東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ

足立区入谷で期待耐用年数24年超の無機塗料で外壁塗装


築15年が経過したというお家です。「外壁も、屋根も、まだ何もメンテナンスしていない」という足立区入谷のお客様です。さすがにそろそろしなければということで、ご相談をいただきました。都内の戸建住宅にありがちな「お隣との距離が狭い」ということから、足場の仮設などをできるだけ減らしたいということで、耐用年数の長い無機塗料「スーパーセランフレックス」での外壁塗装、遮熱塗料での屋根塗装となりました。

ビフォーアフター

before
塗り替え前のお住まい
arow
arow
after
無機塗料スーパーセランフレックスで外壁塗装したお住まい

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 屋根塗装 
使用材料
スーパーセランフレックス(外壁),サーモアイSi(屋根)
築年数
築15年
施工期間
15日間
保証年数
10年間
建坪
42坪

点検の様子~築15年の窯業系サイディングのお家

梯子をのぼって点検
スレート屋根のカビ

ノーメンテナンスで新築から15年が経過したお家の状態とはどのようなものなのでしょうか。まずは屋根から点検していきましょう。お客様のお家はスレート屋根で色は現在、グレーです。おそらく新築時はもっと黒い屋根だったのでしょう。今では色褪せて、藻や苔の他、カビも発生しています。カビは枯れた藻や苔と水分を栄養にして発生します。黒や灰色をしており、円形状に拡がるのが特徴です。

雪止めの近くのカビ
スレートの欠け

それにしても、スレート屋根やセメント瓦の屋根を見るたびに藻や苔の生命力には驚かされます。ちょっと築年数が経過したスレート屋根には発生していないくらいの方が少ないくらいです。藻や苔やカビはともかく、スレートの一部が割れています。幸いにも割れているのはここだけですので、差し替えで対応可能なのですが、お施主様のご希望は「万全を期したい」ということなので、部分的な葺き替えも行うことになりました。その後、屋根塗装を行います。

続いては外壁の点検です。窯業系サイデイングなどの外壁で一番傷みやすいとされているところは目地のシーリング材です。経年で剥がれやひび割れ、裂けが発生してきます。こちらのシーリング材も剥がれて、外壁との隙間ができてしまっている外、ひび割れや裂けもはじまっています。打ち替えが必要な時期に来ています。

藻が生えた窯業系サイディング

藻がうっすらと生えています。外壁の一部だけに発生していましたので、特別に湿気が溜まりやすいという立地ではないようですが定期的に点検してあげたい部分です。外壁にはチョーキング現象(白亜化)が発生しています。これは劣化により塗膜が粉化してきた時に起こる現象で、外壁塗装をそろそろ行わなければならないサインでもあります。

カラーシミュレーション

外壁19 屋根クールナスコン

外壁19 屋根クールナスコン

1階90 2階19 屋根クールライトグレー

1階90 2階19 屋根クールライトグレー

1階57 2階47 屋根クールジェノバブラウン

外壁28 屋根クールブラウン

外壁28 屋根クールブラウン

外壁55 屋根クールブラウン

外壁55 屋根クールブラウン

外壁65 屋根クールブラウン

外壁65 屋根クールブラウン

外壁塗装前に塗り替え後のイメージを知りたいという方にぜひ、お試しいただきたいのがカラーシミュレーションです。お施主様のご要望をお聞きしたところ、「外壁は白を基調とした色」ということなので、それに合わせてさまざまなパターンをご用意します。途中で「外壁の塗り分けを目立たない方向で」というご要望が出ましたので、それも反映致しました。どれをお選びになられたかは続きをお読みください。

足場の仮設

高所作業が行われる外装工事の最初の工程は足場の仮設になります。高い位置での安全性と作業性を確保するために必ず足場が必要になるのです。工事中もお施主様とそのご家族はこちらのお家で過ごします。出入口に鉄パイプなど剥き出しになっていたら大怪我をしてしまう可能性もあるので、玄関周りにはパイプの周りにスポンジなどを巻いて養生をし、安全を確保します。

スレート屋根の部分的な葺き替え

割れている部分の化粧スレートを葺き替えます。部分的な葺き替え工事と言えど、これはかなり手間がかかります。割れているスレートは1枚だけなのですが、そこを交換するために棟からその部分まで屋根材を解体、撤去していかなければなりません。屋根材は軒から棟へと葺かれているので、解体時は棟から軒方向へと所定の位置まで剥がしていく必要があります。瓦以外の屋根材は重ねられて葺かれている関係上、面単位での解体が必要になります。

棟から所定の位置まで解体し、新しい防水紙を重ね貼りしました。

スレートを棟まで葺き替えました

棟方向に向かって、屋根材を重ねて葺いていきます。棟のまで到達しましたら、棟板金を固定するための貫板を屋根に取り付け、そこに棟板金を取り付けます。これでスレート屋根の部分的な葺き替えは完了です。新しいスレートと色褪せしたスレートでは大きく色が違いますが、ご安心ください。この後、屋根塗装を行って解消致します。

下段の横2列分だけ、色が違う状態となってしまいました。新しい屋根材と従来の部分では防水性も大きく異なのます。そのため、従来の部分は極めて傷みやすくなるので、屋根塗装でそれを解消します。

