東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ

青梅市新町にて遮熱塗料のサーモアイSi(クールダークグレー)で屋根塗装


 青梅市新町にお住まいのお客様は、築15年になり、スレート屋根の塗装を検討されたそうです。スレートは、表面を塗装することによって、防水機能(保護機能)をもたせています。経年とともにその機能は低下し、雨水を吸収しやすくなりますので、塗り替えメンテナンスが重要です。
 藻や苔、色褪せが気になり始めましたら、屋根塗装を検討しましょう。私たち街の外壁塗装やさんでは、お住まいの無料点検を承っておりますので、メンテナンスを検討の際には、お気軽にご利用ください。新型コロナウィルス対策も引き続き実施しておりますので、ご安心ください。

ビフォーアフター

before
屋根塗装前
arow
arow
after
サーモアイSi(クールディープグレー)で塗装したスレート

工事基本情報

施工内容
屋根塗装 
使用材料
サーモアイSi(クールディープグレー)
築年数
15年
施工期間
14日
保証年数
10年

築15年になる邸宅の屋根調査

スレートは色褪せ始めている様子です
スレートの小口付近には藻が発生し始めていました

 スレートの塗替えメンテナンスを検討しているとの事で早速、屋根の調査へお伺いしました。築15年になる邸宅のスレート屋根に、ひび割れた様子は無く、比較的綺麗に維持されている印象を受けます。しかし、スレートの重なり部分には薄っすらと藻が発生し始めていました。藻や苔・カビといった植物は、建物の劣化を促進させますので、高圧洗浄でしっかりと除去し、塗り替えましょう。

棟板金を固定している釘の浮き・抜け

棟板金を固定している釘に浮きが見られます
棟板金を固定している釘が完全に抜けてしまっている箇所も見受けられます

 こちらは棟板金の様子です。板金を固定している釘に浮きや抜けといった症状が見られました。金属の棟板金は、熱膨張(太陽の熱で温められると膨張し、夜涼しくなると縮む性質)する為、それを固定している釘も、築年数が経過するにつれて、徐々に抜け始めてきます。 釘浮き・抜けを放置すると、棟板金の破損や変形、飛散に繋がりますので補修しましょう。

棟板金補強(ビス増し打ち補修)

ビス増し打ち補修
棟板金の補強が完了

 今回、棟板金の固定力が低下していた為、補強も行いました。私たち街の外壁塗装やさんでは、錆びにくいステンレス製のビスを使用して固定します。また、打ち付けるのではなく、ねじ込み式なので、抜けにくくもなります。これで、強風に強い棟板金になりました。

屋根塗装

高圧洗浄
下塗り

 塗装する前には、高圧洗浄で屋根に付着した汚れや旧塗膜を除去していきます。写真でもお分かりのように水圧は、かなりの威力があるのですが、メッシュシートを取り付けていますので、近隣に飛び散る心配はありません。洗浄後、しっかりと乾燥させる必要がありますので、後日改めて作業に入ります。
 屋根塗装では、下塗りから塗装します。主材には、日本ペイントが製造・販売しているサーモアイSiを使用しますので、それに合わせてサーモアイシーラーで塗装していきます。シーラーの主な役割は、主材と下地(屋根)の密着性を高めることですが、主材の機能性に貢献する役割も担っています。

タスペーサーで縁切り

縁切り タスペーサー
縁切り

 下塗り乾燥後、タスペーサーを設置します。通常、スレート屋根の重なり部分には、4mm程度の隙間が設けられています。「隙間があったら雨漏りしてしまうのでは...?」と思いますよね。
 しかし、この隙間があることで、屋根内部に浸入した雨水が外へ排出される仕組みになっているのです。逆に隙間が塗料などで埋まってしまえば、雨水が逃げ場を失い、雨漏りのリスクも高まってしまいます。

中塗り

サーモアイSi
サーモアイSiで中塗り

 続いて、中塗りを行います。一般的に中塗りと上塗りには同じ塗料を使用します。今回は、サーモアイSiのクールディープグレーを使用しました。サーモアイシリーズは、屋根用遮熱塗料なので、紫外線を効率よく反射し、屋根表面への蓄熱を防ぎます。熱による建物へのダメージを軽減させることは勿論、室内の温度上昇も抑制します。

上塗り

上塗り
上塗り

 中塗り後、上塗りを行っていきます。屋根や外壁塗装では、下塗り・中塗り・上塗りの3度塗りが鉄則です。どれも重要な目的があり、省くことのできない工程になります。中塗りを行った後、上塗りすることで、塗膜に充分な厚みをもたせ、塗料本来の機能性や耐久性をしっかりと発揮させます。

スレート屋根の塗装が竣工!

屋根塗装後

 塗装後の屋根写真です。薄っすらと藻が発生し始めていたスレートに、美しい光沢が蘇りました。上品なこちらの色は、クールディープグレーです。グレーの屋根は様々な外壁と合わせやすく、色褪せや汚れも目立ちにくい為、お薦めです。屋根塗装を検討された際には是非、グレーを取り入れてみてはいかがでしょうか。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 目黒区南にてスレート屋根の調査、塗膜が劣化して苔が繁殖、ファインパーフェクトベストによる塗装工事をご提案

「近くで工事を行っていた業者の方から、屋根が傷んでいますよと言われた」というご相談をいただきましたのは、目黒区南にお住まいのお客様からです。今にも外れそうだというご指摘だったそうですが、築21年で、昨年の台風でも特に雨漏りがしなかったので、… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 狛江市中和泉にて屋根メンテナンスの調査、築18年になり塗膜が劣化した化粧スレートにファインパーフェクトベストによる塗装工事をご提案

 本日は狛江市中和泉にて、屋根のメンテナンス調査に伺った模様をお伝えします。今回のお客様は今年で築18年目になるお住まいです。築20年を前に、お住まいのメンテナンスの時期と意識され、各部を点検された際、屋根の汚れがとても気になったとの事で、… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 目黒区下目黒にて屋根塗装前の調査、築18年になった化粧スレートにはファインパーフェクトベストによる屋根塗装工事をおすすめ

 「近所で工事をしている業者の方から屋根材が割れて危険だからすぐに工事をしたほうがいい」と言われたので一度みてほしい、というご相談を、目黒区下目黒のお客様より承りました。屋根の上というのは下からではなかなか見えづらく、実際に今どのような状態… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に