東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ

台東区千束でモルタル外壁の補修を伴う塗装工事を施工、パターンを付けての塗装で見栄え良く仕上げました


 台東区千束で建てられてから約40年を経過したお住まいの外壁塗装工事を施工させて頂きました。工事のきっかけは雨漏り修繕のご依頼から屋根葺き替え工事を施工する事となり、そこで足場の設置が必要となる事から、この際外壁についても手を入れて行こうとのお話になり、屋根葺き替え工事と併せて施工していく運びとなりました。そもそもは雨漏りの修繕の観点からの屋根工事でしたが、お客様の中では外観的に実際屋根は見えないことも有り、どちらかと言うと外壁のモルタル表面の劣化は目の当たりにする機会も多かったので、気にされてたそうです。そして今回屋根工事と同時に折角の機会なので、外壁塗装にも着手しようとのお考えに至り施工が決まりました。現状の外壁についてはお客様も気にされている通り、表面剥離がかなり症状として顕れております。ついてはその表面剥離の補修からの下地調整、その上での外壁塗装となりましたので、一連流れをご紹介致します。

ビフォーアフター

before
表面がかなり劣化した外壁
arow
arow
after
劣化した外壁の塗装仕上げ

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 屋根塗装 
築年数
40年
施工期間
10日間
保証年数
お付けしておりません

外壁調査の様子

戸袋部分の外壁が剥がれています
 現地調査時に先ず目に入ってきたことは外壁の表面剥離でした。外壁塗装工事をしばらく施工されていなかったことも有り、表面の吹き付けた塗膜がかなり剥離している状況でした。当然このまま塗装工事をしても折角塗った塗装塗膜もろとも剥がれてしまう事になります。そこで今回塗装工事を施工するに当たり、このモルタル壁表面の剥がれかかった塗膜を手作業で削り、更に下地をしっかり固めてその上に塗装を掛けて行く事が必要となりました。

モルタル表面の剥がれ

表面の剥離したモルタル壁
表面が剥離して下地が見えているモルタル壁
 剥がれてしまっている所もそうですが、一番厄介なのは剥がれかかってしまっている箇所になります。こう言った部位については手作業での削り落としが必要となり、ひと手間を加えた施工が重要となります。

外壁の下地調整からの塗装施工へ

表面がかなり劣化した外壁
 という訳で今回の外壁施工としては塗装工事がメインである事は勿論ですが、その塗装をしっかりと維持させる為の下地調整作業ももう一つの柱となります。そこでどのように進めさせて頂いたか一連の流れをご紹介致します。

表面剥離作業の前に養生をして準備

養生して作業準備
 先ずは表面の剥離作業となりますが、その前段階からかなり外壁の廃材が出ますので通りにもブルーシートを敷くなどご近隣の方々にご迷惑が掛からぬ様しっかりと養生をしてからの作業となります。それでもかなり廃材が溢れてしまいましたので、日々の清掃もきちんと行いながらの施工となりました。

皮鋤でモルタル表面をケレン

剥離した表面のケレン
皮すきで外壁表面を削ります
 このように皮鋤を利用して塗装面における表面の剥離の著しい箇所全てに亘り、手作業で表面塗膜を削り取っていきました。この施工だけでも1日では終えられず、延べ2日間このケレン作業でモルタル表面を削って参りました。

戸袋の部分は完全に剥がしていきました

モルタル表面を完全に削りました
 特に著しかったのはベランダ内側の戸袋の部分で、ここに関しては密着している箇所が殆どなかったので、全体に亘り表面をケレンし削る事となりました。ベランダの下に落ちているのが外壁表面の廃材となります。このようにかなりの量の廃材が発生致しました。

高圧洗浄作業

高圧洗浄作業で外壁を洗います
下地が顕になった外壁
 今回は第一段階の作業でケレン作業を行い、その後に高圧洗浄作業を実施し汚れと共に表面に残って付着した廃材ごと洗い流していきました。ある程度手作業で表面をしっかり落として行ったので洗浄作業においてはそれ程大量の廃材は発生しませんでした。

