東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-60-7774

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

北区東十条で、オートンイクシードを使用した窓サッシ周りシーリング増し打ち


一般的なシーリングの寿命は5~10年と言われています

窓シーリング増し打ち

北区東十条にて、超高耐久シーリング材オートンイクシードを使用した窓サッシ廻りシーリング増し打ち工事を行ってきました。こちらのお宅の窓廻りのシーリングは点検時、亀裂が入っており痩せていました。まだこの時、雨漏り自体はしていなかったもののこのまま放置すると危険な状態でした。シーリングが劣化したまま放置しておくと、最悪の場合、建物内部にも影響を与える事になります。雨漏り被害で良くある場所が窓廻りからです。

増し打ちしたシーリングを綺麗にならしていくのも手作業です

窓シーリング増し打ち
窓シーリング増し打ち

シーリング作業を見ていると簡単そうに見えるので誰でも出来そうな感じがしますが、以外となれていないと作業に時間が掛かってしまったり、仕上がりが汚くなってしまったりします。シーリングの増し打ち作業も、仕上がりには気を使い養生テープでラインを出し、打ち込んだ後は専用の道具を使用して均一になるよう整えていきます。

超高耐久シーリング材オートンイクシード

オートンイクシード

シーリング材とは外壁材の隙間(目地)や窓サッシ廻りに主に充填する防水材です。建物の水密性や気密性を保持する重要な役割を担っています。一般的なシーリングの耐用年数は10年程度となりますのが、外壁の状態は良くてもシーリングが経年劣化で傷んでしまい、補修工事が必要となるケースがほとんです。ですがオートンイクシードというシーリング材は30年長持ちと謳われており、通常よりも補修工事の期間を延ばし、お客様のご負担をさらに軽減ができるものと自負しております。

 

増し打ちが終えれば綺麗に乾くのを待ちます

窓シーリング増し打ち

増し打ち作業の工程が全て終えれば、養生テープを剥がし綺麗に乾くのを待ちます。施工後すぐに触れたりするとまだ柔らかいので形が付いてしまいます。ですので乾くまではとても気を使います。今回はこの箇所だけでなく目地の打ち替え作業も行いましたので、次回そちらの作業をご紹介させてください。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 足立区中央本町で外壁塗装中、軒天換気口の錆止めにサビキラープロで対応

足立区中央本町で外壁塗装工事を行っております。壁の塗装に入る前に、お客様の家の軒周りをグルっと回っている軒天換気口の処理を行っていきます。軒天換気口はどうやらスチール製のようで表面の塗膜にサビが発生してきておりました。今までもこのようなサビ… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 足立区中央本町でサイディング塗装前のコーキング工事、もちろんイクシードを使用します

足立区中央本町でサイディング外壁への塗装工事が始まりました。洗浄を終了させ一日置いてからのサイディング目地コーキングの工事です。目地部分は基本打ち換えを行います。古くなった目地コーキングをカッターナイフの特殊な形をした工具を使用して既存目地… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 江戸川区上篠崎でグレー系にまとめた屋根外壁の塗り替え工事を実施中

江戸川区上篠崎のお客様の屋根外壁塗り替え工事を実施中です。既存は明るめのレンガブロック調のサイディングボードが一階に貼ってあり、中間幕板を挟んでスタッコ調のサイディングボードが二階に貼ってあるお家です。一階と二階のサイデイングの間には幕板が… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に