東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

東京都中央区月島でスレート屋根の塗膜の傷みは苔の最適な繁殖地だと分かる事例


屋根や外壁の塗膜の傷みが苔・藻・カビを繁殖させる原因となると街の外壁塗装やさんでは常日頃から言っていますが、本日は中央区月島で行ったお住まいの無料点検でそのような事例を見つけたので、紹介したいと思います。塗膜にかなりの傷みが出ていたのは屋根でした。

屋根の窪みに苔

屋根材は化粧スレートで、厚みがあるものです。意匠として縦に細いラインが複数入っています。ここで屋根の表面に注目してください。おそらく経年でできたものだと思われますが、細かい窪みがいくつも確認できると思います。そして、この窪みにはもれなく苔が生えているのです。窪みの部分にちょうどいい塩梅で雨水が溜まり、繁殖に適しているのでしょう。窪みのない部分にはあまり苔が生えてないことからも明らかです。

こちらは雨水が塗膜を傷めるという画像

塗膜を傷める雨
抜け落ちたスレート

同一の建物なのですが、日の当たり方で全く別の建材に見えてしまっています。こちらの黒っぽいスレートの中央の水平ラインあたりに注目してください。ちょうど、スレートの下端で水が溜まりやすい部分であり、変色していることが分かります。そして、この変色部分、縦に太く短い白い線が並んでいます。実はこちら、塗膜が剥げ欠けてきた部分で基材の白い部分が見え始めているのです。屋根の棟に近い部分ではスレート材が脱落し、その下のスレートを固定している釘の頭が見えている部分もあります。

設計が悪い
チョーキング

施工が悪いのか、設計が悪いのか、窓枠からのクラック

こちらの建物は窯業系サイディングで窓枠からボードの端までクラックができています。窯業系サイディングをL字に加工して窓枠に取り付けたようですが、設計か施工に問題があったのか、クラックが斜めに縦走しています。かなり深く割れているようなので、この部分はボード1枚ごと交換した方がいいかもしれません。チョーキングも発生しています。屋根も外壁も早急にメンテナンスしないとより費用がかかる次の段階へ入ろうとしいます。屋根も外壁も雨が降ればより悪化していますから、冬の乾燥している時期に直してしまいたいものです。

同じ工事を行った施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 北区田端で蔦で覆われたお家の外壁塗装のご相談、建物調査にお伺い致しました

北区田端で建ててから20年を経過しているので外壁塗装工事等のお手入れを検討しており、一度建物を見てもらってどう言った工事が必要か教えて欲しいとのご相談をお受け致しました。と言うのも建物自体にかなり蔦が生えてしまっているとの事で、お客様もその… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 豊島区高松で超高耐候塗料スーパーセランフレックスで外壁塗装を実施

豊島区高松のS様邸で高耐候塗料で外壁塗装・屋根塗装を行っています。屋根はニッペの遮熱塗料サーモアイシリーズの中でも一番対候性能の高いサーモアイ4fを使用し、外壁には無機系塗料と有機系塗料の良いとこどりをしたダイヤスーパーセランフレックスを使… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 足立区大谷田で外壁塗装工事のご相談、現地調査を実施致しました。

足立区大谷田で外壁塗装工事をご検討されていると言うお客様より、一度建物を見て頂きたいとのご相談が有りました。早速現地にお伺いし無料点検調査を実施致しました。建物は築年数18年のサイディングの外壁のお住まいで、2パターンの彩色サイディングを使… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に