東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

世田谷区東玉川で関西ペイント「アレスダイナミックトップ」を使った外壁塗装を行いました


 世田谷区東玉川にお住まいのK様より、雪の被害にあった雨樋の交換工事のご用命をいただきました。雨樋修理には火災保険が適応できたため、せっかく足場をかけて工事をするなら、雨樋交換と一緒に外壁の塗装もお願いしようかしらとご依頼をいただき、雨樋交換と併せて外壁塗装工事も行わせていただきました。もともとの外壁もベージュ寄りのキレイな外壁でしたが、最後に塗装してから10年以上が経過しているとのことで、塗装の劣化も少々見受けられる状態でした。

 

 塗装の色は今とあまり変えない塗装をご希望で、塗料に関する指定は特にないという状況でした。安くて耐用年数の長いおすすめ塗料はないですかとのことでしたので、関西ペイントの「アレスダイナミックトップ」という塗料をおすすめさせていただきました。こちらはラジカル制御型塗料と言われる最近流行りの塗料で、シリコン系の塗料と同程度の価格帯でありながら、フッ素系塗料に匹敵する耐用年数を併せ持つ優れた塗料です。期待耐用年数はなんと15年とも言われています。再塗装までのサイクルを長くすることができるため、長い目で見た際のコストパフォーマンスの面でも優れています。

 

 今と雰囲気はあまり変えないような色でアレスダイナミックトップによる塗装をさせていただき、無事に完工を迎えることができました。期間中雨が多く、工期が一週間ほど延びてしまいましたが、最終的にはとても綺麗に仕上がり、K様にも大変喜んでいただけました。

ビフォーアフター

before
塗装前の外壁
arow
arow
after
塗装後の外壁

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 
使用材料
関西ペイント アレスダイナミックトップ KP-110
築年数
30年
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明 
施工期間
23日間(雨樋交換・防水工事込み)
保証年数
5年
建坪
不明

点検時の様子

苔の生えた外壁
苔が生えた外壁

 世田谷区東玉川にお住まいのK様より、雨樋に関するご相談をいただいたことが今回の工事のキッカケでした。2018年の大雪で雨樋が曲がってしまったそうで、火災保険を使って修理ができないでしょうかといったご相談でした。申請対象となるか否かの判断等を含め調査にお伺いし、結果的に火災保険に申請をすることになりました。少々お時間はかかりましたが、無事に申請が通り雨樋を火災保険で修理ができるようになったタイミングで、せっかく工事で足場を架けるならば一緒に外壁塗装もできないでしょうかとご相談をいただき、今回の塗装工事をさせていただく流れとなりました。足場の設置費用も20万前後してくるので、工事の度にかけているとトータルの費用が嵩んできます。そのため、今回のように火災保険で足場を設置できるようなタイミングがあれば併せて工事を行うことはとてもおすすめです。

アレスダイナミックトップ
アレスダイナミックフィラー

 塗料の選定では安くていいものをおすすめしてほしいとのことでしたので、関西ペイントの「アレスダイナミックトップ」をおすすめさせていただきました。左の写真が中塗り・上塗り用の塗料で、右のものは下塗り用のアレスダイナミックフィラーです。下塗り材は上塗りの塗料との相性が悪いとしっかりと塗装が定着しない等の心配が出てきますが、アレスダイナミックトップは専用の下塗り材がセットになっているので安心です。

 

 塗料にはグレードというものがあり、最も良いものはフッ素系の塗料とされています。その下がシリコン、ウレタン、アクリルと続くのですが、このアレスダイナミックトップはフッ素とシリコンの中間に位置していると言われています。塗料の劣化の原因となる物質を抑制するように作られており、期待耐用年数はフッ素に匹敵する15年程と言われています。それでいながら価格はその下のシリコンと同程度ですので、正に安くて良い塗料と言うにふさわしい塗料です。

 

 職人さんが作業するにあたって、塗りやすい塗料・塗りにくい塗料というものがあるのですが、現場の職人さんに話を聞くとアレスダイナミックトップは塗りやすくて好きだという声を聞くことが多いです。職人さんの作業の効率もよくなるので、工事の進みもスムーズになります。どの塗料を使いたいかよくわからないという方には、自身をもっておすすめいたします。

工事スタート

高圧洗浄機
外壁を満遍なく洗浄

 塗料の色や工事日の調整を行い、いよいよ工事開始となりました。初日は足場の設置のみで1日が終了いたします。足場設置の際は金属同士がぶつかる大きな音がしますので、工事前の近隣の方々への挨拶も弊社でしっかりと実施させていただいています。ご近所への配慮も大事な工事の要素の一つです。

 

 塗装工事の初日は高圧洗浄から始まります。高圧洗浄の機械はガソリンを使ったエンジンで動かすため、こちらも大きな音が発生します。外壁を満遍なく塗装して、汚れをしっかりと落としていきます。この工程を省いてしまうと、新しく塗る塗料がしっかりと外壁に馴染まずに、劣化が早まったりする原因にもなるため大事な作業です。高圧洗浄だけでも長年の汚れが取れて外壁がスッキリするため、お客様に喜んでいただけることが多いです。

