東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ

文京区白山にてルーフバルコニーの雨漏りを解消、FRP防水から通気緩衝工法ウレタン防水へ


 お部屋の天井と壁のクロスが裂けてきたので、何か異常があるのではないかと考えていたら、雨の日に雨漏りが起こったという文京区白山のお客様です。ルーフバルコニーというと屋根の斜面を途中でくり抜いたような形状が特徴で、とてもお洒落なものですが雨漏りしやすい構造と言えます。一般的なバルコニーやベランダは外壁より外側に突き出した形状が多いのですが、ルーフバルコニーは外側よりも内側に位置し、その下は室内です。したがって室内への漏水が起こりやすく、メンテナンスに気を使ってほしい建物でもあります。

ビフォーアフター

before
床がタイルのルーフバルコニー
arow
arow
after
床がウレタン防水となったルーフバルコニー

工事基本情報

施工内容
防水工事 
使用材料
サラセーヌ
築年数
築16年
ハウスメーカー
不明 
施工期間
6日間
保証年数
お付けしておりません
建坪
小面積の為、1式としました

点検の様子~雨漏りしているルーフバルコニー

屋根の途中に設けられたような形状のルーフバルコニー
余暇面はタイル仕上げ

 屋根の斜面を繰り抜いたように壁面とサッシが現れ、そこにバルコニーが用意されているというのがルーフバルコニーの特徴です。かなりお洒落であることが知られており、お客様のお家も大変な素敵なものでした。バルコニーの床は高級感がただより、これまたお洒落なタイル仕上げです。この下で雨漏りしていると信じられない状態です。

何かが剥がれたような跡
下地はFRP防水

 落下防止のためバルコニーには金属製の柵が貼り廻らせてあります。その立ち上がり部を見ると、FRP防水であることが判明しました。FRP防水のタイル仕上げのバルコニーです。FRP防水は固いので変形しやすい木造住宅とは相性が悪いとされています。木造住宅が風で煽られて歪んだ時にFRPが変形に耐えられず割れてしまうことがあるからです。

施工の様子~ウレタン防水通気緩衝工法

タイルを撤去
徹底的に清掃

 タイルは全て撤去し、ウレタン防水層を形成します。床面は特に手を加えず、ウレタン防水のトップコート仕上げとします。まずはタイルの撤去です。結構、ゴミができるものです。タイルを撤去し、ゴミを拾ったら、徹底的に清掃します。ウレタン防水を床面になじませるためです。

プライマー塗布
絶縁シート敷設

 通気緩衝シートを敷くために、プライマーを塗布していきます。通気緩衝シートは絶縁シートとも呼ばれ、下地と防水層が密着しないように間に挟むものです。水は通さないが湿気を通すという優れもので、雨漏りで溜まってしまった水分も水蒸気となれば、防水層の外に逃がすことができるという考えられた製品です。丁寧に敷いていきましょう。

脱気筒設置
メッシュテープで繋ぎ目補強

 脱気筒を設置します。その名の通り、気体となった雨水、水蒸気を防水層の外に排出するための装置です。暖められた水蒸気が最も集まる部分、床面の一番高いところに設置します。床面の出っ張り部分なので、慣れないうちはちょっと邪魔に感じるとは思いますが、要の部分なので、大切に扱ってやってください。通気完了シートの合わせ目にはずれないようにメッシュテープを貼っておきます。

立ち上がり部にウレタン塗布
平場にウレタン塗布

 いよいよウレタン防水材を塗布していきます。まずは垂直の立ち上がり部分から塗布していきます。ウレタン防水材は垂直な面を塗る立ち上がり用と平らな床面を塗る平部用があり、粘度が違います。立ち上がり部に塗るものの方が粘度が高く、垂れてきにくいのです。よく考えられた防水材です。

ウレタン防水層2層の塗布

 続いて2層目を塗っていきます。最後に志賀線から守るためにトップコートを塗布すれば、ウレタン防水への改修工事はほぼ終了です。エアコンの室外機などは架台に載せ、移動しながら、塗っていきます。これならばエアコンの室外機の下も塗れますし、取り回しに苦労することもありません。これで雨漏りしないバルコニーになりました。

手摺りの足に穴を葺ける
錆の進行を止めるためにエキポシ樹脂を注入

 ここで最後の仕事です。落下防止用の柵の足元にはドリルで穴を開けておきます。これは水分が染み込んだ時の水抜き穴という側面もあるのですが、実はここらエキポシ樹脂を注入して、錆びているかもしれない部分を覆ってエキポシ樹脂によって酸素や水分を遮断してしまうのです。これで足の錆は発生しませんし、錆が進行することもありません。

竣工、FRP防水だったバルコニーをウレタン防水へと改修

ウレタン防水完了

FRP防水だったバルコニーをウレタン防水へと改修しました。これで雨漏りすることもありません。トップコートの塗り替えは5~7年を目安に行うことをお勧めしています。傷まないうちに塗装しておけば、紫外線で防水層が傷むこともないからです。

街の外壁塗装やさん東東京

電話 0120-948-355
株式会社シェアテック

〒132-0023
東京都江戸川区西一之江
2-10-17

街の外壁塗装やさん東東京支店

お問い合わせはこちら

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 新宿区落合にてラジカル制御塗料のパーフェクトトップを使用した外壁塗装とシーリング打ち替えが竣工

 先日、ウレタン防水工事の様子をご紹介しました、新宿区落合で築13年になる邸宅のシーリング打ち替え工事と外壁塗装の様子をご紹介します。塗装によって外壁のイメージは大きく変わりましたので、最後までご覧ください。  まずは、目地のシーリング打ち… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 新宿区落合にてひび割れたベランダ床をウレタン防水(通気緩衝工法)でメンテナンス!

 新宿区落合で築13年になるお客様邸の防水工事と外壁塗装が竣工しました。点検では、ベランダ床にひび割れが見られ、下地が水分を吸収していることが予測されました(点検の様子はこちら)。ベランダ床は、ウレタン防水の通気緩衝工法を実施しましたので、… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 葛飾区細田で屋根外壁の塗装工事、ベランダもトップコートを塗布していきます

 葛飾区細田で屋根塗装、及び外壁塗装工事を施工しております。メインの屋根外壁の塗装工程も終わり、作業は最終版に入っております。付帯部塗装工事で雨樋や破風板なども仕上がり、昨日からベランダも施工させて頂いております。既存がFRPの防水となり、… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に