東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ

品川区荏原にてパーフェクトトップのツートンを使用した外壁塗装で初めてのメンテナンスが竣工!


 お住まいは、築10年を過ぎた頃から様々な劣化症状が見られやすくなる為、塗り替えの目安とされています。劣化症状が軽ければ、塗り替えのみで済みますが、著しい場合には追加工事が必要となることもあるでしょう。少しでも劣化症状が気になり始めましたら、点検とメンテナンスを検討しましょう。
 品川区荏原にお住まいのお客様は、築12年になり、初めての外壁塗装を検討されました。コロナ禍で自宅にいる時間が増え、ふと家を一周した際に、外壁の汚れが目立ち始めていることに気付いたそうです。幸い、破損等の症状は見られませんでしたので、塗り替えのみのメンテナンスで済みました。

ビフォーアフター

before
外壁塗装前
arow
arow
after
外壁塗装後

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 その他 
使用材料
パーフェクトトップ(ND503)、ジョリパッドフレッシュ(T6010)、水性ケンエース、スーパーガルテクト(Sシェイドブラウン)
築年数
12年
保証年数
屋根:10年 外壁:8年
建坪
142.4㎡(塗装面積)

外壁の様子

モルタル外壁には藻が発生し、緑色に変色しています
モルタル外壁の汚れ

 築12年になる邸宅の外壁にはモルタルが使用されており、白い部分と淡いピンクの部分とで、仕上げ方が異なりました。まずは白い部分の様子です。
 こちらはリシン仕上げと言って、上塗り塗料に小さな石や砂を混ぜ、吹き付けて塗装されています。表面が凸凹している為、汚れや雨水が引っかかりやすく、藻などの植物が繁殖しやすくなります。お客様邸では、日陰になる北東部分の外壁に藻の発生が見られました。

刷毛引き仕上げの外壁 コーナーの様子
ベントキャップ廻りや物置裏の外壁は雨水を吸収しすぎて脆くなっている部分もあります

 ピンク色の部分は、刷毛引き仕上げです。ほうきで掃いたような刷毛目(はけめ)をつけた仕上げ方法で、表面はザラザラしています。刷毛引きされた外壁を水性塗料で塗装すれば、せっかく厚みを持たせた意匠性の高い外壁の重厚感が消えてしまいます。ですので、透湿性の高い専用塗料と塗り分けるのがベストです。
 給気・排気口廻りや、物置裏の外壁には、雨水によってできた汚れが目立ちました。

屋根の様子

傷んだスレート
スレートが欠けた様子

 こちらは屋根調査の様子です。屋根にはスレートが使用されていました。経年により、撥水・防水性能が失われ、雨水を吸いすぎて黒ずんでいる状態です。また、ひび割れや欠け、反りなどの症状も多く見られました。
 スレートの劣化が著しい場合、塗装よりも屋根リフォーム工事が適しています。お客様は屋根カバー工事をご希望されていましたので、外壁塗装と一緒に屋根のリフォームも行う次第となりました。

屋根カバー工事

防水紙を敷設
ルーフィング敷設

 足場仮設とメッシュシートを取り付けてから、作業に入ります。まずは屋根カバー工事です。屋根の頂上に設置された棟板金と、その下地の貫板を取り外し、防水紙を敷設していきます。貼り直しができる粘着層付きのタディスセルフを使用しました。貼り違えても簡単に修正できて、数時間後には強固に粘着しますので、施工性に優れています。

スーパーガルテクトで葺いていく
スーパーガルテクト設置

 防水紙を屋根全体に敷設し終えましたら、新規屋根材を取り付けていきます。「耐久性に優れた屋根材を使用したい!」とお話がありましたので、アイジー工業が販売しているスーパーガルテクトを使用しました。屋根材と断熱材をひとつにした独自の構成により、軽量かつ抜群に優れた遮熱性・断熱性を発揮する金属屋根材です。表面材には、超高耐久ガルバが採用されており、20~30年の耐用年数が期待できます。

屋根カバー工事が完了!

