東京東地域の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん東東京店へ。

街の外壁塗装やさん東東京店

〒132-0023

東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1階

TEL:0120-948-355

FAX:0438-38-3310

東京城東エリア実績NO,1おかげさまで多くのお客様に選ばれています!
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-948-355

[電話受付時間] 8:30~20:00

メールでのお問い合わせ

世田谷区上用賀で外壁のサイディングをカラーシミュレーションで作成したお好みの色に仕上げました


 世田谷区上用賀で外壁塗装工事をおこないました。以前に雨樋交換工事を施工させていただいたお客様で、外壁のサイディングの色が褪せてきて目地のコーキングもひび割れが酷くなってきたので、綺麗に塗り直したいというご希望でご連絡いただきました。

 サッシ交換も一緒におこないたいという事で、掃き出しサッシからヨコ滑り出し窓への交換工事もおこなっています。サッシのサイズが小さくなったので、外壁のサイディングも新たに張ったのですが、既存のサイディングは現在廃盤品の為、目地の間隔が同じ様なサイディングを探してはりました。無塗装品なので既存のものと同じ様なパターンを付けて塗装しました。

 色を決める時にはカラーシミュレーションを作成します。撮影した外観の画像に色を当てはめていき、仕上がりのイメージを確認していただきます。どんな色にしたいかをお聞きしてまずはたたき台のシミュレーションを作ります。そのシミュレーションを元にしてご希望をおうかがいしながらイメージに近づけます。カラーシミュレーションは確認するディスプレイによっても色合いが違いますので、最終的な色決定には実際の色を塗装した塗り板をメーカーに頼んで確認していただきます。

 お好みの色が決まればあとは塗装を進めていきます。今回使用したのは日本ペイントのパーフェクトトップで、汚れの原因になるラジカルを抑える性能を持つラジカル制御型という塗料です。汚れが付きにくく耐久性が高いので、塗り替えの時にはお勧めの塗料です。サイディングの目地も劣化しているので、塗装と一緒にコーキングの打ち替えもおこないましたので、仕上がりには大変満足していただけました。

 私たち街の外壁塗装やさんでは、新型コロナウイルス対策を徹底しておりますのでご安心ください。

ビフォーアフター

before
塗装工事前の画像
arow
arow
after
塗装工事完成

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 サイディング張替え シーリング打ち替え 
使用材料
パーフェクトトップ
築年数
築27年
施工期間
20日間(足場含む)
保証年数
10年間
建坪
20坪

劣化した外壁の状態を調べます

チョーキングは塗装のサイン
撥水性が落ち表面が白くなっています

 塗装してから大分年数が経過しているサイディング張りの外壁です。経年劣化によって塗膜が劣化してしまい、撥水性が落ちているのが分かります。濃い色を使用した場合色あせした時に変化が分かりやすくなってしまいます。汚れは目立ちにくいのですが白っぽく変わってしまうのが難点です。

チョーキングが出ていますj
サイディングには目地があります

 劣化したサイディングの表面を触ると指先に粉が付きます。これは『チョーキング』といって塗料の顔料が劣化して粉状に表面に現れる事をいいます。チョーキングが出るという事は塗膜表面の撥水性が落ちてしまったサインですので、チョーキングが出てきた時には塗装工事でのメンテナンスをおこなう必要があります。

 サイディングの目地に打ってあるコーキングも劣化してひび割れが出ているところもありますので、塗装工事と一緒に目地のコーキング打ち換え工事もおこないます。

塗装工事の前にサッシ交換工事をおこないます

元々の掃き出しサッシ

 今回は塗装以外の工事も予定しておりリビングのサッシ交換を塗装工事の前におこないます。

 床からの掃き出しサッシが取り付けてあるのですが、北面で日が差し込む訳でもなく冬場がとても寒いという事でした。西面と南面に掃き出しサッシがあるので、通風用に小さい窓への交換をご希望でした。サッシの大きさが小さくなりますので、室内側の壁と外壁のサイディングも貼る必要があります。

サッシを撤去して下地を組み直します
新しくするサイディングの形状合わせ

 掃き出しサッシを撤去した後は、壁の木下地を組んでいきます。サッシのサイズが小さくなっていますのでサイディング張り替えもおこなうのですが、全く同じサイディングは廃盤になっていてありませんでした。そのため目地の間隔や厚みが近い物を探して張っています。

サッシ交換が完了

 サッシ交換とサイディング張りが完了しました。目地の形や間隔が同じものは塗装をしていない無塗装品しかありませんでしたので、外壁塗装工事と一緒に仕上げていきます。目地の位置も合わせてありますので外壁塗装が仕上がれば違和感は感じなくなります。

高圧洗浄で汚れを落とします

高圧洗浄で汚れ落とし
擁壁も一緒に洗浄します

 塗装工事の最初の工程は高圧洗浄です。チョーキングが出ている粉やコケなどの汚れを綺麗に洗い流します。高圧洗浄で汚れなどをしっかりと落とせていないと、塗膜の耐久性が落ちてしまい、浮いたり剥がれたりしますので丁寧におこなっていきます。

 建物は高い擁壁の上に建っていますので、高圧洗浄で擁壁も一緒に洗う事にしました。コンクリートにも汚れやコケが付着して見た目にもあまり良くありませんので、建物と一緒に綺麗になります。

