東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ

多摩市桜ケ丘にて風災補修後、パーフェクトベストを使用した屋根塗装・パーフェクトトップでの外壁塗装を実施


 多摩市桜ケ丘で築25年になるH様邸は、令和元年東日本台風によって、屋根の棟板金が飛散してしまいました。火災保険を適用した屋根補修工事を検討し、どうせ足場を組むのなら屋根・外壁塗装もついでに行いたいとの事でした。お見積り郵送後、H様より屋根補修工事(棟板金交換)と屋根・外壁塗装のご依頼を頂き、工事が竣工しましたのでその様子をご紹介致します。
 現在、新型コロナウィルスが流行しておりますので、お見積り書等の書類はできるだけ郵送にてお送りしております。その他にも様々な新型コロナウィルス対策を実施しております。

ビフォーアフター

before
屋根・外壁塗装前
arow
arow
after
屋根・外壁塗装後

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 屋根塗装 その他 
使用材料
外壁:パーフェクトトップ(ND-281) 屋根:ファインパーフェクトベスト(ミラノグリーン)
築年数
25年
施工期間
7日
保証年数
8年

台風による被害を受けてしまったH様邸の調査

台風によって棟板金が飛散したH様邸
H様邸 外壁調査
 築25年になるH様邸は、やさしいベージュの2階建て邸宅でした。淡色の外壁は汚れが目立ちやすいものの、H様邸は綺麗に維持されている印象を受けます。破損している様子も無く、塗り替えのみでメンテナンスが済む状態でした。
台風によって棟板金が飛散した屋根
台風によって棟板金が飛散した屋根
 お問い合わせのきっかけとなった屋根の調査です。頂上に設置された棟板金はほとんど飛散し、無くなっていました。被害を免れた板金も若干、浮いていており、飛散の不安が拭えません。お客様は火災保険にご加入されており今回、申請した棟板金交換工事と屋根塗装による傷の保護、そして作業を進める為の足場仮設が認められました。

棟板金交換の様子

足場・メッシュシート仮設
貫板設置
 施工スタッフの安全確保や近隣への配慮として、足場とメッシュシートを設置してから作業に取り掛かります。まずは台風で被災した棟板金の交換から行っていきます。飛散を免れた板金、下地の貫板を全て撤去し、新しい貫板を固定します。
棟板金取り付け
棟板金交換が完了
 設置した貫板の上から板金で覆い、ステンレス製のビスでしっかりと固定します。板金は工場で加工されたものが運ばれてくるのですが、屋根の形状に合わせる為、現場で施工スタッフが折り曲げて加工します。まさに腕の見せ所です。仕上げに棟板金の繋ぎ目にコーキング材を充填し、棟板金交換が完了となります。

屋根塗装

下塗り
ファインパーフェクトベストで中塗り

 高圧洗浄後、乾燥の時間を一日設け、塗装に取り掛かります。下塗り材を塗装し、その後、主材で塗装していきます。
 今回の屋根塗装では、日本ペイントが販売しているファインパーフェクトベストを使用します。ラジカル制御塗料と呼ばれ、紫外線による熱ダメージを軽減させることが可能な塗料です。独自の技術により、屋根の色褪せを抑制し、長期に渡り美観を維持します。下塗りには、同じ日本ペイントのファイン浸透シーラーを使用しました。

ファインパーフェクトベストで上塗り
タスペーサーでしっかりと縁切りも行いました

 一度、全体的に塗装し終えましたら、再び同じ塗料で上から塗り重ねていきます。塗装の際には、下塗り・中塗り・上塗りの3度塗りが鉄則です。どの工程も決して省くことのできない大切な作業になります。上塗りを行い、ムラなく綺麗に仕上がりました。
 スレートの重なり部分には、タスペーサーと呼ばれる縁切り部材を設置し、屋根の内部に浸入した雨水の逃げ道をきちんと確保しました。これで、雨漏りが発生する心配もありません。

塗装後のスレート屋根はとても爽やかな印象です!