下地調整にミラクファンドを使用

ミラクファンドで外壁の下地調整
段差の部分にセメントを塗り固めます
 そして高圧洗浄作業を行った後、下地調整作業としてセメント系の材料を使用し、壁面の荒れてしまっている箇所や段差になっている部分を矯正していきます。材料はミラクファンドと呼ばれる下地調整用塗料の一つで密着性も有り、更に脆弱になった壁面の強度アップにも繋がっていく材料です。

剥離し段差の生じた箇所を中心に塗布

セメントをなだらかに形成していきます
外壁表面の下地調整
 御覧の様に部分的に剥離している状態の箇所に塗布ししっかりと固めて、新しい塗装塗膜が剥がれない様に下地調整を図っていく訳です。

既存の部分との段差を均して形成

セメントで下地調整
 更に段差が大きく生じてしまっている部分にもこの材料を入れ、極力フラットになる様施工して参りました。

下塗りにシーラー入れて行きます

下塗りにシーラーを入れます
シーラーの塗布
 下地調整の仕上げとしてシーラーと呼ばれる下塗り材を全体的に塗布して参ります。透明の密着力を高める事と塗装面をより固める為の下塗り材になります。今回はこの下地調整が肝になると言えますので、このシーラー含め計4回塗りの工程で外壁塗装を仕上げていく事なります。

下地をしっかり調整して参りました

下地調整の完了
 シーラーも入れ終わるとこれでようやく下地調整工程の終了となります。ここまでしっかりと手間を掛ける事で、もう一つの柱である塗装作業がより良い工事となります。私たち街の外壁塗装やんさんではこのように少しでも長持ちする様施工に拘って取り組んでおります。

マスティックローラーで波型模様を付けて行きます

マスティックローラーで波型塗装
ソフトサーフで下塗りを重ねます
 いよいよ本格的な塗装工程へと進んで参ります。今回ご紹介させて頂いた通りかなり下地に手を加えて作業を行っております。このまま通常のローラー等を使用して塗装してくと、その下地調整した箇所がかなり目立つような形で仕上がる事となってしまいます。折角塗装工事を行ってもその補修跡がくっきりと出てしまうと少々残念な仕上がりと言わざるを得ない事になりますので、これを目立たなくする為に、次の下塗り材フィラーを塗布して行くに当たり、マスティックローラーと呼ばれる塗装器具を使用し、新たに波型にパターンを付けて補修跡を目立たなくさせる施工で進めて参りました。

波型パターンが付くと補修跡が目立たなくなります

波型パターンを付けた下塗り工程
 このように全体に新たな波型のパターンが付くとほぼ補修跡が目立たなくなるのです。この波型パターンの上に主剤を塗布すると、より見た目の良い仕上がりに繋がっていきます。

パーフェクトトップで中塗り

パーフェクトトップで中塗り
中塗り工程
 下塗りを終え、主剤の塗布中塗り工程へと作業は移ります。今回使用した塗料は日本ペイント製のパーフェクトトップでラジカル制御形塗料で期待耐久年数は12~13年と言われている塗料です。現在外壁塗装工事を施工される方に比較的多く使用されている塗料となります。その期待耐久年数に繋げる為にも下地調整が重要となり、それらを徹底的に進めてきた事はこれまでにご紹介した通りとなります。

中塗りから上塗りで仕上げ工程へ

中塗りの完了
 中塗り工程も終わりました。この上に更にパーフェクトトップを重ねて塗布して行きます。これが上塗りとなり、色、艶感が増してしっかりとした外壁塗装仕上げとなります。

上塗り作業

上塗りで主剤を2回入れて行きます
上塗りで艶感が増します
 上塗り作業になります。2度塗ると艶感が増していく事は写真で見て頂ければお分かり頂けると思います。

表面剥離がかなり目立たなくなりました

上塗りの完了
 上塗りが完了致しました。かなり艶感と色味もアップした事は言うまでもなく、そして何よりも下地を調整した部分がこのように遠目には殆ど分からないぐらいに仕上がりました。

