東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-60-7774

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

荒川区|スレート屋根材にはタスペーサー(縁切り)が必要不可欠!


屋根塗装工事の御見積にお伺いいたしました荒川区のお客様邸です。築15年はスレート屋根の塗装をするにあたり、ボーダーラインとも言えます。屋根材の劣化を確認した上で最悪の場合、屋根カバー工法や屋根葺き替えというのも十分にあり得ます。

屋根塗装
棟板金,錆び

まずパッと判断できるのは苔やカビの付着と屋根材の小さな気泡のようなものです。これは屋根材自体が塗膜の劣化によって水分を吸い込み屋根材が傷んでしまっている証拠です。

棟板金は塗膜が剥がれ素地が見えてしまっています。このまま時間が経過すると酸素と雨水によって錆が発生し劣化してしまいます。

表面塗膜
下屋塗装

苔がビッシリと繁殖している為、足を滑らせそうな屋根材です。反りや破損はありませんので屋根塗装でも補修は可能です。この苔は高圧洗浄でしっかりと根絶ちを行い、塗装後の繁殖を防ぎます。

下屋も同じように苔の繁殖がありますが軒先だけのようです。これはどうしても湿度と雨水が溜まりやすい軒先が一番先に劣化してしまいます。この場合、屋根全体の劣化を見るよりも軒先の劣化状況を確認し、補修に当たることが大切です。

タスペーサー
タスペーサー

苔によって屋根材同士がしっかりとくっついてしまっています。この状態が続くと内部の雨水が逃げる場所が無くなってしまいます。最悪の場合、毛細管現象によって室内内部に雨漏りを起こしてしまいます。

塗装の際には縁切りもしくはタスペーサーの設置を行って、確実に隙間を設けましょう(タスペーサーは下塗り後に行います)。

屋根塗装

屋根塗装を行う事でスレート屋根材は安全にお使いいただける状態になります。スレート屋根材の劣化状況や屋根塗装のメンテナンス方法、屋根補修についてのご質問がある方はお気軽に街の外壁塗装やさんへご相談くださいませ。点検・お見積りは無料にて行っております。

あなたの近くの街の外壁塗装やさんはこちら

 街の外壁塗装やさんは東京都以外にも千葉県、神奈川県などでも屋根、外壁塗装工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の外壁塗装やさんをお選びください。

同じ工事を行った施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 江戸川区の屋根塗装もやっぱり遮熱塗料のサーモアイです

江戸川区のお客様の屋根外壁塗装を行っています。 お客様の家は三階建ての木造住宅ですが、三階建てのお家に皆さんに限らずおっしゃられることは、「夏がとにかく暑い!」という事です。 太陽に近いからですかね?なんてくだらないことは言いませんが、これ… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 江戸川区でモルタル系外壁塗装を高弾性エラストコートで塗装します

江戸川区のお客様は屋根からでは無い、雨漏りでお悩みでした。屋根からでないのがなぜわかったのかと言うと、もちろん小屋裏まで確認をしているからです。 お客様の家は木造モルタル外壁の三階建てで、過去にはサッシの交換を何カ所かされたことがあるそうで… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 葛飾区の木製破風板塗装は下塗りから5回塗りで仕上げました

葛飾区のお客様の屋根外壁塗装工事の付帯部分塗装を実施しています。破風板の色を屋根と同色にするか、白系にするか、かなり迷われたのですが、最終的には白系で塗ることになりました。通常、雨樋と破風板は同色で塗ることがほとんどです。なぜ、屋根色と同色… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に