東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ

八王子市椚田町の外壁・屋根塗装調査、築21年で劣化してクラックが発生した外壁にはエラストコートをおすすめ


本日は八王子市椚田町のお客様より承りました、外壁と屋根の塗装調査の模様をお伝えいたします。 「今年で築21年程になり、そろそろ外壁のひび割れや屋根の汚れが気になりだしたので、補修工事を検討している」とのご相談を承りました。 特に屋根をきれいに塗装し直したいとの事で、弊社のカラーシミュレーションに興味をお持ちでした。

広範囲にわたりカビや苔が繁殖していました。

劣化したスレート屋根
1階屋根の様子
今回のお客様の屋根は化粧スレートを使用しています。屋根に関しては築21年ですが、まだ一度も本格的な塗装メンテナンスは行ってないとの事で、やはり塗膜が劣化し汚れやカビ、苔が繁殖してしまった状態でした。特に1階の屋根は裏庭の樹木のせいか、常にジメジメとした環境にあり、苔というより藻の方が多く繁殖してしまっている状態です。スレートの状態自体はクラックや変形がほとんどなく、高圧洗浄を行えば汚れや苔やカビはきれいに除去できますので、なんとか塗装メンテナンスに耐えられそうです。

モルタル外壁にはクラックが発生。チョーキング現象も。

チョーキング現象
外壁クラック
外壁を見てみます。お客様の外壁はモルタル外壁になりますね。まずは塗膜の状況を調べてみます。 直接触って確かめます。指先に白い粉が付着しました。これはチョーキング現象といい、塗膜が劣化して粉化してしまい、触れると衣服や手などに粉のようなものが付着する現象です。これが出るという事は、塗膜が劣化してしまい、防水性を失っている状態と言えます。塗装の塗り替えの時期に来ているといえます。 素材が水とセメントと砂を混ぜ合わせてできていますので、耐熱性が高いというメリットの反面、ひび割れが起こりやすいというデメリットもあります。 今回モルタル外壁という事で、一番心配だったのが、やはりクラック(ひび割れ)です。モルタルという材質上、また地震の多い日本ということを考えますと、クラックはどうしても切り離せない悩み事のひとつといえます。 お客様のお住まいも、塗膜が劣化してきて、クラックが数か所で確認できました。0.3mm以下の微細なクラックですと、高弾性の塗料を塗布することでカバーすることができるのですが、ひとめでわかるほどの大きなサイズのクラックとなりますと、やはり補修が必要となります。このまま放置いたしますと亀裂より雨水が侵入し、塗膜とモルタルの間に雨水が浸入し外壁が水膨れのように膨らみ、乾燥と浸水を繰り返すうちに塗膜が剥離してきてしまいます。そうなるとクラックの間から雨水が内部に浸入してしまい、下地材のみならず構造材まで腐食させかねません。そうなりますと補修するにしても大変大きな出費となります。 長く維持するという点で早期補修することが重要です。
お住まい外観
お客様には今回の調査について写真を見ていただきながらご報告させていただきました。 外壁に関してはクラック部分の補修作業と塗装工事、屋根に関しましては高圧洗浄と塗装工事をご提案いたしました。塗料に関しましては、モルタル外壁に最適な、360%にも及ぶ高弾性で亀裂に対応できるエラストコートを、屋根には耐候性耐久性バツグンなファインパーフェクトベストによる塗装工事をおすすめいたしました。色に関しましたはカラーシミュレーションを使用し、お客様が納得していただくまでご検討していただく予定です。
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に