東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ

稲城市大丸にて築22年になるお住まいの屋根塗装工事前点検、傷みの激しいスレート屋根の下地材にベスコロフィラーをおすすめ


「屋根の塗装が剥がれてきているので、塗装工事をお願いしたい」というご相談をいただきましたのは、稲城市大丸にお住まいのお客様です。今年で築22年目を迎えるとのことで、塗装メンテナンスは10年前に一度行ったことがあるとのことでした。すでに10年経過しているとの事ですので、塗膜の劣化が予想され屋根材や下地材の傷みも心配です。

築22年目、前回の塗装から10年で塗膜が剥離してきています

塗膜が劣化したスレート屋根
塗膜が劣化しています
それでは調査に入ります。 お客様の屋根は化粧スレートを使用しています。10年前に塗装を行っているとの事ですが、すでに塗膜は劣化しところどころ剥離してきている状態です。部分的に苔や藻も繁殖してきています。 スレート屋根そのものは防水性をもっておらず、塗装によって補っているのですが、その塗膜が劣化し剥離してしまいますと、雨水から守ることができず劣化が進行してしてしまい、スレート自体がどんどん傷んでしまいます。ただ前回の塗装から10年しか経過してなく、塗膜に厚みがあるにもかかわらず広範囲にわたって剥離してきていますので、前回の塗装の時の下地処理が甘かった可能性があります。 下地材の状態を見てみますと、歩いた時の踏みごたえからもまだ傷んだ様子もないようです。やはり一度10年ほど前に塗装を行っていることが大きいようです。

棟板金の釘の抜けが多く見受けられます

塗膜が剥離してきてます
釘が抜けた棟板金
また、スレートの状態を見てみますと縁切り作業を行っていないようで、スレート材との間に隙間がなく塗膜で覆われていました。縁切りは雨漏り対策としてはとても大切な作業で、タスペーサーと呼ばれる具材を使用することもあります。スレートとの間にあえて隙間を作り、屋根材内部に入り込んだ雨水や湿気を逃がす通路を確保するためにあえてスレート材との間に隙間を作るのです。こうしないと逃げ道を失った雨水が下地材へと浸透してしまい雨漏りの原因になってしまいます。 棟板金の様子も見てみましょう。 棟板金は交換したことがなく、前回の塗装の時も交換せずに塗装を行ったそうです。よく見ますと、釘の抜けや抜けかけが多く見られます。強風で揺さぶられた際に釘が浮いてしまったようで、完全に抜けてしまった場所もありました。さらによく見てみますと、釘が抜けかかった状態のまま、受けから塗装された個所がありました。これは前回の塗装の際、釘を打ち付けずに塗ってしまった事を意味します。 状態から見て今回のタイミングで、貫板ごと棟板金を交換したほうがいいでしょう。
お住まい外観
お客様には点検の時に撮影した写真をご覧いただきながら屋根の状況をご説明いたしました。 スレート屋根に関しては、ご予算と下地材の状態から、塗装工事をご提案させていただきました。お勧めする塗料としては傷んだ屋根の下地材として最適なベスコロフィラーと、遮熱性の高い仕上げ塗料のサーモアイSiをおすすめしました。
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に