東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-60-7774

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > 施工事例 > 葛飾区|マンションのモルタル外壁クラック補修と部分塗装で美観性向上!

葛飾区|マンションのモルタル外壁クラック補修と部分塗装で美観性向上!


葛飾区のマンション塗装調査です。前面がタイル外壁の為、塗装範囲は狭いのですがクラックの補修跡と塗装色に差があり大変目立っています。

クラックの補修をし、補修跡が目立たないように塗装処理をしていきます。

ビフォーアフター

before
外壁塗装,点検前
arow
arow
after
外壁塗装完了

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 シーリング打ち替え 
使用材料
日本ペイント:パーフェクトトップ
施工期間
約20日間

点検の様子

モルタル
モルタル

葛飾区マンションの外壁塗装前調査を行っていきます。広範囲に渡ってタイル施工がされていますので塗装箇所は少ないのですが、クラックの補修跡が大変目立っています。

何故補修の際に同系色のシーリングを使用しなかったのか不思議です。道路に面している為、少しの面積であっても意外と目立ってしまうのです。

今回は外壁塗装を行い、クラックの補修跡を綺麗に隠していきます。

シャッター
シャッター

タイル部分は塗装を必要としないため、塗装をしてもあまり印象が変わらないように思えますが、細かな部分が綺麗になるだけで見栄えは大きく変わります。

雨樋やシャッター等をすることで美観性を向上できますので、お気軽にご相談ください。

しかし、シャッターは塗装前に必ず、塗膜の剥がれ・塗膜の乾燥による開閉の硬さが出るかもしれませんのでご説明し、ご了承を頂いた上で塗装を行っていきます。

何度も塗装を行っている場合は、塗膜の厚みが増し、更に開閉に影響が出る可能性がある為一度ケレン等を行い、旧塗膜を剥がす必要が出てきます。

シャッター,下端
シャッター跡

塗装前には現状を確認し、塗装施工の注意点をチェックしていきます。鉄部は錆が発生しますので、必ず錆止め塗装を行います。既に発生している場合は一度錆を撤去してからの施工です。

また、同じ塗装箇所としても傷み具合によっては下地調整の仕方は変わってきますので、塗装前の状態を確認することが非常に重要です。特にシャッターにシールを貼っていた場合、粘着物があればしっかりと取り除く必要があります。

施工の様子

足場仮設
高圧洗浄

塗装工事に入ります。まずは足場の仮設工事で作業が出来るように、そしてメッシュシートを取りつけご近隣への水や塗料の飛散防止に努めます。

準備ができ次第、高圧洗浄で外壁に付着している埃や旧塗膜を洗い流していきます。構造クラックが発生している場合、洗浄前に補修を行うケースもあります。クラックから雨水が内部に染み込む恐れがある為です。

雨漏りの有無の確認と、現場での判断で作業を進めていきます。高圧洗浄後はしっかりと乾燥させてからの施工になります。

 

目地撤去
目地撤去

目地の補修を行います。目地の補修が必要なのはサイディング外壁だけではありません。タイル外壁やALCパネル外壁にも目地があり、防水の大きな役割を持っています。

タイルは無機質素材の為劣化はしませんが、目地が劣化すればたちまち雨漏りが発生してしまいます。つまり塗装工事が無くとも定期的な目地メンテナンスは必要となりますのでご注意ください。

ALCは更に塗膜の劣化で外壁材が雨水を吸水し劣化してしまうため、塗装は必要不可欠です。外壁材毎の特徴を掴んでおくことが大切です。

目地はカッターを入れ撤去していきます。

プライマー
シーリング

プライマーを塗り密着性を向上し、シーリングを打設していきます。

ホームセンター等で購入できるようなシーリングはおよそ5年前後の寿命です。つまり5年ごとに足場を仮設し補修をしていくためランニングコストがかかってしまいます。

このコストを抑えるために、今回は高耐久のシーリング(オートンイクシード)を使用しています。高耐久の材料を使用することによって、補修のメンテナンスサイクルを長期的に見ることが出来ますので、全体的にコストを抑えることが出来ます。

目地撤去
シーリング打設

タイル間は傷を付けないように慎重に切り目を入れていきます。その後同じようにシーリングを奥まで充填・打設していきます。

吹付
塗装

外壁塗装に入ります。クラックの補修跡はシーリングで埋めている為、仕上がりが異なっています。この補修跡を目立たなくさせるには、吹付を行い既存の外壁に合わせローラーで均す肌合わせが必要です。

吹付の量が多いと外壁が膨らんで見える為、どんな補修にも適度が一番です。パーフェクトフィラーで下地処理後、吹付後ローラーで模様付けをしていきますが、既存と変わらない仕上がりにするには優れた職人技が必要です。

検査
既存外壁

吹付処理後、仕上げ塗料で2回塗りを行い、外壁全体を色ムラなく塗っていきます。使用したのは日本ペイントのパーフェクトトップです。パーフェクトトップはシリコングレード以上の耐候性を持ち、艶感もお選びいただけますので、様々な住宅やご希望に対応することが出来ます。

下地へのかぶりも良い為、作業性にも優れ綺麗な仕上がりが手に入れることが出来ます。

塗装後は細かくチェックを行い、タッチアップを行っていきます。吹付処理が甘い部分に関しては、もう一度、吹付ローラー処理を行い、肌合わせの再施工をしていきます。

外壁塗装完了

このように細かく補修を繰り返しマンションの塗装施工が完了です。

既存の外壁よりも濃い色での塗装ですが、タイルとも違和感なく仕上がりました。

波板取り替え
波板取り替え工事

最後に、通路の波板が割れていましたので取替施工を行いました。割れていた部分だけの交換ですが、既存の波板の日焼けとの差が出来てしまいますので、色をそろえる為には全交換が好ましいでしょう。

割れた部分の交換は完了しましたので、見栄えは良くなりました。全交換をご希望されるときにも弊社は承っておりますのでご相談ください。

引き続き外壁塗装のアフターフォローを行っていきたいと思います。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 墨田区で助成金対象の屋根遮熱塗料ニッペサーモアイで小屋根塗装

墨田区でALC外壁に超高耐久無機系塗料ダイヤスーパーセランフレックスを使って塗装工事を行っているお客様の玄関入口にある小さな屋根はコロニアル葺きになっています。基本的には飾りに近い屋根ではありますが外壁に超高耐久を謳う塗料を使用しながら他の… 続きを読む
new画像

ブログアイコン モルタル外壁のひび割れにお悩みの方におすすめの塗料をご提案しました|江東区

江東区のお客様より外壁塗装のご相談をいただきました。お話を詳しく伺うと、外壁にひび割れが見えたので、点検してもらいたいことと、塗装を考えているが、ひび割れがしにくい塗料があれば教えてもらいたいとのことでした。まずは、点検を行ってみて、ご相談… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 葛飾区にて波板交換とモルタル外壁への塗装調査

葛飾区にて波板の交換工事とモルタル外壁への塗装調査を行いました。波板は設置してから長い間交換していなかったということで、1枚は外れてしまっているとのことでした。波板を1枚交換してほしいということでお問合せをいただきました。最初のお問い合わせ… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に