東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-60-7774

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8時~20時まで受付中

メールでのお問い合わせ

葛飾区|瓦にコケ?塗装は必要か不必要かご相談を頂きました


2階の窓から見た瓦の屋根に藻やコケが生えていて、どうしたらいいか悩んでいるというご相談を、葛飾区のお客様より承りました。
また、「塗装は必要無いと思っていたけども、家の瓦は本当に塗装不必要なのか知りたい」といったご相談もいただきました。
瓦は種類によって、塗装の必要、不必要があります。
本日は、ご相談いただいた葛飾区のお客様宅を例に、瓦の藻やコケと塗装についてご紹介したいと思います。

瓦は藻やコケが生えるのか?

早速お客様のお家にお伺いしてきました。
陶器瓦のお家で、実際に点検すると、藻やコケが一部生えておりました。
陶器瓦は粘土の系の瓦で、粘土瓦は重く扱いづらいですが耐久性は他よりも高く、人気の屋根材の1つです。
粘土瓦の劣化症状には、コケや藻やコケ、瓦のズレや瓦の浮き、割れ、等があります。
今回点検したところ、藻やコケの発生の他にも、一部瓦の割れが確認できました。
瓦に藻やコケが発生した場合は、洗浄するだけでも十分です。藻やコケの発生によって瓦自体が劣化してしまう事は無いため、見た目が気になる方は、家庭用の中性洗剤や柔らかいブラシ等で洗浄しましょう。
しかし、屋根の上を洗浄する場合は、危険も伴いますので、できるだけ、専門の業者に頼んで洗浄してもらいことがお勧めです。

塗装は必要?

先ほども記載したように、粘土系の瓦には、いぶし瓦、陶器瓦、無釉瓦などがあります。
粘度を瓦の形にかたどった後に高温で焼きあげて製造されています。衝撃を受けるとひび割れが発生してしまいますが、耐久性はとても高いです。そのため、基本的に塗装などのメンテナンスは不要とされています。
ですので、お客様には塗装のメンテナンスは必要ないことをご説明いたしました。
ちなみに、軒先、屋根面にたわみが発生してしまっている場合には、葺き替えのリフォームが必要となります。

街の外壁塗装やさん東東京店では、外壁のメンテナンス以外にも、屋根のメンテナンスについてもご相談を承っております。
点検、お見積り、ご相談等全て無料ですので、お気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 豊島区高田で塗り替えメンテナンスの前の建物点検、横張り調のサイディングは水分の滞留に要注意

「最近、家の外壁の塗装がよく剥がれるようになってきたので、点検して欲しい」と豊島区高田のお客様からご相談を承りました。外壁の塗装がよく剥がれるようになってきたというのは、どのような状態なのでしょうか。かなり心配な病状です。 まずは屋根から点… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 東京都中央区佃でスレート屋根の塗装前点検で原因不明の割れを発見

歩行可能な屋上でも備えていない限り、ご自分で点検なさる際に死角になりやすいのが屋根の上です。地上からは見にくいし、全く見えないというお家も存在します。先日、中央区佃で行ったスレート屋根の塗装前点検では屋根の上で大変なことが行っていました。 … 続きを読む
new画像

ブログアイコン 東京都北区滝野川で中古住宅をご購入になった方から外壁塗装をはじめとしたリフォームのご相談

日本の人口は減少を辿っており、それに合わせて住居の需要も都市部を除いては減っていると言われています。空き家として問題になるくらいなら、中古住宅として流通させた方がもちろん良いわけで、これからは中古住宅の流通量が増えてくると言われています。つ… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~20時まで受付中
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に