東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

世田谷区東玉川でバルコニーをウレタン密着工法で防水工事しました


 世田谷区東玉川にお住まいのK様のお住いで、バルコニーの防水工事を行いました。もともとは雨樋の交換工事を行う内容でしたが、雨樋の工事で火災保険が下りたことをキッカケに、せっかく足場を架けるのならばと外壁塗装と一緒に、傷んでいたバルコニーの工事もご依頼をいただきました。

 

 バルコニーの既存の防水はウレタン密着工法による防水層が形成されていましたが、経年とともに劣化してしまい、下地のコンクリートがむき出しになっている状態でした。10年ほど前にバルコニーのメンテナンスとしてトップコートのみの塗装をされたようですが、現在ではそれも剥がれてしまっていました。バルコニーの下面からも雨漏りを起こしている跡ができており、防水層を新たに形成しなければ根本的な解決が見込めないという状況であると判断し、ウレタン密着工法による防水工事をご提案させていただきました。

 

 トップコートの塗装ではメンテナンスにならないのでしょうかとご質問をいただくことが多いですが、トップコートは防水層の劣化を防ぐための日除けのような役割をする塗装であるため、トップコートに防水の機能はございません。今回のように防水層が劣化してしまっている状態では、防水層を新たに形成してあげることが必要となります。もちろんトップコートを塗るだけに比べると費用は高くなりますが、雨漏りは建物の老朽化の加速に直結する事象であるため、発見したら直ぐに対処する方が得策です。

 

 綺麗に生まれ変わったバルコニーをK様にも大変喜んでいただけました。

ビフォーアフター

before
バキバキの防水
arow
arow
after
ウレタン密着工法完成

工事基本情報

施工内容
防水工事 
使用材料
田島ルーフィング ゴウジン
築年数
30年
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明 
施工期間
4日間
保証年数
3年
建坪
11.1㎡

防水層がボロボロになってしまったバルコニー

ひび割れた防水層

 世田谷区東玉川にお住まいのK様宅で、防水工事を行わせていただいた際の事例紹介です。もともとは雨樋の歪みを火災保険で修理するのみの内容の工事でしたが、雨樋交換でせっかく足場を架けるのであればということで、外壁の塗装工事とバルコニーの防水工事を併せてご用命いただきました。今回はその工事のうち、防水工事のご紹介です。

 

 まずは1枚目のお写真を見ていただくと分かる通り、バルコニーの防水層がボロボロの状態になってしまっています。よくあるケースだと、表面に塗られているトップコートがペリペリと剥がれてしまっていたりすることがあるのですが、今回の場合はトップコートも剥がれた上に防水層もひび割れを起こしてしまっています。防水層は基本的に紫外線に弱く、紫外線や日々の摩耗から防水層を守るためにトップコートが施されているので、トップコートのみの剥がれ・劣化であればトップコートの塗り直しで解決する場合が多いですが、防水層が傷んでしまっているとそうはいかなくなります。トップコートはあくまでも保護剤なので、トップコートそのものに防水機能はないため、防水層が傷んだ場合は防水層そのもののメンテナンスが必要になります。

1階への雨漏りも起こしていました

防水層の下の雨染み

 傷んだ範囲はかなり広範囲に及んでいたので、バルコニー全面のメンテナンスが必要であると判断いたしました。バルコニー下は玄関側の屋根のようになっていたためめ、下から見上げることができ、そのときの確認写真が2枚目の写真です。黒くて丸い雨染みがいくつかできていることから、ひび割れなどから雨漏りを起こしてしまっていることがわかります。下に空間ができているから室内に雨漏りを起こしてはいませんでしたが、この状態で下に部屋があったとすると間違いなく雨漏りを起こしていたことでしょう。気が付きにくい場所ではありますが、日頃からお住まいに異常がないか見上げてみることも、お住いの異常発見を早めるキッカケとなるので気にして見ていただくことをおすすめいたします。

高圧洗浄で清掃していきます

高圧洗浄のエンジン
高圧洗浄中の写真

 防水工事には幾つか種類がございますが、今回のバルコニーの防水はウレタン材を表面に直接塗り重ねて、最後にトップコートで仕上げるウレタン密着工法で作られた防水だったため、同じウレタン密着工法で新しい防水層を上から重ねて施工する方法で工事を行うこととしました。まずは高圧洗浄で表面の汚れや、剥がれかけのトップコートの破片を清掃していきます。1枚目の写真に写っているのが高圧洗浄機を動かすエンジンです。ガソリンで動かすエンジンなので、電気は使いませんが、バイクがアイドリングしながら停まっているような大きな音が周囲に響きます。そういった影響も出ることから、私たちは工事前のご近所様へのご挨拶も対応させていただいております。

 

