東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ

千代田区6番町でマンションのバルコニーを通気緩衝工法のウレタン防水工事をして雨漏り予防


 以前、ご所有の物件で雨漏りに悩まされ続けたという千代田区にお住まいのお客様です。千代田区6番町のビルも以前、雨漏りに悩まされたとということでした。今回はそろそろメンテナンス時期が近づいてきているので、早めにバルコニーのメンテナンスを行い、雨漏りしないよう万全を期したいとのことです。通気緩衝工法のウレタン防水によって、雨漏りしないようメンテナンスを行いたいと思います。

ビフォーアフター

before
バルコニー防水前の画像
arow
arow
after
ウレタン防水で刷新された床面

工事基本情報

施工内容
防水工事 
使用材料
DSカラー・ゼロ
築年数
築22年
ハウスメーカー
不明 
施工期間
6日間
保証年数
お付けしておりません

点検の様子~植物がいっぱいのバルコニー

バルコニーの植物
バルコニーの植物と置物

 マンションなどのバルコニーを見ますと、やたらと植物を育てているところって稀にありますよね。こちらも同じように所狭しとさまざまな植物が置かれています。バルコニーなどに多くの物を置くのは床面で雨水の流れを妨げるのであまりお勧めはできない行為です。ちょっとした物置まで設置されていました。

泥の詰まった排水口
雨染みがついた床面

大量の植物があったのでは床や立ち上がり部をじっくりと点検できないため、許可を取って片付けました。築年数相応の劣化で酷いという状態でもなければ、良いという状態でもないですね。雨水の滞留が長かったのか、床と立ち上がり部の取り合いには雨染みのような変色ができています。雨水が染み込んでは乾燥を繰り返しているのでしょう。このままでは雨漏りの原因になりかねないので、防水工事で直します。

施工の様子~ウレタン防水、通気緩衝工法

清掃と不陸調整
シーリングのやり直し

 まずはしっかりと清掃を行い、下地調整を行っていきます。下地調整とは下地の傷を均したり、ざらざらした部分を削り取ったり、付着してしまった錆など除去する作業です。これからウレタン防水を行うにあたって最適な状態にしていきます。先程の立ち上がり部に染みができていた部分はコーキングで防水性を高めておきます。

シーラー塗布
シーラー塗布

こうして見てみると、かなり傷んでいることが分かります。室内側の立ち上がり部にもクラックが発生していたので、コーキングを充填しておきました。建物全体を見てみると、頑健そうに見える大きなビルでも、細部を見てみると意外と傷んでいることに気づきます。

プライマーを塗布し、通気緩衝シートを敷いていきます。このシートは水蒸気は通り抜けることができますが、水は通り抜けできないという不思議な構造をしています。種明かしをすれば、気体となった時の水の分子は小さく、シートの穴を通り抜けることができますが、液体である時の水の分子はシートの穴を通り抜けられないほど大きいからです。

ウレタン防水1層目
ウレタン防水2層目立ち上がり部

ウレタン防水材を塗布していきます。ダイフレックス社のDSカラー・ゼロを使用しました。まずは立ち上がり部に防水材を塗布してから、床面へと広げていきます。ウレタン防水2層目も立ち上がり部から塗布していきます。ウレタン防水材はどのメーカーでも立ち上がり部から塗布するよう指示しています。重力によって流れ落ちやすいからでしょう。

立ち上がり部は慎重に
平部に防水材を塗布

立ち上がり部は重点的にしっかりと施工していきます。平部にも塗布を進めていきます。画像を見ると、新たに塗布している部分のウレタン防水材が盛り上がっていますが、心配はいりません。全体的にムラなく広げていけば、現在のウレタン防水材は排水勾配が取れるというか均一の厚さになるようになっています。

竣工、通気緩衝工法のウレタン防水

トップコートを塗布後

マンションのバルコニーのウレタン防水が完了しました。これでここが雨漏りの起点となることはしばらくはないでしょう。お施主様は「借りてくれているむ方々の入居や退去がバラバラで、なかなか一度にメンテナンスする機会が取れない」と言っていました。ビルとマンションでは入居と退去のタイミングでしかできないメンテナンスもあります。退去時はメンテナンスのチャンスであることを忘れないでください。

街の外壁塗装やさん東東京

電話 0120-948-355
株式会社シェアテック

〒132-0023
東京都江戸川区西一之江
2-10-17

お問い合わせはこちら

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 江東区三好でALC外壁の建物調査、シーリングの補修と外壁塗装工事が必要です

 江東区三好で、ALC外壁の建物で建物調査及び外壁塗装工事のご相談を承りました。状況を確認するとひび割れが多数発生しております。更に話を聞いていくと、風を伴う強めの雨の際は、雨漏りの症状も時折見受けられるとのお話でした。このALCは外壁の症… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 江東区大島で雨漏りの調査依頼、陸屋根屋上と外壁シーリング等の確認を行いました

 江東区大島で2階の窓枠からの雨漏れが発生したとのご相談をお受けし現地調査にお伺い致しました。建物は陸屋根式の屋上屋根と外壁はALCと呼ばれるパワーボード外壁を使用しておりました。  屋上の状況を確認すると防水の方はしっかりとしている印象で… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 葛飾区東新小岩で外壁塗装工事、下塗り中塗り上塗りの3工程についてご紹介します

 葛飾区東新小岩で外壁塗装工事を施工しております。既に外壁の塗装も終え、部分塗装工事に移っております。塗装の基本は3工程。下塗り、中塗り、上塗りと呼ばれますが、部分塗装においても論理は同じです。但し部分塗装においては下塗りの変わりにケレンと… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に