東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-60-7774

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

モルタル外壁に多いお悩み、ひび割れについて|荒川区


「窓枠のまわりの外壁がひび割れてしまっていると思うので点検して欲しい」というお問い合わせを荒川区にお住まいのお客様より承りました。

モルタル外壁のお家にお住まいの方に多いお悩み、ひび割れ。
モルタル外壁と言えば、意匠性に優れておりサイディングに比べてオリジナル感が出しやすいというメリットがありますが他の外壁に比べてひび割れがしやすいというデメリットもあります。
本日は、点検時の様子と、モルタルのひび割れの原因をご説明致します。

ひび割れの原因

実際にお問い合わせをしてくださったお家に点検に伺いますと、確かに窓枠に沿ってヒビが入ってしまっていました。
モルタル外壁は、調合する材料の組み合わせを変えることで耐久性や仕上がりを自由に調整することが出来ます。
セメントが材料に含まれているため非常に丈夫なイメージが付きやすいですが、モルタル自体は防水性機能が低く、塗装を行う事で防水性を持たせているのです。
ですから、塗装が劣化していくと、防水性も少しずつ失われていきます。そうすると、徐々に水分を吸収していき、ひび割れなどの様々な劣化症状を引き起こしてしまいます。
劣化症状をそのまま放置してしまうとお家自体の寿命が短くなってしまいます。ですので、お住まいの長持ちさせるためにも塗装などの外壁のメンテナンスをしっかり行う事が大切になってきます。

補修方法

ひび割れにも種類がありますが、今回点検に伺ったお家のひび割れは、幅0.3mm以上深さ4mm以上のひび割れで、構造クラックと呼ばれるものでした。
構造クラックは雨水が入り込む危険性があり、お家内部の金属を錆びさせてしまう原因にもなりかねます。こういった場合は早急に補修を行う必要があります。
構造クラックの場合は、弾性のある充填剤などを塗りこんで対処します。
ひび割れに沿って外壁をカットしその溝内にシーリングなど弾性のある充填剤を入れていくのです。

また、お客様の伺った所前回の塗装から12年ほど経っているという事でしたの、補修を含め、外壁塗装のご提案もいたしました。
モルタルの外壁はひび割れが起こりやすいことから弾性塗料を使用することが一般的です。
モルタル外壁は特に防水性の低い外壁です。
防水効果が切れる前に定期的なメンテナンスを行うようにしましょう。

同じ工事を行った施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 足立区で築半世紀の工場からのリフォーム依頼、どう直す?

足立区に工場を構えてはや半世紀、ちょうど50年の節目ということでリフォームが計画され、その依頼が街の外壁塗装やさんに舞い込みました。屋根も外壁も大波スレートという昭和レトロ満載の工場です。ある世代の方達には懐かしささえ感じる建物です。私の家… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 葛飾区で外壁塗装前の調査、汚れが目立たない外壁のデメリット

葛飾区にお住まいのお客様から「外壁塗装を検討しているのでお見積もりしてほしい」とご相談があり、本日はそのお見積もりのために調査を行いました。お客様のお家の外壁はタイル調の窯業系サイディングで清潔感のあるグレーです。お話をお伺いしたところ、築… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 葛飾区で雨漏りによる外壁の塗膜の膨れと剥がれ

「最近、雨漏りがはじまり、その所為なのか外壁もぶよぶよしてきた」というご相談を葛飾区のお客様からお受けしました。外壁がぶよぶよしてきたということは外壁からの雨漏りなのでしょうか。街の外壁塗装やさんは雨漏りを止めることも得意としていますので、… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に