東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~17:30

メールでのお問い合わせ

東京都北区赤羽でタイル調サイディングに多色の外壁塗装をご提案


東京都北区赤羽にお住まいのお客様から2回目の外壁塗装を検討しているので、いろいろと点検してほしいというご相談を承りました。詳しいお話をお聞きしますと、お客様のお家は築25年程度の戸建てで十数年前に屋根塗装と外壁塗装を行ったそうです。

ツートンの戸建て住宅

1階は意匠性のある窯業系サイディング、2階はプレーン仕上げのる窯業系サイディングでツートンカラーのお家です。お庭にはサンルームも設けられています。それでは細かい部分まで点検して、最適なご提案をしたいと思います。

多色塗装をお勧めしたいタイル調サイディング

タイル調の窯業サイディング
ボンタイル吹き付け風の軒天

1階部分は意匠性の高いタイル調の窯業系サイディングです。以前の外壁塗装ではクリア塗装でこのデザインを残してもらったということでした。今回もクリア塗装をご希望ということですが、ちょっと無理かもしれません。クリア塗装は密着性を上げる下塗りをしないで仕上げますので、下地に傷みがあると耐用年数が短くなってしまうのです。しかし、ご安心ください。目地の部分とタイルの部分を塗り分ける工法もあります。まず、全てを同色で塗り潰してから、短い毛のローラーを使ってタイル部分だけを違う色で塗る多色塗装もございます。この方法であれば、意匠性を残した外壁塗装となります。

オリジナルのスレート屋根の雨仕舞い

縁切りされていない屋根
よく分からない雨仕舞い

屋根塗装も十数年前に外壁塗装と同時に行ったそうですが、こちら縁切りがされていません。スレートの重なり部分の隙間は屋根の下に入り込んだ湿気や水を逃すための空間でもあり、こちらを塞がれてしまうと雨漏りすることもあります。幸いにも雨漏りはしていなそうですから、屋根塗装の際に切り込みを入れて空間を設ける必要があります。それよりも不思議だったのが、屋根の上の雨仕舞いです。L型の板金で雨水を任意の方向に流すように作られています。これらL字型の板金の下はドーマー(採光や゜通風のための設けられた窓の設置された小屋)があり、2階の外壁との間が狭くなっていますので、そちらに雨水を流したくないという意図があるのでしょう。しっかりと機能しているので、こちらも錆びないように塗装します。

江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~17:30
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に