東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~17:30

メールでのお問い合わせ

台東区橋場の4階建て住宅で道路使用・占用許可を申請しパーフェクトトップで外壁塗装工事を実施


台東区橋場にお住まいのお客様より戸建て住宅の塗り替え依頼を承りました。前面はタイルの為塗装の必要はありませんが、側面は何度か塗られた跡のあるモルタル外壁でした。経年により塗膜の剥がれが見られたため適切な下地処理を行わないと綺麗に仕上がらないどころか、塗膜の密着性が悪く剥がれが生じてしまいます。今回は鉄部の塗装も行いましたので下地処理を含め、下地処理の様子から塗り替えまでしっかりご紹介させていただきたいと思います。

ビフォーアフター

before
台東区橋場で外壁塗装点検
arow
arow
after
台東区橋場で外壁塗装工事完了

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 部分塗装 
使用材料
外壁:パーフェクトトップ(ND-103)、付帯部:ファインSi(23-255)
保証年数
10年

台東区橋場で外壁塗装工事

台東区橋場のタイルとモルタル外壁点検
側面モルタル部の塗装依頼
調査にお伺いしたのは台東区橋場にある4階建ての戸建て住宅です。前面はタイルが使用されているため塗装を行う必要性がありませんが側面外壁と陸屋根、付帯部の経年劣化を確認した上で塗装メンテナンスをご検討されているとのことでした。両側面とも隣家との距離はわずか数十cmですので塗装は出来ませんが、手が届く限りは作業を行っていきたいと思います。また木造住宅と面している面はコンクリートブロック積みとなっておりこちらも塗装が必要ない状況をみると、新築時からこのような立地でも対応できるように考えられていたかもしれませんね。
雨樋の穴
タイルの割れ点検
今回屋根の形状としては屋上やバルコニーとも呼ばれる陸屋根(りくやね・ろくやね)です。特徴は後程ご説明いたしますが、陸屋根は簡単に出入りが出来ガーデニングや洗濯物干し等も出来るため、手摺が取り付けられているケースが非常に多いです。ステンレス製やアルミ製の手摺であれば錆びにくいため特に問題はありませんが、鉄製であれば外壁同様塗装で錆びの発生を抑えなければなりません。 タイルは吸水率も低いため雨水等で劣化しません。そのため塗装の必要性はありませんがいつまでも何もしなくて良いというわけではありません。というのもタイルや目地も飛来物や地震によって割れることがあります。すると雨水が入りこみタイル自体が剥がれ剥落することもあれば、室内への雨漏りを引き起こすこともあります。そのため、塗り替えとは関係なく定期的なメンテナンスを行っていく必要があります。
陸屋根の経年劣化
鉄柱の錆
こちらが陸屋根です。ビルなどには多く見られますが非常に傾斜(勾配)が緩やかですので排水がスムーズにできるのかという点がポイントになります。また屋根もなく常に太陽光に晒されているため、防水層が劣化しやすく雨漏りの原因になることも多いですので、トップコート(防水層の保護)や防水工事(防水層の再形成)を検討しなければなりません。 そして鉄製の手摺はというと穴あき等の腐食は見られないものの、塗膜が劣化したことで錆が発生し防水層にまで流出していました。このまま放置してしまうと鉄部が腐食し防水層との間に隙間を作り、雨漏りを生じさせる恐れがあるため今の段階で塗装メンテナンスを行っておいた方が良いでしょう。
足場仮設工事
高圧洗浄
工事にあたってまずは足場仮設を行います。都内では非常に多いのですが、住宅に足場を仮設する際に「足場の脚が道路にはみ出ないか」という事はチェックしておかなければなりません。足場は外壁に対して80㎝程外側に立てられますが道路にかかる場合、通行される方の安全性を確保するためにも短期間であれば警察署長へ道路使用許可、数日にわたる場合は道路管理者へ道路占用許可を申請する必要があります。これには必要書類もいくつか必要となりますが、街の外壁塗装やさんではお客様の代わりに申請しますのでご安心ください。 足場を仮設し飛散防止・転落防止のメッシュシートを設置すれば通常の塗装メンテナンス通りの工程を踏んでいきます。まずは高圧洗浄で外壁に付着している汚れや苔等を削るように落としていきます。クラックが発生し洗浄で雨漏りを起こす危険があると判断する場合は、先にクラック補修を行うこともあります。
塗膜剥がし
塗膜の経年劣化