高圧洗浄

スレート屋根を高圧洗浄
外壁を高圧洗浄

いよいよ屋根塗装と外壁塗装の工程に入ります。まずは高圧洗浄です。使用しているのはただの水道水ですが、ガソリンエンジンで高い圧力をかけていますので、1平方センチあたり実に150kgという水圧になります。しつこい汚れも簡単に落とすことというか、激流で流すことが可能です。日本ペイントの屋根塗装の資料ではスレート屋根の高圧洗浄は100kg以上の圧力を推奨しています。

目地のシーリング打ち替え

シーリング材を充填

窯業系サイディングの目地のシーリングを全て打ち換えます。目地のシーリングはサイディングの繋ぎ目の隙間から雨水が内部に染み込むことを防いでいるだけではありません。地震などで外壁が動いた際、隣り合うサイデイングボード同士で緩衝しあうことも防いでいるのです。

遮熱塗料による屋根塗装の様子

スレート屋根塗装に合わせて屋根足場を浮かせた
サーモアイシーラーは太陽光を反射する

遮熱塗料のサーモアイSiで屋根塗装を行います。太陽光を効率よく反射させることにより、屋根とその下の室内の温度上昇を防ぐという環境に配慮した塗料です。サーモアイSiには専用の下塗り剤(シーラー)が用意されており、この下塗り剤にも反射機能があり、温度上昇を抑制します。

下塗りが終わりましたら、中塗りを進めながら、スレートの重なり部分にタスペーサーを挿入し、縁切りしていきます。縁切りとはスレートの重なり部分に適切な隙間を設けることです。この隙間がないと屋根材の下に入ってしまった雨水や水蒸気を排出できなくなってしまうので、雨漏りの原因になるのです。昔は塗料で塞がれてしまった部分を刃物などで切り込みを入れて隙間を作っていましたが、現在では下塗り後にタスペーサーという樹脂製のものを挿入して、雨水や湿気の出口を設けています。これならば、せっかく塗った塗料が剥がれる心配もありません。

超耐候性塗料による外壁塗装

ダイフレックス社のワイドシーラーを塗布
スーパーセランフレックスで中塗り

いよいよ外壁塗装の工程です。まずはスーパーセランフレックスを密着させるために下塗りを行います。下塗りには同じダイフレックス社のワイドシーラーを使用しました。下塗りは基本的に1回塗りですが、外壁の状態が悪い時には2回塗りを行うこともあります。

微弾性塗料スーパーセランフレックス
落ち着いた赤みのあるグレーに

無機と有機のハイブリッド塗料スーパーセランフレックスで中塗りと上塗りを行います。スーパーセランシリーズには様々ものがございますが、スーパーセランフレックスが従来のものと大きく違うところはフレックスという名前が示すように塗膜の柔軟性が増したところです。目地のシーリングの上に塗装すると、シーリングの柔軟性に塗膜が追従することができず、ひび割れてしまうことが多かったのですが、スーパーセランフレックスは柔らかいので、ひび割れを抑えてくれます。

付帯部の塗装

幕板塗装
雨樋塗装

幕板と庇は白い外壁のアクセントとなるよう濃いめのチョコブラウンで塗装しました。雨樋は外壁と同じくホワイトです。幕板などの色に拘る方は多いのですが、雨樋の色に凝る方は少ないですね。雨樋も塗り替えの際はアクセントカラーとして使うことを考えてみましょう。素敵な塗り替えになるはずです。

竣工、屋根塗装・外壁塗装

竣工、屋根塗装・外壁塗装

1階はペールグレー、2階はホワイトという塗り分けになりました。以前は濃いめのグレーだったので、大きなイメージチェンジです。耐用年数が長いスーパーセランシリーズということで外壁の施工保証は15年をお付けしています。末永く、安心してお過ごしできるお家となりました。この後は定期点検に訪れますのでよろしくお願いいたします。

街の外壁塗装やさん東東京

電話 0120-948-355
株式会社シェアテック

〒132-0023
東京都江戸川区西一之江
2-10-17

お問い合わせはこちら

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 八王子市中野上町にて屋根・外壁塗装工事の調査、塗膜が剥離したスレート屋根には、ファインパーフェクトベストによる塗装工事をご提案

 本日は八王子市中野上町にお住まいのお客様より、屋根と外壁の塗装調査のご依頼を承りました。今年で築24年になり、外壁のひび割れや屋根の傷みが気になるようになってきたとの事で、屋根も含めた点検をお願いしたいとの事でした。  まずは屋根の点検か… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 世田谷区上用賀で外壁塗装工事と一緒にサッシ交換工事をおこないます

   世田谷区上用賀で外壁の塗装工事をおこないます。サイディング張りの外壁をパーフェクトトップで塗装するのですが、サッシを1カ所新しい物に交換しますので、サッシ交換後に塗装工事をおこないます。    現在は床からの掃き出しサッシが取り付けて… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 足立区関原で外壁塗装工事、リシン壁にお傷みが有りましたので下地補修を行いました

 足立区関原でモルタルリシン吹きの外壁塗装工事を行っております。高圧洗浄も終えて、いよいよ本格的な塗りの工程に入りなすが、外壁に数箇所剥離の症状が出ておりました。このまま塗ってしまうと剥離しかかっている所もろとも剥がれてしまう可能性が有りま… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に