屋根カバー工法が完了

 頂上に棟板金を設置して、屋根カバー工事が完了となります。スレートに見られた様々な劣化症状が解消され、高級感漂う上品な屋根になりました。金属屋根材は耐久性に優れているだけではなく、非常に軽量な為、カバー工事に適しています。屋根カバー工事を検討した際には、金属屋根材を使用してみてはいかがでしょうか。

外壁塗装

モルタル外壁の高圧洗浄
高圧洗浄

 屋根工事が終わり、外壁塗装に取り掛かります。まずは高圧洗浄で外壁に付着した汚れや旧塗膜を綺麗に洗い流します。雨樋や破風、軒天などの付帯部も塗装しますので、一緒に綺麗にしていきます。洗浄後は充分、乾燥させる必要がありますので、一日空けてから塗装します。

モルタル外壁 下塗り
モルタル 下塗り

 塗料が付着してはまずい窓や玄関ドアをビニールで保護してから作業を行います。まずは下塗りです。リシン仕上げの外壁はパーフェクトフィラー、刷毛引き仕上げの外壁は水性カチオンシーラー(透明)で塗り分けます。

主材塗装(中塗り・上塗り)
主材塗装(中塗り・上塗り)

 下塗り乾燥後、主材を使用して中塗り、上塗りの順に塗装していきます。リシン仕上げの外壁にはパーフェクトトップ(ND503)、刷毛引き仕上げの外壁にはジョリパッドフレッシュ(T6010)を使用しました。
 日本ペイントが販売しているパーフェクトトップは、ラジカル制御塗料です。独自の技術によって、色褪せしにくい外壁に仕上げることができます。アイカ工業のジョリパッドフレッシュは、素材独自の風合いを活かしたまま、外壁リフォームができる優れものです。

付帯部塗装

付帯部塗装 雨樋
付帯部塗装 軒天

 付帯部は水性ケンエースで塗装しました。やに止め性、耐水性、防藻・防かび性と様々な機能が付いた水性塗料です。塗装後は、艶が抑えられ落ち着いた印象に仕上がります。お客様は、外壁に合わせて爽やかな白色をお選びになりました。

メンテナンスを終えて

屋根カバー工事と外壁塗装が竣工

 お客様邸の屋根カバー工事と外壁塗装が無事、竣工しました。モルタル外壁の汚れやスレートの劣化が解消され、新築のようにピカピカです。ピンク色の外壁は上品なブラウンで塗替えましたので、エレガントな雰囲気になりましたね。この美観を維持する為にも定期的に点検・メンテナンスを行っていきましょう。
 現在、新型コロナ流行に伴い、私たち街の外壁塗装やさんでは様々な新型コロナウィルス対策を実施しておりますので、安心して点検・工事をご依頼ください。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 墨田区本所で外壁塗装工事、本日の作業は庇屋根の鉄部塗装になります

 墨田区本所で建てられてから50年を超えたお住まいの外壁塗装工事を施工しております。外壁の塗装工程も一区切りとなり、作業の方は最終版の工程に移っております。付帯部塗装と呼ばれる部分塗装ですが本日はその中の庇屋根塗装、所謂鉄部塗装を行いました… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 江戸川区北葛西で外壁塗装工事のご相談、下地処理からの施工が必要です

 江戸川区北葛西で建てられてから40年以上を経過しているお住まいの点検調査を行いました。外壁はモルタル壁となり、何年か前にメンテナンスはされている状況です。しかし年数を経過している事も有り、所々に劣化症状は見られました。今回は外壁塗装工事の… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 府中市分梅町の外壁塗装調査、モルタル外壁にクラックが多数発生、エラストコートによる塗装工事をおすすめ

 本日は府中市分梅町のお客様より承りました、外壁メンテナンスの調査の模様をお届けいたします。今回のお客様は今年で築19年目になるお住まいです。これまで外壁の塗装メンテナンスを行ったことは一度もないと伺いました。築20年を迎えるにあたり、外壁… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に