部分的に色が異なる外壁がありましたので恐らくご自身で何度か塗装されていたのではないでしょうか?場所によっては劣化によって塗膜の剥がれが見られましたが、上から塗っても密着性が上がるわけではありません。かえって新たに形成した塗膜も剥がれてしまう可能性が高くなってしまいますので皮スキでしっかり剥がし落としていきます。この工程は非常に重要ですが吹付塗装等で模様付けをしている外壁では仕上がりが異なってしまいます。どうしても均一に仕上げたい、補修箇所を目立たなくしたいという場合はパターン付けを行いますのでお気軽にご相談ください。
下塗り補修
パーフェクトフィラー
まずは下塗り塗料で表面とこれから塗る塗料の密着性を向上させます。次に使用したのがフィラーと呼ばれる凸凹を埋め平滑に仕上げる下塗りですが、マスチックローラーで塗ることで既存に似た模様に仕上げることが出来ました。吹付の場合はスプレーガンを使用していくのですが簡単に見えて非常に難しい施工方法です。というのも吹き付けもローラーも均等に塗らなければ綺麗に仕上がりませんので、吹付角度や距離を変えずに行わなければなりません。
パーフェクトトップ,ND-103
中塗り・上塗り
下塗り塗料が充分に乾いた後は中塗り・上塗りと進んでいきますが、使用塗料は日本ペイントのラジカル制御形塗料「パーフェクトトップ(ND-103)」です。シリコン系塗料やフッ素塗料とはまた違った塗料のグレードに該当しますが、これは塗料が劣化する原因「ラジカル」の発生を抑えるために開発された塗料です。色の調合に多用されるホワイトの原料はチタンです。このチタンは紫外線、酸素、水などによって劣化しラジカルを発生させ、チョーキング現象を起こしてしまいます。結果色あせや色ムラを起こしてしまうのですが、パーフェクトトップは高耐候酸化チタンと光安定剤を配合することでチタンの劣化を防ぎ、チョーキング現象や色あせを起こしにくい塗料となりました。 ホワイトを調色に使用しないブラック等ではあまり効果が見られないと思いますが、ベージュやクリーム、オフホワイト等それこそ住宅の人気色にあたる色には高い効果が得られます。 塗料のベースはアクリル樹脂やシリコン樹脂ですが、耐久性に優れておりシリコングレード以上の耐候性をもつと言われています。
鉄部階段のケレン
錆止め塗装
鉄部もまずは剥がれそうな塗膜や錆をしっかり落としていきます。その後錆止め塗装で鉄と酸素・水の接触を遮断させます。昔は錆止めが赤かったという印象がある方も多いのではないでしょうか?昔は原料として鉛が使用されておりその鉛の色が赤かったのですが、現在は公害問題から鉛フリーの錆止め塗料が開発され、赤以外にブルーやグリーン、ホワイトといった錆止め塗料も多くあります。錆止め塗料を塗ると塗らないでは鉄部の耐久性は大きく変わります。しかし錆止め塗料は太陽光によって劣化してしまいますので、仕上げ塗料で表面保護を行っていくという事が非常に大切です。必ず錆止め塗料と仕上げ塗料は全く違った色を使用し、塗装したか分かるようにしておく必要があります。
鉄部階段の錆止め塗装
ファインSi
一度錆止め塗料で全てホワイトに仕上げたら乾燥を待ち、今度はファインSiの23-255(こげ茶)で塗装していきます。ファインSiは隠ぺい性が非常に高く一回塗りでも綺麗に色が乗ります。これを2回塗りすることで下地の色も消え劣化が見えない鉄部に仕上がります。油性塗料ですが弱溶剤の為臭気はマイルドでどの素材とも相性が良く使用しやすい塗料です。 また艶有り、7分艶、5分艶、3分艶と仕上がりを選択できますので、お住まいの塗布箇所や素材に合わせやすいです。
鉄部階段塗装完了
階段塗装完了
手摺・階段共にこげ茶色で塗り築年数を感じさせない仕上がりになりました。
笠木の塗装
付帯部塗装
陸屋根の笠木部分と雨樋もこげ茶色に統一することで一体感のあるお住まいに蘇りました。笠木は異素材である外壁材の保護の為に取り付けられていますが、笠木が劣化することで雨漏りが生じ外壁材や室内への腐食を起こしてしまうこともあります。そのため継ぎ目に隙間が見られる、浮きや変形が見られる場合はコーキング材等で補修を行い劣化を防いでいきましょう。 多くのお住まいで使用されている塩ビ製の雨樋は太陽光に晒され続けることで柔軟性の素となる可塑剤が染み出し割れやすくなってしまいます。そのような破損を防ぐには塗装による塗膜保護ですので、外壁塗装等の機会にしっかり塗り直していきましょう。なお台風や雪、雹等の自然災害が原因で雨樋や屋根が破損してしまった場合は火災保険を利用して補修することも可能ですので、ぜひ活用していきましょう。

