東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

東京都墨田区立花にて雨漏れが始まったALC外壁の塗装前調査


墨田区立花にてALC外壁の雨漏れ調査に行ってきました

塗装前調査

本日東京都墨田区立花にて雨漏れが最近始まったとの事で、お問合せをいただいたので現場調査に行ってきました。お問合せを頂いたお宅は、ALC外壁のお宅でした。ALC外壁の雨漏れのご相談で今まで多かった原因として、ALCパネルの板間目地部からの雨水の侵入ともう一つ多いのが、サッシ廻りからの雨水の侵入です。

まずは目地廻りなどを調査していきました

塗装前調査
塗装前調査

一番最初に調査を行ったのがALC外壁の目地廻りやALCパネル自体の調査を行っていきました。というのも上で説明させていただいた原因以外にも考えられる例として、ALCパネル自体のひび割れ(クラック)からの雨水の侵入も考えられるからです。ですが調査の結果、目立つひび割れ(クラック)などは見当たらず目地のコーキングの劣化が多少見られた程度でした。

外壁のチョークや屋上の板金の経年劣化による傷みがありました

塗装前調査
サッシ廻り

ALCパネル自体のひび割れ(クラック)は見当たらなかったけども、外壁のチョークは出ていました。チョーキングとは、白亜化という意味で、紫外線や熱、水分、風により塗料の表面樹脂が劣化して粉状になって出てくる状態の事を言います。調査の結果、こちらのお宅の雨漏れの原因は窓枠のサッシ廻りにありました。なので今回、外壁塗装をしながら窓回りに高耐久シーリングを打ち、目地の補強も行う工事をご提案させていただきました。

ご自宅の雨漏れやクラックでお悩みのお客様こちらをご覧ください

江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に