きな建物だったり、狭小地のお客様には絶対オトクだと思いますよ!

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 足立区中央本町で外壁塗装中、軒天換気口の錆止めにサビキラープロで対応

足立区中央本町で外壁塗装工事を行っております。壁の塗装に入る前に、お客様の家の軒周りをグルっと回っている軒天換気口の処理を行っていきます。軒天換気口はどうやらスチール製のようで表面の塗膜にサビが発生してきておりました。今までもこのようなサビ… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 足立区中央本町でサイディング塗装前のコーキング工事、もちろんイクシードを使用します

足立区中央本町でサイディング外壁への塗装工事が始まりました。洗浄を終了させ一日置いてからのサイディング目地コーキングの工事です。目地部分は基本打ち換えを行います。古くなった目地コーキングをカッターナイフの特殊な形をした工具を使用して既存目地… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 江戸川区上篠崎でグレー系にまとめた屋根外壁の塗り替え工事を実施中

江戸川区上篠崎のお客様の屋根外壁塗り替え工事を実施中です。既存は明るめのレンガブロック調のサイディングボードが一階に貼ってあり、中間幕板を挟んでスタッコ調のサイディングボードが二階に貼ってあるお家です。一階と二階のサイデイングの間には幕板が… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に