東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ

武蔵野市吉祥寺北町にて築12年目で塗膜が劣化した窯業サイディング外壁をパーフェクトトップでイメージチェンジ


 武蔵野市吉祥寺北町のお客様より、外壁と屋根の塗装メンテナンスをお願いしたいとのご依頼を承りました。
 今年で築12年目というお客様は、今まで屋根、外壁ともメンテナンスをされたことがなく、今回が初めてとの事でした。ご近所の方にほぼ同じ時期に新築を建てた方がいて、その方が昨年屋根の塗装工事を行ったそうです。その際、うちもそろそろメンテナンスの時期だと思い、ご相談いただいたという事です。周りの環境にもよりますが、屋根、外壁に塗られている塗料というのはだいたい10年前後で経年劣化してしまいます。そうしますと防水性を失ってしまい、雨水による劣化が始まってしまいます。調査の結果、化粧スレートやサイデイング外壁の塗膜の劣化具合から、屋根と外壁塗装工事を行いました。

ビフォーアフター

before
施工前
arow
arow
after
施工後

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 屋根塗装 
使用材料
サーモアイSi
築年数
12年
施工期間
6日間
保証年数
10年

点検の様子

苔が繁殖し始めたスレート
釘の浮き

 屋根は化粧スレートを使用しています。築12年で塗装メンテナンスは今回が初めてとのことですが、やはり塗膜が劣化してきています。日中日の当たりやすい南側のスレート屋根と違い、陽の当たりにくい北側の屋根にはうっすらと苔が繁殖してきています。屋根を歩いた感触では野地板や垂木には雨漏りなどで腐食した感触はなく、しっかりとした強度を保っていました。スレート自体もひび割れた個所はなく、反りなどの変形も見られません。
 棟板金も見てみます。まだ錆などはほとんど出ておらず、反りなどの変形もあまり見られませんでした。しかし数か所で釘の浮きが見られました。

サイディング外壁にチョーキング現象
一部にカビが繁殖

 続いて外壁を見てみます。外壁は窯業サイディングを使用しています。全体的には比較的良好な状態を保っているようです。一部ですが日の当たりにくい北側外壁の面の合わせ目のところに、カビが繁殖していました。カビや苔などの繁殖は高圧洗浄できれいに落とすことができます。
 外壁を直接触って塗膜の状態を調べてみましょう。掌が白くなりました。チョーキングの現象が出始めています。チョーキング現象は、表面の塗膜が劣化して粉化してしまう現象です。よく手や衣服などが外壁に触れた際に白いチョークの粉のようなものが付着してしまうのもそうです。このタイミングで塗装工事を行うのがベストといえます。

施工の様子

高圧洗浄

 安全確保のための仮設足場を設置し、養生をしていきます。この時にお住まいの塗装しない部分やお車など汚れないようにしっかりと養生を行います。

高圧洗浄
高圧洗浄できれいになったスレート

 スレート屋根に高圧洗浄をかけて汚れを完全に落としていきます。この段階で大半のカビや苔を落とすことができます。スレートの素地を傷めないよう強度を調節しながら古い塗膜も一緒に落としていきます。

 屋根がきれいになったら、下地処理です。棟板金にケレン作業を行います。表面のほこりを取り、汚れや既存の塗装の剥がれなどを紙やすりなどで均していきます。
 下塗り用の塗料にはサーモアイシーラー使用します。遮熱性の非常に高い下塗り用塗料です。下塗りは仕上げ用塗料とスレートとの密着性を高める効果があります。丁寧に下塗り処理を施すことによって古いスレートにもしっかりと密着することができます。
 棟板金から塗装していきます。丁寧に斑なく塗っていきます。

サーモアイシーラーを塗装
サーモアイシーラーを塗装

 棟板金の後にスレートの塗装に移ります。屋根の天辺、つまり棟側から塗っていきます。

サーモアイSiによる中塗り塗装

 下塗り塗装が終わり、十分乾燥させてから、仕上げ塗装の1回目、中塗り塗装に移ります。仕上げ塗装は中塗りと上塗りの合計2回塗ります。塗料はサーモアイSiを使用します。こちらも遮熱性の非常に高い塗料で、下塗り塗料のサーモアイシーラーと合わせて使用することで高い効果が期待できます。