まずは下塗り

鉄部の下塗り
下塗りの風景

 高圧洗浄が終わったら塗装する部分、しない部分、塗り分ける部分を分けるために養生を行います。大きなお住いなどでは養生だけで1日が終わることもあります。塗装の仕上がりを作用する大事な作業です。養生が終わったらいよいよ塗装が始まります。塗装は基本的に3回塗りがメーカーからも推奨された塗り方となっています。同じ塗料を3回塗ると思われている方も多いのですが、1回目の塗装では下塗り用の専用塗料を使うことがほとんどです。これにはいろいろな理由があります。最初の塗装は外壁が吸い込む塗料の量が多いため、吸い込みを防止する目的であったり、目的の塗料をしっかりと外壁に馴染ませる効果があったり、既存外壁のひび割れを補修する目的であったり、多岐に渡ります。疎かにしてもよい工程などないですが、下塗りをしっかり行わなければ塗装の持ちにも大きく影響してくるので、大事な工程といえます。

 

 ちなみに下塗り用の塗料は指定の色に関係なく真っ白であるため、どの色を選択しても最初に外壁が真っ白になります。それはこれで綺麗と仰っていただけることが多いです。

中塗り・上塗り

中塗り
木部塗装

 下塗りが終わり、乾燥が済んだら中塗りへ進みます。先程の下塗り塗料とは違い、今回から本命のアレスダイナミックトップを使っての塗装です。ここで初めて目的の色が付いていくので、建物が生まれ変わっていく実感が湧いてくる工程です。今回はK様のご希望で既存の外壁とあまり色は変更したくないとのことでしたので、少しベージュ寄りの「KP-110」という色の塗料を使いました。変化はわかりにくいかも知れませんが今までよりも少し白みが増して、一層キレイな外壁に変わっていきました。軒天などの付帯部には「N-90」というより真っ白に近い塗料を使って、少しアクセントとしています。ちなみに付帯部への塗装はアレスダイナミックトップではなく、その部分に応じた塗料を別に使っています。

 

 中塗りが終わって乾燥できたら上塗りに進みます。使う塗料は中塗りと同じですが、中塗りだけではムラが出ていたような部分も、上塗りで色味が増して均一になっていきます。実際中塗りだけでも塗装が終わったように見えなくもないので、中塗りまでで塗装を終わらせる代わりに格安で塗装をする業者さんなどもいますが、上塗りをするかどうかでも塗装の持ちは全然変わってきますので、しっかりと3度塗りすることをおすすめいたします。

付帯部の塗装

玄関ポーチの塗装
勝手口ドアの塗装

 上塗りまで全て終了したら、残りの付帯部を塗装していきます。外壁がきれいになった分、今まで気になっていなかった玄関ポーチや勝手口のドアなども色褪せが気になるようになってきます。塗装にそもそも含めないお客様もいらっしゃいますが、今回K様はこちらも対象とするご要望をいただきましたので塗装していきます。特に鉄部は錆止めを行った上での塗装となるため、その他の部分とは工程が少し変わってきます。アルミ部分も塗装したいというお声も良くいただくのですが、アルミは塗装をしても直ぐに塗装が剥げてきてしまい逆に景観を損なう恐れが高くなっています。一度塗装すると部分的に剥げた塗装を隠すために短いスパンで塗装を繰り返すことになってしまい経済的ではないため、アルミ部への塗装は基本的におすすめしていません。

全行程が終了いたしました

きれいになった玄関
キレイな天井

 塗る前は細かい部分だと軽視されがちな玄関ドアや軒天などの「付帯部」と言われる部分もしっかり塗装いたしました。外壁が塗装で綺麗になるとわかるのですが、塗られていない部分が残っていると汚れや色褪せが逆に目立つようになってしまう現象が起こります。塗り進めて行くにつれて感じてしまったというお声もよく聞きます。塗装をご検討されている方は、ぜひ、細かい部分もしっかりと塗装の範囲に含めていただくことをおすすめいたします。もちろん、現地調査などの際には私たちからもご提案させていただければと思います。

塗装工事完成

 全ての工程が終了し、無事に塗装工事が完了いたしました。もともとの外壁もベージュ寄りで落ち着きのある仕上がりで綺麗でしたが、汚れを全て落として塗装を行うとまるで新築のような印象に変わったことがわかります。全体的に綺麗に仕上がって、K様にも大変お喜びいただけました。完成したお住まいを見ると、担当させていただいた私も嬉しくなってしまいます。この度のご用命誠にありがとうございました。

 

 私たち街の屋根やさんでは、感染拡大の続く新型コロナウィルスへの感染対策として、マスクの着用や手指の消毒などを徹底的に実施いたしております。お問い合わせの際はご安心していただければ幸いです。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 江東区猿江でサイディング外壁の塗装工事のご相談、現地調査にお伺い致しました

 江東区猿江で建てられて15年を経過したお住まいのお客様より外壁塗装工事のご相談をお受け致しました。外壁材にはサイディングを使用されております。サイディングの場合シーリングによる継ぎ目が有り、どうしても年数を経過してくると割れ等の症状が出て… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 豊島区西池袋の3F建て築30年になる建物で外壁にはALC外壁が使用されていました

 豊島区西池袋の3F建て築30年になる建物の外壁の調査を行いました。外壁にはALC外壁が使用されていました。  こちらの建物は、築30年経過していますがオーナー様が定期的にメンテナンスを行っていると言うこともあり築年数を感じさせないキレイな… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 葛飾区南水元で外壁の汚れからの塗装工事のご相談を頂き点検調査を行いました

 葛飾区南水元で建てられてから15年を経過したお住まいのお客様より外壁にかなり汚れがついて目立ってきたので一度点検して頂き、外壁塗装の必要性の有無を確認したいとのお話を承り現地調査にお伺い致しました。  現地調査においてまず目に入ってきたの… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に