東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ

多摩市和田にて外壁塗装前点検、モルタル外壁には多数のクラックが発生、補修工事とエラストコートによる塗装工事をご提案


本日は多摩市和田のお客様より承りました、外壁のメンテナンス調査の様子をお届けいたします。 今年で築33年目になるというお客様のお住まいは、最近まで最近まで実質空き家状態となっていたご実家を直したい、とのことで外壁の傷みを補修するのにどのくらいかかるのかお見積りが欲しいとの事でした。

築33年の間に発生した多数のクラック

構造クラック
大きなクラック発生
それでは外壁を見てみましょう。 お客様の外壁はモルタル外壁を採用されています。仕上げは吹き付けのモルタル外壁よりひと手間かけられた、ボンタイル吹きのヘッドカット仕上げです。 セメントと砂と水を混ぜ合わせて作るモルタルは、ひび割れが悩みの種でもあります。築10年もすぎますとクラックの発生に注意を払う必要があるのですが、やはり築33年ともなりますと、地震の多い関東ではどうしてもクラックの発生は避けられません。塗膜が劣化してきますと雨水や湿気の吸収、乾燥を繰り返すうちに劣化してきてひび割れが入ったりしますので、注意が必要です。 お客様のお住まいも例外にもれず、一目でわかるレベルのクラックだけでも10カ所近く確認いたしました。微細なヘアクラックですと大きな問題ではないのですが、一目でわかるような0.3mm以上の大きなクラックとなりますと、補修が必要になってきます。今回、そのほとんどが窓枠などから発生している構造クラックと呼ばれるものでした。構造クラックはモルタル部分と木製や金属でできた窓枠などの強度の違いから、地震発生時の揺れのズレから生じる亀裂です。本来であれば定期的に点検して、クラックが小さいうちに補修を行ったほうが安く済ませられるのですが、大きなクラックになってしまいますと、プライマーを塗布してシーリング材を注入する必要が出てきます。クラックの深さによってはヒビ割れをV字やU字にカットして、奥深くまで注入する必要が出てきます。こうなりますと、補修費用も飛躍的に跳ね上がってしまいます。

軒天の有孔ボードも腐食していました

軒天の下に藻が繁殖
軒天が傷んでいます
他に気になる点としては、やはり塗膜の劣化による外壁の汚れでしょうか。塗膜もやはり10年前後で劣化してしまいます。モルタル自体に防水性はありませんので、塗膜が劣化してしまうとどうしても汚れが付きやすく、カビや藻などが繁殖しやすくなってしまいます。お客様の外壁も日の当たりにくい北側外壁や軒天近くにカビや藻などの繁殖が顕著でした。 また軒天も塗膜の劣化と雨水の影響から一部で腐食が進み剥がれかかってきています。こちらは張替え工事が必要です。
お住まい外観
調査を終えて、写真をご覧いただきながらお客様に状況をご説明いたしました。 工事のご提案といたしましては、外壁には高圧洗浄とクラックの補修工事、塗装工事をご提案いたしました。塗料に関しましては、今回クラックが多く発生していたので、360%という超高弾性でクラックに非常に高い対応性を持つエラストコートをおすすめいたしました。他に軒天の補修工事もご提案させていただきました。
before abc
after
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に