東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ

目黒区中町にてエラストコートで外壁塗装、大量発生した藻を解消!


 目黒区中町にお住まいのH様は、近隣の工事を行っていた業者に棟板金が浮いていることを指摘されたそうです。経年劣化による外壁の藻も気になっていた為、次いでに屋根と外壁の塗装メンテナンスを行いたいとお問合せをくださいました。
 築年数が経過すると、屋根や外壁の汚れも気になり始めると思います。毎日生活するお住まいですから、しっかりとメンテナンスを行い、美観を保ちましょう!

ビフォーアフター

before
目黒区で棟板金交換工事と屋根・外壁塗装を行った3階建て邸宅 工事前
arow
arow
after
目黒区で棟板金交換工事と屋根・外壁塗装を行った3階建て邸宅 工事竣工

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 屋根塗装 その他 
使用材料
エラストコート(B-0)、サーモアイ4F(クールホワイト)
築年数
18年
保証年数
10年

現地調査へ

現地調査へ伺いました
モルタル外壁には藻が発生しています

 お問合せをいただき、まずは現地調査へお伺いしました。新型コロナウィルス流行に伴い、私たち街の外壁塗装やさんでは、マスクを着用し、ソーシャルディスタンスを心がけることで、感染拡大予防に努めております(その他に実施している新型コロナウィルス対策はこちら)。
 築18年になる邸宅は、モルタル外壁の3階建て住宅でした。正面から見た外観は、汚れや破損が目立たず、綺麗に保たれている印象です。しかし、日陰になる北側の外壁には藻が発生し、お客様も気にされていました。H様邸のように、モルタル外壁の場合には、経年劣化によってクラック(ひび割れ)が発生しやすくなりますので、弾性塗料もしくは微弾性塗料がお薦めです。耐久性を重視されていましたので、高弾性塗料であるエラストコートをご提案させていただきました。360%という驚きの弾性性能を発揮し、お住まいをクラックから守ります。また、優れた通気性も備わっておりますので、お客様が気にされていた藻やカビ・苔も寄せ付けません!

屋根点検の様子

スレート屋根点検の様子
棟板金を固定している釘が浮いています

 屋根には勾配があり、住宅も密集していましたので、屋根用の足場を架け、安全に配慮しながら点検を行っていきます。スレート屋根は若干、色褪せ始めていますが、汚れや破損等の症状は見られません。劣化症状もそれほど進行していませんでしたので、屋根塗装を行うのには最適な時期ではないでしょうか。
 お問合せのきっかけとなった棟板金を確認してみますと、板金を固定している釘の抜けが目立ちました。釘は経年とともに抜けやすくなりますので、定期的に点検やメンテナンスを行うことが大切です。今年も台風シーズンに突入しましたので、棟板金の飛散が心配な方は、一度点検を受けておくことをお薦めします。
 今回、棟板金を固定する釘の抜けが目立ちましたので、屋根のメンテナンスとして棟板金交換工事と屋根塗装をご提案しました。

高圧洗浄

高圧洗浄 屋根
高圧洗浄 外壁

 まずは高圧洗浄で、屋根と外壁に付着した汚れや旧塗膜を洗い流していきます。塗装工事で、雨の中でも作業が行えるのは、この高圧洗浄だけです。写真で見てもわかるように、かなりの水圧ですので、頑固な汚れもしっかりと落とします!

養生

養生

 続いて養生を行っていきます。養生は、塗料が付着してはまずい窓や扉にビニールを被せる作業です。玄関周りにも塗料が飛び散っては大変ですので、しっかりと養生します。塗装に比べて、何てことの無い作業にも思われますが、養生はお客様の大切な家屋を汚さない為に欠かせない作業項目です。