付帯部の塗装

庇屋根のケレン作業
錆びも削っていきます
 外壁塗装工程も一区切りになりましたので、残すは付帯部と呼ばれる鉄部や木部、雨樋等の塗装となります。ここまで来ればかなり先が見えてきました。しかしここで手を抜かずしっかりと最後まで手間を掛けて作業していく事が大事です。やはり外壁と同じ様に下地調整作業として、ケレン作業を行い鉄部などはきちんと錆びを落として塗装前準備から行って参ります。

鉄部も下塗りとして錆止めを塗布します

錆止めの塗布
トタン波板に錆止めで下塗り
 鉄部の下塗りは錆止めの材料となります。この白色の塗料が錆止めとなります。今回のお住まいは、トタン屋根や庇屋根、手摺り等鉄部が多かったので錆止め塗料も大活躍でした。

鉄部の中塗りと上塗り

錆止めの上に主剤を塗布
上塗りで重ねて行きます
 下塗りを終えると主剤の2度塗り、中塗り、上塗りも外壁と同様です。最後まできちんと手順踏んで作業を進めて参りました。

付帯部も仕上がりました

トタン屋根の塗装仕上げ
庇屋根の塗装仕上げ
 上塗りを終えるとこちらの色、艶ともに向上した鉄部塗装の仕上がりとなります。ベージュ系の外壁と茶系の鉄部で非常にバランスの良い配色となった印象です。

塗装工事の完成

外壁塗装工事の完了です
 付帯部塗装を終え、無事足場も外して工事の完了となりました!施工前から比べるとかなり見違えるような出来栄えです。お客様も当初考えていた仕上がりよりもかなり良い仕上がりになったと大変喜んで頂けました。

玄関の部分もスッキリ仕上がりました

足場を解体して塗装工事終了
 玄関周りの表面剥離の部分もほとんど目立たなくなりました。お客様にも喜んで頂けてこちらも大変うれしくなりました。何よりも塗装職人さんが本当に手間を掛けて施工してくれた事に感謝感謝です!

補修跡もかなり目立たなくなり仕上がりました

劣化した外壁の塗装仕上げ
 私たち街の外壁塗装やさんではお客様のご要望に出来る限り近づける様に、職人、管理、営業共々、お客様とのコミュニケーションを深めながら施工を進めさせて頂いております。更に新型コロナウィルス対策にも万全を期して取り組んでおります。是非皆様も塗装工事の事でご相談がございましたら、お気軽にお声掛け下さい。

街の外壁塗装やさん東東京

電話 0120-948-355
株式会社シェアテック

〒132-0023
東京都江戸川区西一之江
2-10-17

街の外壁塗装やさん東東京支店

お問い合わせはこちら

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 世田谷区北烏山にて外壁塗装工事の調査、塗膜劣化によりエラストコートによる塗装工事をご提案

 今回は世田谷区北烏山にご在住のお客様より「築19年になるので、そろそろ外壁メンテナンスを考えている」というご相談を承りました。築19年目になるというお客様のお住まいは、今まで特に大きなメンテナンスは行ってこなかったとの事ですが、具体的に雨… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 品川区大井にて外壁メンテナンスの調査、築21年経過し経年劣化したシーリングは打ち替え工事が必要です

 今回は品川区大井にご在住のお客様から、外壁の傷みでお悩みとの事でご相談をいただきました。今年で築21年目になるというお話ですが、今まで外壁のメンテナンスは行ってこなかったとの事で、大きな補修が必要になる前にメンテナンスをしたいとの事で、調… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 品川区荏原にてモルタル外壁調査、クラックが多数発生した外壁にはエラストコートによる塗装工事をおすすめ

 今回は品川区荏原の住宅街にある築19年目に入るお客様です。「外壁の劣化が気になるので、補修または塗装をお願いしたい」とのお問い合わせいただき調査にお伺いいたしました。ひとくちに外壁の劣化と言いましてもいろいろあります。どのような工事ができ… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に