東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-60-7774

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

江東区亀戸にて築30年のスレート屋根の塗装をご相談、塗り替えは可能なのか


「築30年でコロニアル屋根だけど、屋根塗装は可能なのか」と江東区亀戸にお住まいのお客様からご相談を受けました。さすがに築30年のコロニアル屋根というと、耐用年数的には限界です。しかし、立地と環境によっては可能なこともあります。全く同じ家で、全く同じ築年数でも、全く状態は違うのがメンテナンスやリフォームの難しいところです。

屋根の煙突
ドーマー

コロニアルの屋根で使われている屋根材はアーバニーでした。屋根の上には煙突やドーマー(採光や通風用の窓)といった装備が満載です。煙突やドーマーも定期的にメンテナンスされているらしく、かなりしっかりしています。ドーマーの雨樋は変形していますが、小さな部分なので許容範囲内です。

屋根の汚れが気になります

コロニアル屋根

屋根が汚れているのが気になります。苔や藻が生えた後に砂や土がつき、固着してしまったような汚れです。歩いた感じではかなりしっかりしています。下地の傷みもないようです。屋根の下の防水紙が心配ですが、雨漏りしていないのなら屋根塗装は可能です。

天窓もメンテナンス済み

天窓
天窓

天窓も付いていました。こちらも何回かメンテナンスしており、不具合はないようです。メンテナンスのご提案としてはお客様のご希望である屋根塗装か屋根カバー工法でしょう。ただ、高圧洗浄をしてみないと屋根の表面の本当の状態は分かりません。築30年ということですが、30年前だとアスベスト含有のスレートですから、かなり丈夫です。おそらく塗装可能でしょう。

江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に