 トップコートはほとんど剥がれかけの状態だったので、すごい量の破片が排水溝に詰まってなにかと大変な作業でした。洗浄が終わったら乾燥させて、次の工程へと進んでいきます。

下地の調整

下地調整
樹脂製モルタルで下地調整

 高圧洗浄後に乾燥が済んだら、下地にひび割れが著しかったので補修も兼ねて樹脂製モルタルで表面をならしながら下地を調整していきます。バルコニーは排水のために傾斜が設けれられているので、傾斜をつけながら施工していく必要があるためただ塗るだけではないというところが職人の腕の見せどころです。全面の調整が終わると、それだけでも既に出来上がりのように見える仕上がりですが、ここからまだまだ工程を重ねていきます。

更に下地調整

プライマーの塗布

 樹脂モルタルで下地の調整ができたら、続いてプライマーを全面に塗布していきます。プライマーとは、床材とウレタンの密着を良くするための下塗り剤で、これを使うのと使わないのとでは今後の防水の持ちが変わってきます。施工してしまえば見えない部分ではございますが、見えない部分こそしっかりと施工してあげることでお客様の大事な家を長持ちさせることができるのです。

 

 今回使うウレタン防水は、田島ルーフィングの「ゴウジン」を使っていきます。強さとしなやかさを併せ持つ新領域のウレタン塗膜防水という紹介がされているものですが、従来のウレタン防水に比べて伸びがよく、クラックなどへの対応力が高い製品です。また、耐熱性も高いことから、夏場の暑い日差しにさらされ続けるバルコニーで使うにはもってこいの物となっております。

ウレタンの施工

ゴウジンの施工
防水したバルコニー

 プライマーを塗り終えて、ゴウジンを塗っていく様子です。色が特徴的で、鮮やかな青色をしています。全面に塗り終えたら、乾燥させて更にもう1層上塗りを重ねていきます。複数層重ね塗りをすることで、より強靭な防水層に仕上げていきます。全て塗り終えた2枚目の写真を見ていただくと、キレイなプールのようにも見えます。今回の施工を見ていて、K様はこちらで作業が終了したと思われたとのことで、ご家族と一緒にバルコニーがプールのようになったと驚いていたようです。むしろこのままの方が綺麗で気に入っていたとのことでしたが、この上にトップコートを塗って完成となるため、残念ながらこの青色は見えなくなってしまいます。確かに綺麗な色をしていて、このままがいいという気持ちもわかります。

トップコートの塗装

トップコートの塗装
裏面の塗装

 トップコートは一般的にねずみ色をしています。役割としては先述した通り防水層を摩耗から守ったり、紫外線から守る役割があります。ねずみ色で鮮やかなブルーが隠れていくのがなんだか複雑な気分です。外壁の塗装で雨染みが出ていた裏面も綺麗に仕上がりました。綺麗になっていく過程を見ているととても気持ちがいいです。

ウレタン密着工法完成

ウレタン密着工法完成

 全ての工程が終了し、ウレタン密着工法による防水工事が完了いたしました。ボロボロだった元の状態と比べると、ピカピカのツルツルに仕上がっていることがおわかりかと思います。雨漏りは自然と治ることはまずないため、雨漏りを発見したら建物の下地などが傷んでしまう前に早め早めの対処が必要となってきます。同じような症状でお悩みの方は、無料点検なども実施しておりますのでお気軽にお声掛けいただければ幸いです。

 私たち街の外壁塗装やさんでは、感染拡大の続く新型コロナウィルスへの感染対策としてマスクの着用や手指の消毒などを徹底的に実施いたしております。お問い合わせの際はご安心いただければ幸いです。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 文京区白山にて3階建て屋上付きの住宅で防水の劣化を調査

 今回お問い合わせ頂いたのは、文京区白山にお住まいのお客様です。お問い合わせ内容は、築15年になる住宅の屋上防水が劣化し膨らんでいる箇所があるのと、3Fベランダ下の部屋に雨染みが出来てしまっているとの内容でした。 雨染みの原因が分からず、不… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 江戸川区大杉でベランダのお手入れについてご相談を頂き現地調査にお伺い致しました

 江戸川区大杉で外壁塗装工事と共にベランダのお手入れについても相談したいとのお話を承り、現地調査を行いました。こちらのお住まいは建てれてから15年を経過したお宅です。やはり年数的にサイディングの外壁については目地シーリング割れやサイディング… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 多摩市聖ヶ丘で雨漏りの原因になっているバルコニーの排水口を防水工事で直します

 多摩市聖ヶ丘にて雨漏りでお困りの建物の調査をおこないました。和室の天井に雨染みが出来ていて、雨量の多い日には必ず雨漏りしてしまうそうです。天井の上はバルコニーになっておりますので、不具合が出てしまうと雨漏りに直結してしまいます。  上が小… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に