目地のコーキングも打ち替えます

目地のシールを打ち換えます
下塗りはパーフェクトサーフ

 サイディングには必ず目地があります。サイディングは一枚が3mほどの板状の材料で必ず継ぎ目が出来ます。継ぎ目部分には隙間を開けて張っていくのですが、これは建物が動いた時に力を逃がす緩衝部分になります。目地が無いと力の逃げ場が無くなりサイディングが割れてしまう事があります。

 力の緩衝と合わせて雨水の浸入を防ぐ役目も持っていますので、コーキングが劣化していると雨水が入り込んでしまい、サイディングを劣化させたり雨漏りに繋がる事がありますので、コーキングは打ち替えが必要です。

 仕上げに使用する塗料は日本ペイントのパーフェクトトップです。汚れの原因になるラジカルを抑えるラジカル制御型に分類される塗料です。シリコン系と同等の工事価格でフッ素に近い耐久性がある塗料です。下塗りには専用のパーフェクトサーフを使用します。

カラーシミュレーションで色決めします

外壁:35-70B
外壁:45-40D
外壁:45-30D
外壁:55-30D

 仕上がりのイメージをもっていただくために、カラーシミュレーションを作成しました。撮影した外観画像に色を当てはめて色を決めていきます。

 メーカーのカタログに色見本がありますが、非常に小さいサンプルなので実際に塗装をおこなった時の仕上がりをイメージしにくいのです。お好みの色を伺ってカラーシミュレーションを作成し、ご意見を聞きながら色の打合せを進めていきます。画像データとして作成しするために、見るディスプレイによって色の感じが違いますので、カラーシミュレーションでイメージが出来た後は、実際の塗料を塗った塗り板を注文して色を決定します。今回の仕上げ色は55-30Dに決まりました。

下塗りは重要な工程です

下塗り材で付着を良くします
一旦外壁が真っ白になります

 パーフェクトサーフを使って下塗りをおこないます。下塗り材は仕上げの塗料の付着性を高める為に塗りますので、非常に重要な工程です。仕上げの塗装で色がついていれば綺麗に仕上げる事は出来ますが、耐久性が無い為に浮いたり剥がれたりしてしまいます。下塗り材を塗装して一旦外壁が真っ白になります。

張り替えたサイディングにパターンを付けます

張り替えたサイディングの塗装
無塗装品なので吹付でパターンを付けます

 サッシ交換に伴って張り替えたサイディングは模様が付いていない平らな仕上げになっています。このままでは元々のサイディングと一体感が出ませんので、表面に模様を吹き付けます。目地部分にパターンが入り込まない様にマスキングテープを貼って養生しておきます。

パーフェクトトップで仕上げます

パーフェクトトップで中塗り

 下塗りが終わったら仕上げの塗装に移ります。日本ペイントのパーフェクトトップを使用するのですが、仕上げの塗装は2回塗りが基本です。下塗りが終わったあとに仕上げの塗装を2回塗るので、塗装工事は3回塗って仕上げる事になります。

 55-30Dは濃いめのグリーンで、今までのネイビーからガラッと建物の印象が変わります。

仕上げは2回塗ります
仕上げの2回目上塗りです

 中塗りと上塗りで仕上げますが、2回目と3回目では色の出方が違っています。中塗りだけでも色を付ける事は出来ますが、しっかりとした発色にはなりません。性能としても2回塗る事で製品が持つ耐久性などを発揮する様に造られています。

外壁塗装工事が完成しました

サッシ交換した部分も綺麗に仕上がりました
良い色に仕上がっています

 外壁塗装工事が完成しました。カラーシミュレーションで何度も打合せをおこない塗り板で色を決定しましたので、イメージ通りの色に仕上げる事が出来ました。張り替えたサイディングも他の部分と違和感なく仕上がりました。

塗装工事完成

 経年劣化によって色が白っぽくなっていた外壁が、美しい艶に包まれた外壁になり、コンクリートの擁壁も綺麗になりましたので、建物全体が明かるいイメージに変わりました。

 足場が架かっていると全体の仕上がりが確認出来ませんでしたが、全体が見えてお客様もイメージ通りの仕上がりになったと大変喜んでいただけました。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 三鷹市牟礼にて外壁塗装前調査、サイディング外壁の塗膜劣化によりナノコンポジットWによる塗装をご提案

 三鷹市牟礼にお客様より、お住まいの外壁メンテナンスのご相談を承りました。今年で築18年目を迎えるという今回のお客様は、屋根のメンテナンスは行ったことがあるそうですが、外壁のメンテナンスは今回が初めてとの事で、最近になり汚れが目立つようにな… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 杉並区上荻のお客様、築17年経過して窯業サイディング外壁の広範囲に藻が繁殖

 杉並区上荻のお客様にて、「築17年になるのですが、外壁の汚れが気になるようになり、塗装メンテナンスを考えている」とのご相談を承りました。この2、3年で特に汚れが目立つようになってきたとの事で、塗装の時期と思いご相談をいただいたようです。今… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 江戸川区東葛西で外壁塗装のご相談を受け点検調査にお伺い致しました

 江戸川区東葛西で建てられてから15年を経過したお住まいのお客様より外壁塗装工事のご相談を承りました。特にお客様が気にされておりましたのは、シーリングの劣化による割れの発生と部分的にサイディングに変形が見られると言った部分でした。早速現地調… 続きを読む
江戸川区、葛飾区、足立区、江東区、墨田区やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん東東京店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~20:00
phone0120-948-355
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん東東京店に