工事を終えて

外壁塗装工事完了
その部位に応じて適切な下地処理を行ったことではがれにくく綺麗な外壁へと仕上がりました。合わせて鉄部も塗り替えましたので、しばらく錆びて穴が開いてしまったということもないでしょう。 今回の工事で施工保証10年をつけさせていただきましたので、今後は隔年定期点検を行い塗膜の劣化等をしっかり確認させていただきたいと思います。隣家との距離が狭く工事が行えるか分からない、補修を行いたいが費用が心配だ、最低限の補修を行いたい等、お客様のご希望があるかと思います。街の外壁塗装やさんはその状況、ご希望に合わせて最大限努力してまいりますので、お気軽にご相談ください。点検・お見積りは無料にて承っております。

街の外壁塗装やさん東東京

電話 0120-948-355
株式会社シェアテック

〒132-0023
東京都江戸川区西一之江
2-10-17

お問い合わせはこちら

同じ工事を行った施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 小金井市緑町にて築22年になる屋根・外壁塗装工事前点検、藻が繁殖したサイディングにはナノコンポジットWをおすすめ

本日は小金井市緑町にお住まいのお客様より、屋根と外壁の塗装メンテナンスのご依頼を承り、その調査に伺った時の模様をお伝えします。 お客様のお住まいは今年で築22年になり、屋根や外壁の汚れがかなり気になってきたので、キレイにするのにどのくらいか… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 江戸川区東葛西で築10年のサイディング外壁の点検調査、クリヤー塗装のご相談

江戸川区東葛西でクリヤー塗装について相談がしたいとのお話を受け、先ずはお住まいの点検調査にお伺い致しました。建物は建てられてから丁度10年を経過したとの事で、出来れば柄も気に入っているのでクリヤー塗装をしたいとのご依頼でした。 お客様が気に… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 武蔵野市中町にて築21年目の窯業サイディング外壁塗装の調査、塗膜が劣化しクラックが発生、シーリングにもひび割れが入っています

今回は武蔵野市中町にご在住のお客様より「前回の外壁塗装から10年近く過ぎたのでそろそろ塗装メンテナンスを検討している」というご相談を承りました。 今年で築21年目になるというお客様のお住まいは、今まで外壁も屋根も築10年の時点でメンテナンス… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~17:30
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に