東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ

葛飾区でウッドデッキ補修とパーフェクトトップで木部塗装を行いました


葛飾区のお客様のウッドデッキはレッドシダーという素材で出来ている物でした。レッドシダーはもともとが腐食に強い木材ですがさすがに長期間の風雨では傷みも発生してきます。前回の塗装は本来であればステイン系の保護塗料がベターだったと思われるのですが外壁塗装のオマケで塗装やさんが通常の塗料で塗ってしまった為、ステイン系での塗装は出来ないので通常の塗料で塗装することとなりました。そのような状況ですが色にはお客様のご希望を反映させるべくニットコウからナチュラルに感じられる色合いをお選びいただいて塗装を行いました。一部腐食の厳しい部分は木材を交換し、塗装前に節の抜けてしまったところや木部の痩せてしまったところにはパテ処理をおこなって、木部下塗り塗料で余計に塗料を吸い込まない様にした後に二回塗りで仕上げました。

葛飾区ウッドデッキ塗装完成

以前はかなり濃い茶系の塗装だったものをよりナチュラル系のカラーの色で塗り替えました。ニッペのファインパーフェクトトップで塗装しています。

下地処理パテ梅
下地処理終了

床の部分は雨風に最もさらされやすく日光も良く当たるのでやはり傷みやすいです。塗装の仕上げをよくするためにもパテで補修を行っていきます。この時に節の有った部分の抜けや痩せにもパテで隙間を埋めていきました。パテは乾燥で肉痩せを起こすため、塗装を行うのはパテが乾燥してからとなります。

木部平場塗装
木部ダメ込塗装

パテ処理、木部吸い込み防止下塗り塗料を塗布後にニッペのファインパーフェクトトップで塗装を行いました。ウッドデッキはフェンス部分や床板の木材の隙間など結構細かい仕事が要求されます。熟練の職人が念入りに仕上げていきました。ご自分ではなかなか細かいところまでは手が届かないと思いますのでウッドデッキの塗装もプロの手にお任せください。もちろんご自分で行うよりもお金は掛かるかもしれませんが最高の仕上がりをお約束いたします。

街の外壁塗装やさん東東京

電話 0120-948-355
株式会社シェアテック

〒132-0023
東京都江戸川区西一之江
2-10-17

街の外壁塗装やさん東東京支店

お問い合わせはこちら

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 国土交通省による発表、新築屋根瓦の全固定を義務化していく方針について

 昨年の台風15号(令和元年房総半島台風)や台風19号(令和元年東日本台風)の記憶もまだ新しいですがすでに今年は台風9号、10号が沖縄や九州地方を中心に大変大きな被害をもたらしました。特に強風による屋根被害がひどかった昨年の台風などは、瓦の… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 杉並区上荻でサビが酷いアパートの鉄骨階段の塗装はサビ止めが重要です

 杉並区上荻でアパートの鉄骨階段の調査をおこないました。外階段ですので常に雨ざらしになっており、鉄骨製の階段はメンテナンスをおこなわないとサビが広がっていきます。  鉄部には塗装工事でのメンテナンスが必要で、その中でもサビへの対処が重要にな… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 足立区花畑でベランダのトップコート工事のご依頼、外壁の劣化が見受けられたので補修工事も並行して施工

 足立区花畑でベランダが劣化してきているので、表面のトップコートの施工を考えているとのご相談を承り、現地調査にお伺い致しました。状況としてはこれまでご自身で割れの補修をなされた跡も残っており、本来であればもう一度防水工事を本格的になされる事… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に