東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ

府中市白糸台でサビと汚れが目立つマンションの鉄骨階段を塗装工事で綺麗にします


 府中市白糸台で3階建てマンションの鉄骨階段の塗装工事をおこないました。お問合せのきっかけは、サビて穴が空いているので補修をお願いしたいという内容でした。

 外に面した鉄骨製の階段は、定期的に塗装工事でメンテナンスをおこなわないとサビが進行してしまいます。今回工事をおこなったマンションも、何度か塗装工事おこなった事があるそうですが、サビが広がっていて鉄骨に穴が空いているところが何か所かありました。

 手すりなどもあり複雑に入り組んでいるところが多いので、サビの除去やサビ止めがしっかっりと塗装できない所もあり、その様な部分からどんどんサビが進行してしまう事になります。鉄骨に穴が空くと中は空洞になっていますので雨水が入り込んでしまい、内側からサビが鉄骨を侵食してしまう事もありますので、穴埋めの補修工事も必要になります。

 柱の根本は床のコンクリートに埋まって固定されているのですが、雨が降ると常に濡れてしまうところですのでサビが出やすい部分です。塗装をしてもまた同じ様になってしまいますので、今回は塗装工事の後に柱の回りをコンクリートで囲い直接溜まった雨水が降れない様にしました。

 階段の床面(踏み面)も大分汚れが目立っていましたので、新しく滑り止め塗料を塗布して全体を綺麗にしあげました。見違える様に綺麗になり、サビに対しての対応もおこないましたので、お客様にも大変喜んでいただけました。

 私たち街の外壁塗装やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。

ビフォーアフター

before
汚れが目立つ鉄骨階段
arow
arow
after
塗装工事が完成して明るくなりました

工事基本情報

施工内容
その他 
使用材料
アトレーヌ水性トップH
築年数
33年
施工期間
1週間
保証年数
3年
建坪
285㎡

鉄骨階段の劣化状態を調べます

汚れが目立つ鉄骨階段
階段は撥水性と滑り止めの効果が必要です

 外部に面した鉄骨階段は、雨水によってサビが出てしまったり汚れが付着しやすい状態になります。調査に伺った府中市白糸台のマンションも、汚れが非常に目立つ状態でした。

 何度か塗装工事をおこなった事があるそうですが、その際のサビ止めなどの処理があまり出来ていなかった様で、全体的に塗膜の劣化が出ています。雨が降ると濡れてしまう部分ですので、階段の上に付いた汚れなども雨水と一緒に流れてくるので、水垢の様に塗膜の上に汚れが付着してしまいます。

サビによって塗膜が浮いています

 塗装工事をおこなう事で一旦綺麗になったとしても、鉄骨部分にサビが残っていてサビ止めもしっかりと塗装出来ていないと、塗膜の下からサビが侵食して塗膜を浮き上がらせてしまう事になります。

 こちらの建物もあちこちでサビによって塗膜が浮いている所が有りました。塗装工事で塗膜がしっかりとしていれば雨水が中に入り込む事はありませんが、浮いたり剥がれたりするとそこから雨水が入り込んで更にサビの進行を早めてしまいます。

サビて穴が空いた鉄骨

サビて穴が空いた鉄骨の柱
補修した跡がありますがボロボロになっています

 サビが広がるとどうなるかが画像に現れています。鉄骨の柱は中まで鉄がギッシリ詰まっている訳ではなく、中は空洞になっています。このサイズの鉄骨の柱ですと鉄板の厚みは4㎜から厚くても6㎜程だと思いますので、サビによる浸食で穴が空いてしまう事になります。

 このようになると柱の強度も落ち、雨水が中に入り込んで内側から更に柱を腐食させていきます。

柱の根元がサビて穴が空いています

 柱の根本は基礎にボルトで固定されていますが、その部分は地面に埋められていてコンクリートで床が打たれています。先程の穴から入った雨水は柱の中にどんどん溜まる事になりますし、コンクリートの床に埋められた柱は雨水によって外側からもサビに侵されることに事になります。

 一番重要な根本の部分が劣化してしまうと階段自体の強度にも影響が出ますので、この部分のメンテナンスもしっかりとおこなう必要があります。

屋上に上がる部分は鉄骨のみで造られています

サビを放置すると鉄骨を腐食させます
サビと汚れが入り混じっています

 3階建てのマンションですが、屋上に上がる階段があります。3階までは足を乗せる部分(踏み面)はコンクリートで滑り止め塗装で仕上げてありましたが、屋上に上がるところは鉄骨のみで造られています。

 下の階は上に階段があるために屋根が有るのに近い状態ですが、屋上への階段は完全に雨風に曝される部分にあります。日当たりが下よりも良いというメリットはありますが、踏み面の鉄板は雨水が溜まりやすくサビが出やすくなっていました。このサビを放置してしまうと踏み面が脱落してしまう危険もありますので、今回は鉄骨階段全体を塗装工事でメンテナンスしていきます。

ケレン作業で浮いた塗膜とサビを落としていきます

ペーパーを当てて削ります
浮いた塗膜を丁寧に剥がしていきます

 鉄骨階段の塗装工事で重要なのが『ケレン作業』です。古い塗膜を剥がしてサビを落とす作業で、このケレンがしっかりと出来ていないと仕上げの塗料の耐久性にも影響していきます。元々の状態がそうであった様に、いくら耐久性が高い塗料で仕上げても塗膜の内側から劣化してしまえば意味がありませんので、ケレンは隅々まで丁寧におこなっていきます。

