東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-60-7774

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > 現場ブログ > 墨田区で屋根塗装してから2年後に雨漏り発生、原因は縁切り不足という施工不良

墨田区で屋根塗装してから2年後に雨漏り発生、原因は縁切り不足という施工不良


墨田区のお住まいのお客様から「半年前から激しい雨の時に雨漏りするようになってしまった」とご相談がを承りました。何でも、他社で屋根塗装と外壁塗装を行ってから2年も経過しておらず、その時は「屋根も外壁も綺麗でしたから、次の塗装まで何もしなくても平気ですよ」と言われたそうです。

スレート屋根

確かに屋根は塗装して2年も経過していないということで、かなり綺麗です。塗装してから塗膜が最大限の性能を発揮するまで約1年を要すると言われていますから、今が一番良いときなのではないでしょうか。苔やカビもありませんし、汚れもありませんし、ピカピカです。

タスペーサー
浮いた棟板金

タスペーサーが使われてはいるが…

スレート(コロニアル・カラーベスト)屋根などの塗装には必ず縁切りという工程が必要です。縁切りとはスレートとスレートの重なっている部分に空気や水蒸気の出入り口となる適切な隙間を設けることで、この出入り口がないと雨漏りを招きます。また、隙間はあればいいというものではなく、狭すぎると毛細管現象を引き起こし、逆に水を吸い上げてしまいます。現在はこの適切な隙間を作るのにタスペーサーというポリカーボネートの製品を重なり部分に挿入します。こちらの屋根にもタスペーサーは使われていますが、塗料が塗りこまれており、隙間がほぼない状態です。

また棟板金と屋根の間に隙間が出来ており、シーリングで塞がれていた形跡が残っています。少なくとも棟板金を直してから屋根塗装すべきだったのではないでしょうか。

雨水が出てきた
縁切り不足

スレートの間に水が溜まっていました

雨漏りの原因はやはり縁切りがしっかりされていないことにありました。スレートの隙間にスクレーパーを入れてみたところ、水が染み出てきます。この水が室内に回りこみ、雨漏りを発生させたのでしょう。まずはしっかり縁切りすることで、雨漏りを改善できるでしょう。これは明らかな施工不良で、まだこんな施工をする業者がいることに驚きと怒りを隠せません。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 板橋区にて築16年でこれまでノーメンテナンスの戸建てを点検

苦労してやっと手に入れたお家、誰しも大事にしたいという思いは同じでしょうが、費用などの面からついつい先延ばししてしまうのがメンテナンスです。今回は築16年、これまでノーメンテナンスの板橋区の戸建てを点検してまいりました。築16年というと、リ… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 葛飾区でALC外壁をガルバ鋼板サイディングでイメージチェンジ

三階建てのALCを外壁に使用した葛飾区のお客様の建物はルーフバルコニーと外壁目地からの雨漏りにお悩みでした。建ててから初めてのメンテナンスとなりますが、塗装だけでは色を替えたり、一部ラインを入れたりするぐらいなので「物足りない」と感じたお施… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 板橋区で広い屋上付きの大きな2階建てを点検、陸屋根の防水にやや難あり

どんな場所にあっても広いお家は素敵です。ましてや屋上が付いているとなればなおさらですよね。本日は板橋区でそんなお家を点検してきました。築十数年を過ぎたので、全体的なメンテナンスを検討しているということでした。画像で見ても分かるくらい、かなり… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に