ファインパーフェクトベスト(ミラノグリーン)で塗装したスレート

 塗装を終え、グレーから爽やかなグリーンの屋根に生まれ変わりました。こちらの素敵な色は、ミラノグリーンになります。塗装後の屋根たお客様は、とてもお気に召されていました。棟板金も全て新しいものに交換しましたので、台風への備えもバッチリです!

シーリング工事

プライマー塗布
シーリング充填

 続いて外壁に取り掛かります。まずはシーリング打ち替えです。劣化した目地のシーリング材を全て撤去し、はみ出し防止用のマスキングテープを貼ります。その後、プライマーと呼ばれる下塗り材を塗布し、シーリング材を充填します。プライマーには、下地(外壁)とシーリング材の密着性を高める、非常に大切な役割があります。

シーリング工事が完了
ドア廻りはシーリング増し打ち

 充填したシーリング材を平らに均し、ある程度乾燥させてからマスキングテープを丁寧に剥がします。これで打ち替えは完了です。
 ドア周辺やサッシ廻りは打ち替えてしまうと、雨漏りのリスクが高まりますので、増し打ちを行いました。増し打ちは既存のシーリング材を撤去せず、上からプライマーを塗布し、シーリング材を充填する工法です。

外壁塗装

外壁 下塗り
外壁 中塗り

 外壁を塗装していきます。まずは下塗りです。主材には、ラジカル制御型塗料のパーフェクトトップを使用しますので、それに合わせてパーフェクトサーフで下塗りしました。パーフェクトサーフは、窯業系サイディング外壁用の下塗り材です。下塗りが乾燥しましたら、主材にて塗装していきます。

外壁 上塗り
パーフェクトトップで塗装した外壁

 こちらのやさしい印象の色は、ND-281です。和風~洋風まで幅広く取り入れやすい色なので、パーフェクトトップを使用した外壁塗装の際に、選ばれることの多い人気色になります。現在の塗料はカラーバリエーションが豊富な為、色選びに悩まれる方も多くいらっしゃるでしょう。色選びに悩まれた際には是非、カラーシミュレーションをご活用下さい。

災害復旧工事と屋根・外壁塗装が竣工しました

塗装後

 災害復旧工事と屋根・外壁塗装を終えたお客様邸がこちらです。塗装前に比べて、暖かみのある色をお選びになりましたので、明るく爽やかな印象ですよね。雨樋や破風等の付帯部はこげ茶で統一しました。外壁の色ともマッチしています!私たち街の外壁塗装やさんでは、お住まいの塗装だけではなく、屋根工事も承っております。

街の外壁塗装やさん
多摩川支店

電話 0120-948-355
株式会社シェアテック

〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1

街の外壁塗装やさん多摩川支店

お問い合わせはこちら

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 墨田区本所で外壁塗装工事、本日の作業は庇屋根の鉄部塗装になります

 墨田区本所で建てられてから50年を超えたお住まいの外壁塗装工事を施工しております。外壁の塗装工程も一区切りとなり、作業の方は最終版の工程に移っております。付帯部塗装と呼ばれる部分塗装ですが本日はその中の庇屋根塗装、所謂鉄部塗装を行いました… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 江戸川区北葛西で外壁塗装工事のご相談、下地処理からの施工が必要です

 江戸川区北葛西で建てられてから40年以上を経過しているお住まいの点検調査を行いました。外壁はモルタル壁となり、何年か前にメンテナンスはされている状況です。しかし年数を経過している事も有り、所々に劣化症状は見られました。今回は外壁塗装工事の… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 府中市分梅町の外壁塗装調査、モルタル外壁にクラックが多数発生、エラストコートによる塗装工事をおすすめ

 本日は府中市分梅町のお客様より承りました、外壁メンテナンスの調査の模様をお届けいたします。今回のお客様は今年で築19年目になるお住まいです。これまで外壁の塗装メンテナンスを行ったことは一度もないと伺いました。築20年を迎えるにあたり、外壁… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に