 こちらも棟板金から塗っていき、棟側から降りていくようにスレートを塗装していきます。足元に気を付けながら、スポンジローラーを使用して一枚一枚丁寧に塗っていきます。

屋根塗装完工
1階屋根の塗装の様子

 隅々まで塗り終え充分に乾燥させた後、次は上塗り塗装に入ります。しっかりと乾燥させて重ね塗りすることで、塗膜に厚みができ塗料メーカーが期待した耐候性や防水効果が発揮されます。
 広い面積を満遍なく塗装し終えたら屋根塗装の完了です。

窯業サイディングの塗装の様子

下塗り塗装

 今回使用する塗料は、下塗りにパーフェクトサーフ、仕上げ塗装にパーフェクトトップを使用します。パーフェクトトップは比較的お手頃な価格のわりに耐用年数も長く耐候性、対汚染性も高い人気の塗料です。まずは下塗り塗料のパーフェクトサーフから塗布していきます。屋根と同様に外壁と仕上げ塗料との密着性を高め長持ちさせる効果があります。また過度な吸い込みを抑える効果もあります。ローラーを使い、丁寧に隅々まで塗っていきます。

パーフェクトトップによる中塗り

 下塗り塗布完了後は、パーフェクトトップによる仕上げ塗装になります。色はお客様のご希望で淡いイエロー系になります。
 仕上げ塗装は屋根と同様に中塗りと上塗りの2回行うのが基本です。壁材の吸い込み具合によっては下塗りを2回行ったり仕上げを3回行う事もあります。色斑を抑え美しく仕上げるためには重ねる回数を増やすことがあります。

上塗り塗装
上塗り塗装の様子

 サイディングの広い面をローラーを使い丁寧に斑なく塗っていきます。表面に凸凹があるサイディング外壁にはややけ足の長いローラーを使用します。

軒天の塗装

 天戸や樋の周辺など入り組んだ複雑な作業はサイズの異なる刷毛を駆使して、丁寧に仕上げていきます。

 塗装完了後、塗り残しがないか、または塗りムラ、汚れの付着などがないか複数名のスタッフで確認を行い、塗装工事の完了です。

屋根・外壁塗装工事、竣工

 屋根、外壁とも新築のように見違えるほど綺麗に仕上がりました。今後はアフターフォローとして、定期的に点検を行い、不具合が発覚する前にメンテナンスのご提案を行っていきます。

街の外壁塗装やさん
多摩川支店

電話 0120-948-355
株式会社シェアテック

〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1

街の外壁塗装やさん多摩川支店

お問い合わせはこちら

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 三鷹市牟礼にて外壁塗装前調査、サイディング外壁の塗膜劣化によりナノコンポジットWによる塗装をご提案

 三鷹市牟礼にお客様より、お住まいの外壁メンテナンスのご相談を承りました。今年で築18年目を迎えるという今回のお客様は、屋根のメンテナンスは行ったことがあるそうですが、外壁のメンテナンスは今回が初めてとの事で、最近になり汚れが目立つようにな… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 杉並区上荻のお客様、築17年経過して窯業サイディング外壁の広範囲に藻が繁殖

 杉並区上荻のお客様にて、「築17年になるのですが、外壁の汚れが気になるようになり、塗装メンテナンスを考えている」とのご相談を承りました。この2、3年で特に汚れが目立つようになってきたとの事で、塗装の時期と思いご相談をいただいたようです。今… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 江戸川区東葛西で外壁塗装のご相談を受け点検調査にお伺い致しました

 江戸川区東葛西で建てられてから15年を経過したお住まいのお客様より外壁塗装工事のご相談を承りました。特にお客様が気にされておりましたのは、シーリングの劣化による割れの発生と部分的にサイディングに変形が見られると言った部分でした。早速現地調… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に