 斑点の様に出ているサビはマジックロンなどのナイロンのタワシ状のものでこすって落とします。浮いた塗膜は皮スキなどで剥がしてしっかりと付着している活膜はそのまま残していきます。

サビが残らない様に念入りに作業します
機械でケレンしています

 手すりの格子も1本1本丁寧にマジックロンでこすっていきます。結構手間の掛かる作業ですが、この作業とサビ止めが鉄骨階段の塗装では重要になりますので、丁寧に作業していきます。

 頑固にこびり付いたサビは機械を使って落とします。ケレンには作業によって種類があり、手作業や機械を使用して活膜を残す方法は3種ケレンといい、一番よくおこなわれる方法です。

サビ止めを塗ってから仕上げの塗装をおこないます

屋上に上がる部分を先に仕上げます
完全に外部に面した階段の塗装

 ケレン作業が終わったあとはサビ止めを塗っていきます。屋根や外壁の塗装工事の際の下塗りに当たるのがサビ止めで、サビを止める事は勿論、上に塗装する塗料との付着性を高める必要があります。

 塗装工事の時には仕上がった時に見えるのは仕上げの塗料だけです。しかし、ケレン作業とサビ止めがしっかりとおこなわれていなければ、見た目は綺麗に仕上がっていても数年でサビが広がって塗膜が浮いてしまう事になります。仕上がった時に見えない部分だからこそ、しっかりとした施工で丁寧におこなう必要があります。

サビ止めと仕上げ塗装

 白いサビ止めを使用して仕上げは薄いグレーのため違いがわかりにくいのですが、塗り残しの無い様に手すりの格子も丁寧に塗装していきます。

 屋上に上がる以外の1階から3階までの階段の仕上げは、下地を鉄骨で造り踏み面はコンクリートが打ってあります。緑色しているのは床用の滑り止め塗料ですが、長年の使用により撥水性も滑り止めの効果も薄れてしまっていました。

腐食した柱の穴埋めも完成

ボロボロだった部分が元通りに
穴埋めも完了しております

 サビの浸食によって腐食して穴が空いていた柱部分も穴埋めをおこなって塗装で仕上げています。穴が大きかったところは鉄板を裏張りしてパテで段差をなくしてから塗装しましたので、見た目には穴が空いていた事は分からない状態にする事が出来ました。

 サビ止めと塗装工事によって雨水が入り込む事は無くなりましたが、鉄部は屋根や外壁などよりもメンテナンスの周期は早い為、定期的にチェックをおこなってサビが広がる前の塗装工事をおこなっていきましょう。

骨材入りの滑り止め塗料で踏み面を仕上げます

床は骨材入りの滑り止め塗料を使用します

 最後に踏み面の滑り止め塗料を塗装します。元々はグリーンでしたが、鉄骨部分の色に合わせてグレーで仕上げたいというご希望でしたので、仕上げ色はグレーにしました。

 人が常に歩く部分で雨によって濡れてしまいますので、滑らない様に骨材が入っていてザラザラとした仕上がりになる滑り止め塗料を使用します。今回はアトレーヌ水性トップHという塗料を使用しました。

床の滑り止め塗料は通行できるように反面ずつおこないます

 マンションの階段ですので、作業中に入居者の方が上り下りする事もありますので、通行できるように反面ずつ塗装していきます。速乾性の塗料ですので乾燥まで時間もかからず、溶剤を使用していない為臭いも少ないので、ご迷惑を最小限に抑える事が出来ました。

 床を濃いめのグレーにしましたので仕上がりが非常に綺麗になりました。

柱の根元をモルタルで囲って工事完成です

柱の根本もコンクリートで固めました

 土間のコンクリートの中に埋め込まれている事で劣化が進行していた柱の根本です。雨ざらしになり、床に溜まった雨水で常に濡れた状態になってしまうので、根元をモルタルで囲って常に濡れている状態にならない様にしました。この状態であれば床に溜まった雨水も柱に直接影響を及ぼさない為に、劣化の進行を抑える事が出来ます。

 汚れやサビが目立っていたマンションの鉄骨階段は、塗装工事によって見違える様に明るく綺麗になったとお客様にも大変喜んでいただけました。

街の外壁塗装やさん
多摩川支店

電話 0120-948-355
株式会社シェアテック

〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1

街の外壁塗装やさん多摩川支店

お問い合わせはこちら

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 江戸川区上一色でALC外壁からの雨漏り対策の為、シーリング補修工事を行いました

 江戸川区上一色で外壁からの雨漏りが発生したので、その対策の部分的な修繕工事をお願いしたいとのご相談を承り現地調査を行いました。外壁はALCになります。軽量気泡コンクリートと呼ばれ建材としては非常に強い建材です。建材は厚みのある強い建材です… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 港区白金台にて外壁塗装を検討したお客様邸の調査では目地の劣化や軒天の破損が見られました

 現在、様々な外壁材が増え、お洒落な住宅を多く目にします。本日ご紹介する港区白金台にお住まいのお客様邸は、デザインのバリエーションが豊富で人気のある窯業系サイディング外壁でした。外壁の汚れが気になり始め、メンテナンスを検討したそうです。  … 続きを読む
new画像

ブログアイコン 府中市白糸台で錆びて塗膜が浮いてしまった鉄骨階段の塗装工事

 府中市白糸台で塗装工事をおこなっています。外壁塗装は数年前におこなったそうで、今回は鉄骨階段の塗装工事です。3階建てのマンションで外部に鉄骨で作られた階段があり、何度か塗装工事をおこなった形跡がありますが、大分サビが広がっていて鉄骨に穴が… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に