東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

屋根の劣化症状に応じたメンテナンスを行いましょう|葛飾区


葛飾区のお客様より、訪問業者から「屋根の劣化が酷いので工事をした方がいいですよ」と言われた為、点検してほしいとのご相談がありました。
お話を伺うと、メンテナンスは随分行っていなかったそうで、そろそろメンテナンスを行おうと考えていたそうです。
屋根のメンテナンスには、補修工事、屋根塗装、屋根葺き替え、屋根カバー工事など、劣化状況に応じた工事が必要になります。
まずは、お住まいの屋根の劣化症状をしっかりと把握してからメンテナンスを考えていきましょう。

屋根の劣化症状を点検

早速、葛飾区にお住まいのお客様宅を点検に伺ってきました。
屋根材は、スレート瓦でした。スレート瓦は、最も使用されている屋根材です。
劣化症状を確認していくと、一部スレートが割れていたり、色褪せや塗膜の剥がれが確認できます。
割れた瓦は新しいスレート瓦の差し替えを行う事が必要です。
また、塗膜の剥がれや色褪せは屋根塗装工事が必要になります。
メンテナンスも随分とされていなかった為、今回お客様には、補修と一緒に塗装工事の提案をさせて頂きました。

スレート瓦で塗装工事を行う際の注意点

スレート瓦に塗装する際に特に気を付けなければならない点があります。
それは、「縁切り」です。
縁切りとは、スレート瓦に塗装した後に瓦と瓦の重なり部分に埋まってしまった塗料をカッターなどで切っていく作業です。
ちなみに、縁切り作業を怠ると、雨が降った際に雨水が流れる重なり部分が塗膜で塞がれているため、うまく雨水を外に排出できず、雨水が溜まっていってしまうのです。そうなると、次第に雨漏りなどの症状が出てきてしまいます。
縁切り作業は上記で説明したように、塞がった部分を一つ一つカッターなどで切っていく作業のためとても時間がかかります。そのため、縁切り作業を行わない業者も中にはいるのです。
しかし、縁切りを効率よく行える「タスペーサー」という縁切り部材も存在し、最近ではタスペーサーを使用することが主流となっています。
屋根の塗装を行う方は、正しく施工してくれる業者を探し、工事を行うようにしましょう。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 荒川区東尾久でアパートの折半屋根の塗装についてご相談を頂き、点検調査に伺いました。

荒川区東尾久の建築年数約20年のアパートで、屋根のお手入れについてご相談がありました。屋根はトタン製の折板屋根で、10年弱前に一度塗装工事を行っているとの事でしたが、やはり年数の経過の分、所々に錆び等の劣化が発生している状況でした。 10年… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 足立区新田でパワーボードのお住まいを点検調査。目地シーリングの増し打ち工事について。

足立区新田で建物調査を行いました。外壁材はパワーボードで、これは軽量気泡コンクリートとも呼ばれ、サイディング外壁に比べると厚みが2倍程度ある非常にガッチリとした壁材です。 今回、お宅様よりそろそろ外壁塗装工事を検討したいとのご相談からの現地… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 葛飾区高砂でスレート屋根の点検調査。太陽光パネルあり!塗装工事の方法についてご紹介致します。

葛飾区高砂にお住まいのお客様より「太陽光パネルを乗せていますが、そろそろ屋根のリフォームがしたい。こういった場合はどういう工法が一番いいのでしょうか」とのお問い合わせを頂きました。 そこで現地へ無料点検の建物調査にお伺い致しました。御覧の通… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に