棟板金交換工事

劣化した貫板と棟板金を撤去
新規貫板を設置
 屋根の塗装を行う前に、棟板金交換工事を行います。高圧洗浄で洗い流したせいか、屋根の汚れが落ち、すっきりとした印象です。既存の棟板金を全て撤去し、新しい貫板(下地材)を固定します。
棟板金で覆い、SUSビスで固定
棟板金交換工事が完了
 貫板を設置後、板金で覆い、固定します。固定する際には、鉄製の釘ではなく、ステンレス製のSUSビスを使用します。錆びにくいのは勿論、ねじ込み式なので、抜けにくいメリットがあります。棟板金の飛散にお困りの方は、釘からSUSビスに打ち替えてあげるのも一つの手です。棟板金の交換が終わりましたら、塗装に入ります。

屋根塗装

タスペーサーで縁切り作業
サーモアイシーラーで下塗り

 スレート屋根の塗装を行う際には、必ず縁切り作業を行います。縁切りは、スレートの重なり部分に、適切な隙間を確保する作業です。カッターや皮スキを使用して、手作業で切っていく方法と、タスペーサーと呼ばれる縁切り部材を差し込む、2通りの方法があります。私たち街の外壁塗装やさんでは、タスペーサーを使用しています。工期を大幅に短縮し、人件費を抑えることで、工事全体の費用も抑えることができるのです。
 縁切り後、下塗りで塗装していきます。上塗りには、遮熱塗料のサーモアイ4Fを使用しますので、同じシリーズのサーモアイシーラーで下塗りします。

サーモアイ4F クールホワイトで上塗り
サーモアイ4F クールホワイトで塗装したスレート屋根

 サーモアイシーラーを十分に乾燥させましたら、上塗り材で塗装していきます。塗膜に厚みを持たせ、仕上がりにムラができないよう、中塗りと上塗りの二回に分けて塗装します。下塗りと合わせると三度塗りです。
 塗装には、サーモアイ4Fのクールホワイトを使用しました。全日射反射率が91.0%と非常に高い為、遮熱効果も存分に発揮されます。白色に近い程、この数値は高くなり、遮熱性能も発揮されますので、数値によって色を選択するのも良いと思います!

外壁塗装

下塗り
モルタル外壁の塗装
 続いて外壁の塗装に取り掛かります。塗装には、点検時にご提案したエラストコート(色番号:B-0)を使用しました。高弾性塗料ですので、クラックが発生しても追従し、雨水が浸入する隙間を作りません。臭いや健康に配慮された塗料なので、外壁だけではなく、内装の塗装にも使用できます。

外壁塗装が竣工

外壁塗装が竣工
 外壁塗装後の様子です。藻が発生していた北面の外壁も、すっかり綺麗になりました。写真では少し分かりにくいのですが、B-0は爽やかな白色です。お住まいの印象ととてもマッチしていますよね。H様も大変、気に入られていました。お住まいの素敵な印象を保つ為にも、定期的に点検やメンテナンスを行ってくださいね。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 世田谷区北烏山にて外壁塗装工事の調査、塗膜劣化によりエラストコートによる塗装工事をご提案

 今回は世田谷区北烏山にご在住のお客様より「築19年になるので、そろそろ外壁メンテナンスを考えている」というご相談を承りました。築19年目になるというお客様のお住まいは、今まで特に大きなメンテナンスは行ってこなかったとの事ですが、具体的に雨… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 品川区大井にて外壁メンテナンスの調査、築21年経過し経年劣化したシーリングは打ち替え工事が必要です

 今回は品川区大井にご在住のお客様から、外壁の傷みでお悩みとの事でご相談をいただきました。今年で築21年目になるというお話ですが、今まで外壁のメンテナンスは行ってこなかったとの事で、大きな補修が必要になる前にメンテナンスをしたいとの事で、調… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 品川区荏原にてモルタル外壁調査、クラックが多数発生した外壁にはエラストコートによる塗装工事をおすすめ

 今回は品川区荏原の住宅街にある築19年目に入るお客様です。「外壁の劣化が気になるので、補修または塗装をお願いしたい」とのお問い合わせいただき調査にお伺いいたしました。ひとくちに外壁の劣化と言いましてもいろいろあります。どのような工事ができ… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に